DeckDeDungeon

DeckDeDungeon

ohNussy

RPG

718人がプレイ | 読者レビュー (0)

スマホカードゲーム随一の戦略性と死のスリル!デッキ構築型カードRPG

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

DeckDeDungeon androidアプリスクリーンショット1

どのカードを使い、どのカードを残し、どのカードを加えるか…悩ましくもおもしろい!

先を予測してデッキを作り上げ進む戦略性の高いカードRPG

「DeckDeDungeon」はカードを使うことで攻撃や魔法、回復などを行っていくターン制のカードRPG。

スマホにはカードRPGが山ほどあるが、それらとの違いは戦略性だ!

本作では敵を倒す度に、6枚のカードの中から好きなカードを1枚デッキに加えていく。

この時どのカードを入れるかによって、この前を有利に展開できるかどうかが左右される。

…だからメチャクチャ悩ましい!そしてこの悩ましさがおもしろい!

カードRPG といっても、スマホのカード収集RPGではなく、「マジック:ザ・ギャザリング」「遊戯王」といったトレーディングカードゲームや「ドミニオン」といったデッキ構築型ゲーム等のような非常に高い戦略性が楽しめるのだ!

スポンサーリンク

DeckDeDungeonの特徴は死んだ時にお金だけ残せること

DeckDeDungeon androidアプリスクリーンショット2

ちょっとした失敗が命取りになる緊張感がたまらない!

本作では、死んでしまうとこれまで作り上げたカードデッキが失われてしまう。

また、レベリング要素もない。

このため、何度も死んでカードを稼ぐリセマラ的戦法や、レベルを上げて物理で殴れ!的な力押し戦法は通じない

死亡時に唯一引き継ぐことができるのはお金

お金を使って、ゲーム開始時のデッキ構成にカードを追加することだけ可能だ。

これによってカードRPGとしての高い戦略性がもたらされている上、「ローグ」や「不思議のダンジョン」のような決して死ねない緊張感も味わわせてくれる!

DeckDeDungeonの攻略のコツはまず金を貯めること

DeckDeDungeon androidアプリスクリーンショット3

戦略を練るにはまず情報収集から!お金を貯めつつカードの必要性を把握しよう。

攻略にあたっては、まずはお金を貯め、ゲーム開始時のデッキ構成にカードを追加し、有利な状況でゲームをプレイしていこう

だがそれ以上に、各カードの必要性を把握するという狙いの方が強い。

本作初期プレイ時にはどのカードを残し、どれを残すべきかわからないので、お金を貯める目的で繰り返しプレイをして、各カードの必要性を把握するのだ。

なお、カードを加える時にはバランスに注意!

カードには実際に攻撃等のアクションが行えるものと、アクションに追加効果を付加するもの、手札に持っているだけで効果を発揮する装備カード等の種類があるが、アクションカードの比率が低いと手札に全くアクションカードが出ず、敵を攻撃できないという事態に陥ってしまうぞ。


ゲームの流れ

androidアプリ DeckDeDungeon攻略スクリーンショット1
タイトル画面が実は重用!プレイ開始だけでなく、カードの追加等もここからアクセスする。
androidアプリ DeckDeDungeon攻略スクリーンショット2
複数用意されているダンジョンから、挑戦するダンジョンを選んでゲームスタートだ。
androidアプリ DeckDeDungeon攻略スクリーンショット3
敵との戦闘を繰り返しながらダンジョンを進んでいく。使用するカードをタップで選び、「Play Cards!」を選択してカードを使用するぞ。
androidアプリ DeckDeDungeon攻略スクリーンショット4
見事敵を倒すと、デッキに追加するカードを選択できる。追加しないという選択はできないので、気合を入れてカードを選ぼう。カードを2回タップするとデッキに追加できる。
androidアプリ DeckDeDungeon攻略スクリーンショット5
デッキにカードを追加したら、続いての敵とバトル!追加効果系のカードは、アクションを行えるカードと同時に選択して使用しよう。
androidアプリ DeckDeDungeon攻略スクリーンショット6
主人公のHPが尽きてしまうと、死亡。死亡したら、お金のみ次のキャラクターに引き継がれる…。
androidアプリ DeckDeDungeon攻略スクリーンショット7
タイトル画面から、ダンジョン内で戦った敵を確認できる。敵の能力や、どんなカードをドロップするか把握しておけば、それだけ有効な戦略を考えられる。
androidアプリ DeckDeDungeon攻略スクリーンショット8
さらにタイトル画面からカードリストも確認可能だ。各々のカードの内容を把握することで、どんなデッキを構築すべきか見えてくるぞ。

下に続きます