宗教をつくろう

宗教をつくろう

Ryo Shirakawa

育成ゲーム

基本プレイ無料

これ許されるの?宗教をつくり、「教祖」を育てる育成ゲームの最果て。

宗教をつくろう androidアプリスクリーンショット1

極厳修行の成果か空中浮揚してます。完全にあの人です。

世界初(?)宗教育成ゲームアプリ。

「宗教をつくろう」は、タカシくんを育成し、宗教をつくっていくグレーゾーンな育成シミュレーション。

製作者は「精子vs卵子」の作者でもあり、ギリギリの作風を好むようだ。

ストーリーはこんな感じ。

小学5年生の桐谷タカシは、同じクラスで占い好きな美少女・斉藤さんに恋していた。
50回告白するも、ことごとくふられてしまう。
しかしあきらめないタカシ。
どうすればいいか聞くが、
斉藤さんは冗談で「神みたいな人」と答える。

「神に一番近いのはたぶん教祖だ!宗教王に、俺はなる!」
脅威の行動力を持つタカシは、次の日には自分の宗教を立ち上げていた。
脅威の才能で次々と信者を増やしていく…。

衝撃のストーリーが特徴

宗教をつくろう androidアプリスクリーンショット2

虚ろな信者さんたちがハイパーにホラー。

一枚目の画像を見て、1990年代最大の怪物、と呼ばれた一人の教祖を思い出した人も多いと思う。

大地震が起こった頃の話。
もう20年近く前だけど。

画面を擦ると人々を癒し、信者が増え、段々主人公たかし(小5)が教祖になっていく。
課金システムで信者を増やすこともできる。

面白い題材だ。

ただ、笑えない。

心の、感情のどこかでひっかかるものがある。

宗教と政治の話はいつだってタブーになりがちだ。
結論も正解も無い争いを産みがちだからだ。

本作が宗教をもてあそぶものでなく、かつて起こった事件を風化させない一つの試み、であってほしいと願うばかりだ。

宗教をつくろう攻略のコツ

宗教をつくろう androidアプリスクリーンショット3

金で信者を買うこともできる。世の中金なのか。

宗教を育成する、という衝撃的な題材だが、
育成ゲームとしては特筆すべきものはない。

15秒で1人虚ろな男女が現れ、タップすることで心の傷を癒やし、信者が増え、教祖を育てることができる。

教祖がレベルアップした時にSNSに共有することで50人(ポイント)分の信者が出現する。

信者は有料課金で買うこともできる。

以上である。

BGMはアイリッシュ風のサウンドで、美しい旋律に洗脳されてしまいそうだ。
真夜中にプレイする場合は気をつけたほうがいいかもしれない。

そして、このゲームをプレイしたら「不謹慎」と憤るだけじゃなく、少しでも「あの事件」について何か考えてくれたら、本作の意義が生まれてくるのではないか。

そう、僕は考えている。

ゲームの流れ

androidアプリ 宗教をつくろう攻略スクリーンショット1
このアプリはフィクションです。
実在の人物や団体などとは
一切関係ありません。

注意書きです。

androidアプリ 宗教をつくろう攻略スクリーンショット2
このフォント…カラー。なぜか背筋をぞくっとさせる。
androidアプリ 宗教をつくろう攻略スクリーンショット3
たかしくんはみどりちゃんに50回告白し、50回ふられている。
androidアプリ 宗教をつくろう攻略スクリーンショット4
みどりちゃんの他愛もない一言で、宗教をつくろうとするたかし。
誰もがきっかけはきっと些末な出来事からはじまっていくのだろう。
androidアプリ 宗教をつくろう攻略スクリーンショット5
たかしは信者を次々と獲得し、宗教は強大となっていく。
待ち受ける運命を最後まで見なきゃいけないと思った。
androidアプリ 宗教をつくろう攻略スクリーンショット6
1990年代。
何もかもが鋭い時代だった。
そして今よりもすべてが許されてしまう時代だった。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。