ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)

ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)

パブリッシャー PICTOSOFT Inc

ジャンル アクションRPG

清々しい王道っぷり!勇者がダンジョンを進んで巨大ボスと対峙するアクションアドベンチャーRPG

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight) androidアプリスクリーンショット1

勇者を操ってステージを突破せよ。

王道さにハマる!アクションアドベンチャーRPG!

ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)イメージ

「ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)」は、様々な敵や仕掛けが待ち受けるステージを進むド王道なアクションアドベンチャーRPGだ。

剣と魔法のファンタジー世界を舞台に、勇者となったプレイヤーはモンスターの脅威に怯える街の人々を救うべく冒険へと出かける。

操作はゲームパッドで行い、ジャンプや二段ジャンプ、盾によるガード、剣によるコンボアクションを駆使して進む。

ステージには多彩なモンスターや仕掛け、3つ星評価に関わるコンプアイテムが隠されており、それらの障害をくぐり抜けながら最奥へたどり着くと巨大なボスモンスターが出現する。

膨大な体力を持ち合わせたボスの攻撃パターンを読み、隙をついてコンボ攻撃やアクティブスキルを叩き込んで勝利を目指そう。

ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)の特徴は王道な世界観と操作感の良さ

ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight) androidアプリスクリーンショット2

細かいところまで描かれたステージグラフィック。

勇者を操ってファンタジー世界を冒険する、という王道すぎて逆に珍しいんじゃないかと思えるアクションアドベンチャーRPG。

ゲームパッドによる操作感やアクションの演出は良好。移動速度や剣撃の初動が速く、リーチもそれなりに長い。

ステージの各所にある落とし穴にはまってもライフが減るだけで即足場に戻れるなど、地味だがゲームの進行を速めるようなバランスに調整されているようだ。

育成システムは剣と鎧を購入して付け替えるものとアクティブスキルの習得のみ。

この点は物足りなさを感じるが、ステージ数や街の人々から受諾できるクエスト数が多く、課金なしですべてのコンテンツを遊べる点は良かった。

ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)の序盤攻略のコツ

ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight) androidアプリスクリーンショット3

ストアをチェックして資金を得よう。

まずは、最初の街であるゴンザレスシティの右奥へ進み、城にいる衛兵や王様に話しかけて各種クエストを受諾しよう。

受けられるクエスト数に制限はないので、この時点で総ざらいしておくと楽だ。

他にも、街にいるゲーム紹介-ブリング-に話しかけ、同社のストアページをチェックして資金を得るといい(DLする必要はない)。

序盤は獲得できる資金がかなり少ないためこの機能を利用して装備品を購入する。

バトルでは、移動スティックの左右長押しでダッシュができ、その状態で攻撃ボタンを入力するとダッシュ斬りができる。

リーチが長く多段ヒットするためコンボの入りに使おう。

ゲームの流れ

androidアプリ ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)攻略スクリーンショット1
時間経過で回復するカギを消費してステージを選択。総数は50個。序盤のステージだと1しか消費しないのでサクサク進める。
androidアプリ ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)攻略スクリーンショット2
ステージには最奥にいるボスを倒す、転送スポットを守る、対象の像を壊すなど様々なクリア条件が設定されている。
androidアプリ ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)攻略スクリーンショット3
ステージ上での操作はゲームパッドで行う。二段ジャンプも可能。ポーション系のアイテムは安価で購入できるので惜しみなく使えるが、3つ星評価をとるなら使用せずに進めよう。
androidアプリ ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)攻略スクリーンショット4
ステージの最奥にいるボスモンスターを倒すと資金を入手でき、それを使って勇者の武器・防具を購入できる。
androidアプリ ダンジョン&ナイト(Dungeon and Knight)攻略スクリーンショット5
初見のボスモンスターを倒すと街にあるスタジアムに敵が追加される。ボス戦のみなので通常ステージより周回しやすい。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。