クイーンズ・クラウン2

クイーンズ・クラウン2

Com2uS

アクションRPG

読者レビュー (0)

童話世界でプリンセスナイトが大活躍!ド王道な2DアクションRPG

クイーンズ・クラウン2 androidアプリスクリーンショット1

姫様が大暴れ。

プリンセスナイトが大冒険!

「クイーンズ・クラウン2」は一国の姫となり、王家を襲う邪神と戦うアクションRPGだ。

イノティア戦記」シリーズが個人的にドストライクなCom2uSさんが贈る新作ということで、早速遊んでみたわけだが。

今作も童話的な世界観、物語やそれに伴うバトルのボリューム感

4つ武器のワンボタン切り替えシステムや武器強化、武器の種別ごとに熟練度が用意されているなど。

アクションRPGにあって欲しい! 大事なところを外していないゲームになっている。

隕石から生まれる「災い」

クイーンズ・クラウン2 androidアプリスクリーンショット2

童話的な世界観が魅力。

舞台は、精霊や魔法が当たり前に存在するファンタジー世界

とある国の城の地下には、過去に落下したとされる「隕石」が保管されていた。

ある時、その隕石を狙い、邪神「アガター」が城へと攻めこんでくる。

彼は隕石が災いを生む卵だと言い、圧倒的な力で兵士たちを倒し、城の地下へとたどり着いた。

地下には邪神の進行を予見していた精霊が罠をしかけており、アガターの一時的な封印には成功したものの彼を確実に倒すことはできないらしい。

プレイヤーは城を治めていたプリンセスとなり、邪神を倒す方法を聞くために精霊がいるとされる異世界へと旅立つのだった。

という安心感さえただよう王道設定

操作やゲームの流れも既存の作品と同じく、ゲームパッドで移動や攻撃を行い、各地で発生するクエストをクリアしてメインストーリーを進める。

多少ボタンは小さいが攻撃ボタン連打でコンボ

→→でダッシュ攻撃、攻撃ボタン長押しで特殊攻撃と豊富なアクションが用意されているのは良かった。

武器の切り替えや強化要素が豊富

クイーンズ・クラウン2 androidアプリスクリーンショット3

ステ振りやスキルなど育成要素もしっかりしている。

このゲームのもうひとつの特徴が武器アクションのメイキング要素だ。

武器は画面右上のボタンをひと押しするだけで1発切り替えが可能。

戦闘中にも使いやすく、遠距離で敵を攻撃して近づいてきたら重量級の一撃を叩きこむなど色々な戦略をたてられる。

また、武器の強化要素はもちろん、熟練度が用意されていてお気に入りの武器を使い込むほど攻撃力が上がる仕様になっている。

この他にもレベルアップ時のステ振り、一定の条件をクリアして報酬を得る「アーチムーブメント」、魔法を使い込んで強化する魔法熟練度もあり、キャラ育成の自由度も非常に高い。

イノティアが楽しめたなら今作も十二分に満足できる良アクションRPGだ。


    ゲームの流れ

    androidアプリ クイーンズ・クラウン2攻略スクリーンショット1
    スタートボタンを押してプロローグを読み進める。
    セーブデータは端末保存タイプだが、Com2uSサイトに登録するとサーバー保存も可能(登録なしでも遊べる)。
    androidアプリ クイーンズ・クラウン2攻略スクリーンショット2
    プロローグ中にチュートリアルが発生するので移動操作などはここで確認できる。
    基本的にゲームパッドで操作するため、この手のRPGをやりなれている人には扱いやすい。
    androidアプリ クイーンズ・クラウン2攻略スクリーンショット3
    今作の特徴は画面右上にあるボタンで4つの武器を切り替えて使用できること。
    切り替え動作を戦闘中に行え、各武器ごとの特色も活かせる機能だ。
    androidアプリ クイーンズ・クラウン2攻略スクリーンショット4
    戦闘中は攻撃ボタンでコンボが放てる他(近接武器)、ボタンを長押しすると特殊攻撃も使える。
    androidアプリ クイーンズ・クラウン2攻略スクリーンショット5
    戦闘などでエッセンスを集めると武器を強化できる。
    装備する武器を替えると改造がリセットされるので、強力な武器を集中的に鍛える方がいい。
    androidアプリ クイーンズ・クラウン2攻略スクリーンショット6
    物語は、姫が住む城の地下に封印された卵をねらって凶悪な邪神が現れることからはじまる。
    姫は封印を守る精霊に会いに行くことに。
    androidアプリ クイーンズ・クラウン2攻略スクリーンショット7
    この他アーチムーブメントという称号要素もあり、一定の条件を満たすとお金や武器改造に必要なエッセンスを獲得できる。

      下に続きます

      下に続きます