マジックガンナー

マジックガンナー

ROBOT Communication inc

RPG

基本プレイ無料

スワイプでリボルバーに弾丸を装填して撃て!銃が主役の斬新なRPG

マジックガンナー androidアプリスクリーンショット1

画面左に並ぶビジュアルこそが弾丸だ。仲間キャラじゃあないんだぜ?

リボルバー銃をフィーチャーした新感覚RPG

マジックガンナーは、リボルバー銃をフィーチャーしたRPGだ。

リボルバー銃というのは、銃の真中に蓮根みたいな形のパーツがついていて、そこに弾丸を込めるタイプの銃のこと。

本作では、リボルバー銃に込める弾丸がフツーの弾丸ではなく、魔力を帯びた特殊な弾丸になっている。

魔力を帯びているため炎や冷気を帯びているなど実弾にはない効果を持っているが、生物の姿をしている等機能面だけでなく外見も特徴的だ。

この弾丸をコレクションするのが本作の楽しさのひとつとなっているぞ。

また、本作で特徴となっているのが、そのビジュアルだ。

オープニングがマンガ形式で語られたり、弾丸のビジュアルにマンガ調のものからドット絵調のものまで用意されていたりと、かなりこだわった個性的なビジュアル

こだわってはいるが、イロモノっぽいテイストではなくクールで硬派なテイストでまとまっていて、他のゲームとは違うぜ!という開発者の心意気を感じるぜ。

マジックガンナーの特徴はリボルバーを活かした戦闘

マジックガンナー androidアプリスクリーンショット2

シリンダーにどの弾丸を何発込めるのか?戦略性がアツい。

本作で特徴的なのがなんといっても戦闘だ。

戦闘シーンでは、リボルバー銃の蓮根みたいなパーツ……シリンダーというのだが、これが画面に大きく表示されている。

ここに、画面左に並んだ弾丸をスワイプして弾を込めていく。

弾を込めたら、シリンダー中央部をタップすれば、弾丸が放たれるぞ。

シリンダーには最大6発の弾丸を込めることができる。

込めた弾丸は1ターン内に全て撃ってしまうので、毎回毎回弾丸をフル装填していると、すぐ弾切れになってしまう。今、何発装填するか?という戦略性が問われるぞ。

また、弾丸を撃つ度にゲージが蓄積していき、ゲージが満タンになるとフルバーストが発動。制限時間内は弾数が無制限となり、任意の弾丸をタップしているだけで、マシンガンのように弾丸を撃ち出すことができる。これは爽快だ。

スマホゲーのみならず、コンシューマゲームでも見られない、斬新な戦闘システムだ。

マジックガンナーの攻略のコツは装備する弾丸の構成

マジックガンナー androidアプリスクリーンショット3

どんな構成で弾丸を装備するかが攻略の鍵だ。

本作の戦闘では、いかに弾数をコントロールするのか?が大きなポイントになる。

弾丸の下に表示されているゲージが満タンになると弾数が1回復する。

ゲージは毎ターン、弾丸毎に設定された補給レート分溜まっていくぞ。

なので、回復ペースを踏まえて装填する弾数を節約する必要があるわけだ。

とはいっても、ボスなど強敵と出会った場合そうは言ってられない。弾丸フル装填で大ダメージを与えたいところ。

ではどうすればいいか?

ひとつの手段としては戦闘に入る前、弾丸を装備する段階で、攻撃用の弾丸と、弾数回復用にターンを稼ぐための弾丸を装備することだろう。

攻撃用の弾丸とは、補給レートが低いがとにかく攻撃力が高い弾丸。

ターンを稼ぐための弾丸とは、攻撃力は低いが、補給レートが高く最大弾薬数が多い弾丸だ。

つまり、ターンを稼ぐための弾丸で弾数を回復させつつ、ここぞという時には攻撃用の弾丸を使うという戦い方だ。

ゲームの流れ

androidアプリ マジックガンナー攻略スクリーンショット1
マンガ調で語られるオープニングがクール!
androidアプリ マジックガンナー攻略スクリーンショット2
ミッションから挑戦するミッションを選んでゲームスタート!
androidアプリ マジックガンナー攻略スクリーンショット3
敵が出現!シリンダーに弾丸を装填して撃ち出せ!
androidアプリ マジックガンナー攻略スクリーンショット4
強大なボスが出現!フル装填で迎え撃ちたい敵だ。
androidアプリ マジックガンナー攻略スクリーンショット5
ゲージが貯まるとフルバースト発動!撃ちまくれて超気持ちいいぜ。
androidアプリ マジックガンナー攻略スクリーンショット6
ステージクリア!クリアすると、新たな弾丸が手に入る。
androidアプリ マジックガンナー攻略スクリーンショット7
弾丸を練成する、いわゆるガチャも独特のテイスト。イカすぜ!
androidアプリ マジックガンナー攻略スクリーンショット8
弾丸だけなく、素材を手に入れれば新たな銃を作ることも!

下に続きます