まものほうっち

まものほうっち

moitititi

育成ゲーム

読者レビュー

魔王もがんばる!「放置育成×たまごっち」なレトロRPG風シミュレーション

まものほうっち androidアプリスクリーンショット1

魔王城をどんどん改築していけるのが楽しい!

魔王となってモンスターを育成!放置!

「まものほうっち」は、8bitなドット絵とBGMが魅力な、魔王となってモンスターを育成・進化させたり、勇者を撃退したりするRPG風放置育成ゲーム。

ひまつぶクエストシリーズの作者だけあって、システムがかなり練られており、よくある放置ゲーと違いやれることが多く退屈させない。

誤解を恐れずに引き合いに出すと「たまごっち」や「勇者のくせになまいきだ。」のように進化していくモンスターたちを見てるだけでエキサイティングだ。

ver1.0.0時点での魔物総数は246種類。
だらだら適当にプレーして図鑑のコンプリートを目指すのが目的だそうだ。

なお、塔の外で、魔王下にある扉をタップして鍵をかけた状態にしておくと、中に入る時に広告が出ないしくみになっている。
この配慮、おもてなし、心意気もまたエクセレント!

できることの多彩さが最大の特徴

まものほうっち androidアプリスクリーンショット2

勇者を撃退したり町に攻め込んだり!

このゲームやれることが多くて楽しい!

放置できん!

大まかな流れをコピペする。
魔物を育てる→ 町を襲撃してお金を貯める → 育成設備の強化
→ 育った魔物に対抗して強い勇者が攻めてくる → 新たな魔物のタマゴをゲット

って感じだが、魔物を育てるだけでも、エサをあげたり、町を襲撃してお金を稼いだり、トレーニングしてレベルを上げたり、進化したり…と楽しいことがテンテンコ!

他にも魔王城を増築したり、魔力を上げたり、勇者を撃退したり…
多忙な魔王のおしごとを楽しむことができるのだ。

まものほうっち 攻略のコツ

まものほうっち androidアプリスクリーンショット3

進化するクマ!

序盤にやることはエサをあげて襲撃することだと思う。

『元気』はトレーニング、襲撃で消費する重要なパラメータだが、お腹いっぱいではケーキが食べられないため、お腹が空いてるときは積極的に食わせていこう

『重さ』は進化や寿命に影響がある。食べると太る。

『レベル』は魔物のちからとまほうに影響し、トレーニングすることにより上がる。

トレーニングするために襲撃できないのが歯がゆいぜ。

『ちから』が上がると町を襲撃して稼げる金額が増える。

『まほう』があがると強い勇者が現れ、新しいタマゴや高額のゴールドを落とすのだ。

他にも家具を設置することで色々プラスになったり、城を増築したりとやることてんこ盛りだ!

あと暇になったら画面下にあるタイムスリップを連打すると成長がはやいぜ!
無心になって連打して、愛するモンスターたちの育成を見守っていると…、書道のとき墨をすった時みたいに、心が洗われるような気がしないか?

俺だけ?

ゲームの流れ

androidアプリ まものほうっち攻略スクリーンショット1
いやー、うまく説明できてるか心配だけど本当に面白いっす。
androidアプリ まものほうっち攻略スクリーンショット2
基本部屋をタップすることで色々できるんですね。
魔王の部屋で設定とか家具の購入ができるんですね。
androidアプリ まものほうっち攻略スクリーンショット3
空いてる部屋にタマゴとかをセットしてモンスターを生み出そう。
androidアプリ まものほうっち攻略スクリーンショット4
勇者が来たらタップするとコウモリが撃退してくれるぞ。
勇者(つーか村人とか)はアイテムや金を落とす!ワーイ
androidアプリ まものほうっち攻略スクリーンショット5
図鑑をコンプリートするのが当面の目的。
androidアプリ まものほうっち攻略スクリーンショット6
いろんな家具があったりタイムスキップする時間を強化できたり。
androidアプリ まものほうっち攻略スクリーンショット7
金が貯まってくのを見守るのもクッキーフリッカーみたいで楽しいぜ!
ヒャッハー!
androidアプリ まものほうっち攻略スクリーンショット8
魔物はいつか寿命を終え、死んでしまう。
それがまた侘びしくも、命の重さを感じるのだな。

下に続きます