絶叫トレインコースター

絶叫トレインコースター

パブリッシャー fianess

ジャンル 乗り物ゲーム

価格 基本プレイ無料

森を!谷を!火山を?!空中を?!電車で突っ走る絶叫高速レースゲーム

ダウンロード(iPhone)

絶叫トレインコースター androidアプリスクリーンショット1

アップダウン!空中ループは当たり前!

電車がジェットコースター顔負けなコースを走行するレースゲームだ!

絶叫トレインコースターイメージ

「絶叫トレインコースター」は、ジェットコースターのようなコースを電車で脱線しないように走行するハイスピードレースゲームだ!

とにかく様々な地形、コースがあるぞ!

普通なら電車が走らないような「砂漠」「火山」なんて地形もあるので、かなりの絶景を楽しめる!・・・かな?

そんな絶景の中をレールが敷かれているわけだが、アップダウンどころか「宙に浮いたレール」「空中ループ」は当たり前!

「振り子レール」「シーソーレール」なんていう、レールが繋がっているのか怪しいコースまであるんだ!

なんでそんな所を走ってるの?! ってツッコミを入れたくなるとんでもコースは、ゴールをすることそのものが難しいぞ!

スピードメーターも無いので、体感で覚えようw

ゴールできるようになったらタイムアタックでランキング上位を目指せ!

このゴール出来なさ・・・レースゲーム界の「スぺランカー」の称号を与えたい。

特徴は、脱線して飛び出せるレール!

絶叫トレインコースター androidアプリスクリーンショット2

飛んで行ったら戻れない!わかっていても飛び出したいw

これはあくまで「電車」な為、ジェットコースターのような地形を走行していてもレールに固定はされていない!

つまり、ちょっとしたミスで「脱線」してしまうぞ!

レースゲームとしては珍しく、まずゴールすること自体が難しいので、最初はゴールすることが目的となるだろう。

プレイヤーが出来る操作は3つ!

・スピードアップ
・ブレーキ
・バック走行

そう! スピードを操作することだけしか出来ないんだ!

それも当然、これ「電車」ですからw

この3つの操作だけで電車を操作して、脱線しないようにゴールを目指すんだ!

でも、楽しみ方はもう1つある・・・脱線できるってことは、どこまで飛べるかどこで飛べるかとか気になるよねw

試してみたが、最初のコースからして飛んでくださいって地形満載で、コースを外れてレールが無いような位置まで飛んでいける

どこまで飛べるか! なんてチャレンジもしてみたくなるw

ただし! 飛んで行ったらコースには戻れないのでリトライしよう!

コツは、地形ごとのスピード調整!

絶叫トレインコースター androidアプリスクリーンショット3

スピードを上げるだけでは攻略できない!

まず、コースアウトしたら復帰できないことを覚えておこう!

なのでゴールしたいなら、一度のミスも許されない!

コース攻略のコツは、地形によるスピード調整になるが大きく分けると地形の特性は3種類になる。

1.「山なりのコース」と「ただのカーブ」

この地形は、まず下る時にスピードを落とすことが基本、減速していないとカタパルトよろしく飛んでいくぞ!

2.「車体が傾くカーブ」と「空中ループ」

ジェットコースターを思わせる壁を走っているような傾きのカーブや、空中をループするコースは、ある程度のスピードを出しておくことが重要!

加速が足りないと脱線だ!

終わり際で減速することも忘れてはダメだ! 飛んでいくぞ!

3.「シーソー」や「振り子」など

これはレールが途切れるので、つながる瞬間を見極めて進むしかない!

バック走行も駆使して、タイミングを合わせないと脱線だ!

脱線しても、飛んでいってもあきらめずにリトライだ!

ゲームの流れ

androidアプリ 絶叫トレインコースター攻略スクリーンショット1
コースの選択だが、はじめはどれも難しい!
まずは脱線覚悟でチャレンジだ!
androidアプリ 絶叫トレインコースター攻略スクリーンショット2
様々な絶景を楽しもう!
レールは地面だけでなく、空中にもあるぞ!
意図せず空中に飛んじゃう時もあるけどw
androidアプリ 絶叫トレインコースター攻略スクリーンショット3
危険な場所の手前には、実際の電車同様に標識もある!
だが、見えるころにはほぼ手遅れなので注意!
・・・何の為の標識なのか。
androidアプリ 絶叫トレインコースター攻略スクリーンショット4
いろいろなコースに挑んでみよう!
完走率10%とか気にしない
androidアプリ 絶叫トレインコースター攻略スクリーンショット5
ゴールできるようになったらランキングトップを目指そう!

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。