ぼくのモンスター(ぼくモン)

ぼくのモンスター(ぼくモン)

提供元 pieces inc.

RPG

読者レビュー (0)

派手さと爽快感に特化した放置系ファンタジーRPG!サイバーな雰囲気とスピード感!

ダウンロード(iPhone)

ぼくのモンスター(ぼくモン) androidアプリスクリーンショット1

バトル及びフィーバーモード。深く考えず、爽快感に特化したしあがり。

放置系の中でも圧倒的なド派手演出

ぼくのモンスター(ぼくモン)は、爽快感とド派手な演出がユニークな、お手軽モンスター育成×爽快RPG。

主人公はスマートフォンの向こう側に存在する世界「モンスターワールド」で、伝説の大地を目指し、たくさんのモンスターたちと冒険を繰り返していく。

RPGながらサイバーな演出、3Dの音ゲー、ランゲームのような雰囲気は「異色」にも感じる。

サウンドもいわゆるファンタジー系のオーケストラや8bit風のピコピコ音ではなくクラブ系サウンドとなっていてユニークだ。

ぼくのモンスター(ぼくモン)の特徴はサイバーかつメタな演出

ぼくのモンスター(ぼくモン) androidアプリスクリーンショット2

このスマホの液晶が割れる演出の臨場感。

基本オートモードで進む「クッキークリッカー」風の放置系ゲームながら、派手な3D演出やヌルヌル動くキャラクターなど、演出に特化している印象を受けた。

特に「スマートフォンの向こう側の世界」と言い放ち、スマホの画面が割れるメタフィクションな世界観は筆者の好むところ。多分ハマるユーザーも多いのでは。

フィーバーモードでは「ツムツム」風のゲームに突入し、簡単操作で超ダメージを与えるなど、とにかくパチンコばりに気軽に楽しめるようになっている。

ぼくのモンスター(ぼくモン)攻略のコツ

ぼくのモンスター(ぼくモン) androidアプリスクリーンショット3

スキル(要するに必殺技)を使いこなせ。

仲間にしたモンスターはそれぞれスキル(要するに必殺技)を持っており、ゲージが溜まった時にアイコンを手前に引っ張って発動できる。

フィーバーモードは現れる玉をなぞることで攻撃力などがアップ。ボス戦などで有効活動しまくっていきたい。

このゲーム、ガチャに相当する「たまご」が非常に手に入りづらい。ショップで購入するかたまにドロップするが手に入りづらいので序盤は地味に思えるかも。めげずに頑張ろう。

あとはレベルが上がったらリブート(リセット)して強くなって再スタートしよう。終わりってあるんかな。


ゲームの流れ

androidアプリ ぼくのモンスター(ぼくモン)攻略スクリーンショット1
キャラクターのグラフィックや演出は水準以上。
キャラクターとしてはパンチが弱い気もするけどね。
androidアプリ ぼくのモンスター(ぼくモン)攻略スクリーンショット2
このド派手感。まるでパチンコみたいだな。
したことないけど。
androidアプリ ぼくのモンスター(ぼくモン)攻略スクリーンショット3
モンスター襲来!このサイバー感、未来感がファンタジーRPGとは一線を画すところ。
androidアプリ ぼくのモンスター(ぼくモン)攻略スクリーンショット4
ちゃんと強化していかないと序盤のボスにも勝てない。
なかなか人生厳しいでやんす。
androidアプリ ぼくのモンスター(ぼくモン)攻略スクリーンショット5
モンスターは3段階に進化。
しかし2段階目でちゃんとドラゴンになるあたりすげーな。
androidアプリ ぼくのモンスター(ぼくモン)攻略スクリーンショット6
SRたまごを買いたいところだけどクリスタル不足。
色違いかー。
androidアプリ ぼくのモンスター(ぼくモン)攻略スクリーンショット7
レビューするぜ!
androidアプリ ぼくのモンスター(ぼくモン)攻略スクリーンショット8
このフィーバーモードが楽しい。爽快感特化型とはよくいったものだ。
アプリゲット
新作ゲームをフォロー
新作ゲームの最新レビューを配信しています
アプリゲット
事前登録をフォロー
事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

読者レビュー(β版)

このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。
avatar
500

下に続きます