PRISM FANTASIA~精霊物語~

PRISM FANTASIA~精霊物語~

Aeria Inc

アクションRPG

基本プレイ無料

精霊獣と共に戦う3DアクションRPG!ジャストタイミングで殴る・避ける・連携を駆使しよう

PRISM FANTASIA~精霊物語~ androidアプリスクリーンショット1

基本的にタップだけで戦闘を行うことが出来る。

精霊獣をお供に巨大な魔獣と戦う3DアクションRPG

PRISM FANTASIA~精霊物語~」は、精霊獣をお供に巨大な魔獣に肉薄し、接近戦で殴り合う3DアクションRPGだ。

精霊使いの主人公の女の子となり、大剣をかついで最前戦で戦っていこう!

画面タップ攻撃、スワイプか左右の矢印をタップで回避行動だ。

精霊獣の準備ができたら、好きなタイミングでスキル発動。

敵の行動を把握して攻撃・回避・スキルをタイミングよく使い分けていこう。

多種多様な精霊獣武器防具を自由にカスタマイズしてチームを強化し、より強い敵と迫力あるバトルを楽しもう。

「PRISM FANTASIA~精霊物語~」の魅力は敵との駆け引きとタイミング

PRISM FANTASIA~精霊物語~ androidアプリスクリーンショット2

回避が成功すると画面に集中線が入りゲージが増加する。

このゲームの戦闘での回避行動は、相手の行動をよく読む必要があるし、タイミングのシビアさは格ゲーのブロッキング並みだ。

けれどもその分華麗に回避したときの爽快感は一入だしフィーバーゲージもたまりやすい。

ゲージがMAXになるとフィーバーモードが発動し、相手を集団でタコ殴りにして大ダメージを与えられるので積極的に狙っていきたい。

もちろん回避が非常に難しい攻撃も存在するし、殴って潰したほうが手っ取り早かったり、精霊獣のスキル発動で攻撃自体をキャンセルさせる方がいい場合もありうる。

相手の攻撃に対してどの対処が最適か?そういった敵との駆け引きを楽しもう。

「PRISM FANTASIA~精霊物語~」の攻略

PRISM FANTASIA~精霊物語~ androidアプリスクリーンショット3

アイコンの下の緑の数字が合成した際の経験値の増加量だ

お供の精霊獣はいくら戦闘を重ねてもレベルは上がらない。

気に入った精霊獣を強くしたいのなら強化合成を繰り返す必要がある。

幸い、序盤のうちは強化合成専用の素材精霊獣が多く手に入るので倉庫が埋まりきらないうちに積極的に合成しておくといい。

強化合成は同じ属性同士だと1.5倍の経験値が手に入り、同じスキルを持っているとスキル経験値が上昇。

全く同種のキャラ同士を合成させるとさらに補正値が入るようになる。

これは、武器防具の合成でも同じシステムになっているのでなるべく効率よく合成を行っていこう。

ゲームの流れ

androidアプリ PRISM FANTASIA~精霊物語~攻略スクリーンショット1
タイトルロゴの後は長いロード画面が入る。チュートリアルの途中にも再びロードが入るので、初プレイ時はWifiの前で、時間のある時に始めよう。
androidアプリ PRISM FANTASIA~精霊物語~攻略スクリーンショット2
まずはチュートリアル戦闘が始まる。体力は豊富にあるのでここで回避の練習をしてもいい。このチョコボみたいなやつは回避しづらい攻撃ばっかりだが・・・
androidアプリ PRISM FANTASIA~精霊物語~攻略スクリーンショット3
ガチャ、合成、マルチプレイと一通りのことはチュートリアルで教えてもらえる。ガチャは1度に複数引いた方がレアが出やすくなるようなので精霊石はなるべく使わずにとっておこう。
androidアプリ PRISM FANTASIA~精霊物語~攻略スクリーンショット4
マルチプレイ時は敵を四方から囲んで袋叩き!モンハンのように同士討ちを気にしなくていいのは楽でもありさみしくもある。
androidアプリ PRISM FANTASIA~精霊物語~攻略スクリーンショット5
合成ではたまに大成功や超大成功することがある。獲得経験値がいつもより大幅上昇だ。
androidアプリ PRISM FANTASIA~精霊物語~攻略スクリーンショット6
回避行動の成功タイミングは敵の攻撃が当たると同時かその少し前くらい。敵の連続攻撃は初撃を回避できれば全部避けられるが、初撃が当たると全部食らうので注意。
androidアプリ PRISM FANTASIA~精霊物語~攻略スクリーンショット7
敵が赤く光っているときは怒り状態で普段より強力な攻撃を放ってくる。仲間のスキルを利用して攻撃の発動自体を食い止めよう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。