マクタールの伝説

マクタールの伝説

評価4.0点

Byulbram Studio

RPG

FFBE風のドット絵アクションがかっけー!トドメをさすか、仲間に譲るかが育成のカギを握るRPG

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

マクタールの伝説 androidアプリスクリーンショット1

仲間とともに幾多のモンスターを倒せ。

防御力無視!天罰「マクタール」を駆使して戦うドット絵RPG

「マクタールの伝説」は、気弱な勇者が仲間と絆を紡いでペアルックしはじめるドット絵バトルRPGだ。

トドメの一撃を仲間に譲ってばかりで経験値を貰えずに成長を逃した勇者が、神のお告げを受けたことで一念発起! 自ら美味しいところを奪い、たまには仲間にも譲りながら冒険を進めよう。

酒場では5人の傭兵が常駐しており、個々に性別や職業、スキルやステータスが違う。彼らの中から冒険に連れていくメンバーを選んでモンスターとのバトルに挑もう。

バトルは基本オートで進み、仲間は通常攻撃やスキルを含めて完全オートで行動する。

プレイヤーは適切なタイミングでスキルを発動させ、一定のチャージ時間を必要とする必殺技「天罰」を駆使する。

この天罰を使うと主人公がクラスチェンジし、ステータスや所持スキルが戦闘中に変わる。大ダメージを与えつつクラスごとの個性をうまく利用して勝利を目指そう。

マクタールの伝説の特徴はトドメを誰にささせるかの駆け引き

マクタールの伝説 androidアプリスクリーンショット2

イベントシーンも豊富。

ドット絵の雰囲気やバトルアクションは「FFBE」風で見ごたえがあり、ストーリーが語られるアドベンチャーパートが挿入されるなどよく作り込まれている。

バトルは基本オートかつテンポが良く、回数制限はあるが倍速設定が可能。

主人公と仲間のどちらがトドメをさすかの駆け引きがあり、主人公が倒せばそのまま成長、仲間が倒すと主人公は経験値を貰えずに仲間が成長する。

仲間を冒険に連れていく、もしくはプレゼントを与えると好感度が上昇し、MAXになると主人公がトドメをさしても経験値を獲得できる「ペアルック」状態となるようだ。

また、主人公はバトル後に体力を全快するが、仲間はバトルで消耗するため適度に入れ替える必要があり、どの傭兵が酒場に常駐するかはランダムで決まる。

天罰によるクラスチェンジは30種以上

仲間も30人以上おり、お気に入りを徹底強化したり全体を満遍なく鍛えたりと豊富なキャラ育成&多種多様なパーティを編成を楽しめるようになっていた。

マクタールの伝説の攻略のコツ

マクタールの伝説 androidアプリスクリーンショット3

ステージを周回して主人公や仲間を育てよう。

本作には「天罰」を除いてスタミナのような待ち時間制限がない。

序盤のステージを周回すれば天罰なしでもキャラ育成が行えるので、酒場のメンバーの消耗度に気を配りつつキャラのレベルを上げ、ゴールドを獲得しよう。

メンバーの消耗が激しくなってきたらゴールドを消費するか、広告動画を視聴してメンバーを入れ替える(消耗度の回復)。

このとき、酒場のラインナップが一新されるため新たな仲間を加えてさらなる育成に挑もう。

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ マクタールの伝説攻略スクリーンショット1
仲間を選び、ステージを選択してバトル開始。右上にある雷はスタミナではなく天罰のストック数。こちらは時間経過で回復する。
androidアプリ マクタールの伝説攻略スクリーンショット2
バトルは基本オートで進み、プレイヤーは適切なタイミングでスキルや天罰を発動させる。
androidアプリ マクタールの伝説攻略スクリーンショット3
主人公がトドメをさすと主人公にだけ経験値が入り、仲間が倒すと仲間にだけ経験値が入る。
androidアプリ マクタールの伝説攻略スクリーンショット4
主人公のクラスは天罰を使用すると変化する。すでに発見しているクラスになることもあるが、新たなクラスが芽生えることもある。
androidアプリ マクタールの伝説攻略スクリーンショット5
酒場には5人の傭兵がおり、彼らの中からパーティメンバーを選ぶ。ゲーム内通貨のゴールドを払うとラインナップの切り替え(仲間の消耗回復が)が行える。
ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

納谷英嗣

ドット絵のクオリティが高く、バトルはシンプルかつテンポが良い。トドメの一撃を狙うゲーム性もある。

納谷英嗣

好感度MAXまでの道のりが長い。キャラごとにゲージ量を調整してほしかった。

マクタールの伝説の基本データ

タイトル マクタールの伝説
パブリッシャー Byulbram Studio
レビュワー 納谷英嗣
初回レビュー日 2017年5月12日
最終更新日 2017年5月12日
ジャンル RPG
タグ
こちらもおすすめ