脳力+支払い技術検定

脳力+支払い技術検定

Come-Come Cat

計算で脳トレ

読者レビュー (0)

100万人が遊んだ日常数学ゲーム!賢い払い方教えます

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

脳力+支払い技術検定 androidアプリスクリーンショット1

お釣りを少なくしてスコアアップ!?

うまく払ってドヤ顔!?日常数学ゲーム

「脳力+支払い技術検定」は提示された金額を払い続け、財布に小銭を残さない効率的な支払いをする計算ゲームだ。

コンビニやスーパーなどでお金を払う時。

店員「1776円になります」

俺「(2031円を出す)」

店員「あの、31円は?」

俺「レジを通してみてください」

店員「?……! 失礼しました255円のお返しです」

俺「いえいえ(ドヤァ

この俺計算できる!的な優越感が好きな人は、間違いなくハマる計算ゲームだ。

支払い能力を上げよう

脳力+支払い技術検定 androidアプリスクリーンショット2

慣れるとハマる。

プレイ方法は制限時間内に提示されたお金を払い続けていく。

操作も画面上の小銭や紙幣をタッチして「はらう」ボタンを押していくだけなので簡単だ。

ただ、普通に払うだけではマイナス判定となり、制限時間をどんどん削られてしまう。

ポイントになるのは小銭の数を最小限に保つことだ。

177円を払う場合、200円を出すか202円を出すかでスコアが大きく違ってくる(この場合は、お釣りの少ない後者が○)。

保持できる小銭の量にも制限があり、1円や10円は4枚まで、5円や50円は1枚までとなっている。

これは1×5=5円玉、50×2=100円玉に替えられたため計算ミスとして見られてしまうからだ。

払うたびに財布の小銭が変動し、その数を考えつつ最適な支払いをすることがゲーム性に繋がっているのは良いね。

財布に小銭がない状態が好ましい人にとっては、非常に奥深くおもしろい内容になっている。

スコアアップで脳トレ効果も

脳力+支払い技術検定 androidアプリスクリーンショット3

計算力もついちゃう。

制限時間が経過すると、それまでの支払い成功数からスコアが算出される。

この値を世界のプレイヤーと競えるランキング機能がついている。

また、日常的な計算を何度も繰り返すため、脳トレ効果も期待できるはず。たぶん。

支払いはいつもお札! といった豪快な人には不向きだが、日常の些細な支払いに喜びを感じられる人にはうってつけのゲームだ。

ゲームの流れ

androidアプリ 脳力+支払い技術検定攻略スクリーンショット1
操作は画面をタッチして行う。制限時間内に貨幣や紙幣をタッチして表示された金額を支払っていこう。
androidアプリ 脳力+支払い技術検定攻略スクリーンショット2
お札と小銭を合わせてきっちり支払えるならそれがベスト。
だめならお釣りで返ってくる金額に注意して払う。
androidアプリ 脳力+支払い技術検定攻略スクリーンショット3
お金を払う早さ、正確さに応じて制限時間が少しだけ伸びる。
逆に間違えると時間を減らされる。
androidアプリ 脳力+支払い技術検定攻略スクリーンショット4
1円玉は5枚以上(5円相当)、5円玉は2枚以上(10円相当)など、代わりとなる小銭がある金額まで手持ちに残すとマイナス評価となる。
これを無くすようにすばやく計算するのが難しい。
androidアプリ 脳力+支払い技術検定攻略スクリーンショット5
制限時間が経過するとスコアが算出される。
ランキング登録すれば世界のプレイヤーとスコアが競える。

下に続きます

下に続きます