【ガルパン】フィギュア道、始めます!「島田愛里寿」のデコマスがコトブキヤ秋葉原に展示中!やってやる、やってやーる、やーってやるぜ♪

ガルパン 島田愛里寿 フィギュア道

本記事の画像は、筆者の撮影

「劇場版 ガールズ&パンツァー」より、フィギュア道シリーズフィギュア「島田愛里寿」のデコマスがコトブキヤ秋葉原に展示中!

「ガールズ&パンツァー」×「コトブキヤ」の共同プロジェクト「フィギュア道」の第一弾は、大学選抜のちびっ子隊長。

キャラクターデザイン&総作画監督の杉本功氏が徹底監修の入魂の完成度だ。

やってやる、やってやーる、やーってやるぜ♪ by愛里寿

アプリで遊べる戦車道

ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

スポンサーリンク

島田愛里寿

日本戦車道の流派「島田流」家元、島田千代の娘。

センチュリオンに搭乗して戦う。

弱冠13歳ながら、大学へ飛び級している天才少女。

フィギュア道「島田愛里寿」

ガルパン 島田愛里寿 フィギュア道

大好きなボコを抱いたポーズ。かわいいな!

ガルパン 島田愛里寿 フィギュア道

足元にもボコのプレート。

ガルパン 島田愛里寿 フィギュア道

ふくらみかけの本来JCのバディ。そのスジの人にはたまらない!?

ガルパン 島田愛里寿 フィギュア道

スカートのひらひら感がスゴイな。

縞々ニーソとのコントラストが芸術の域だろう!

ガルパン 島田愛里寿 フィギュア道

おい!ボコ、そこかわれ!w

ガルパン 島田愛里寿 フィギュア道

クールでありながら、ボコと一緒に微笑む表情がたまらない。

最高の笑顔だ。

ガルパン 島田愛里寿 フィギュア道

ガルパン 島田愛里寿 フィギュア道

発売は、2017年3月予定。

全裸で正座して待とう!

アプリで遊べる戦車道

ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!

9479_screen_1

「ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!」は、アニメ「ガールズ&パンツァー」公式の戦車道シミュレーションゲーム。

戦車を使った武道「戦車道」のある世界観が独特で、公開された映画のキャラクターも登場している。

各戦車に搭乗するキャラクター全員に個性が設定されているアニメ版の特徴をそのまま反映されているぞ!

戦闘システムは各車の行動方針の設定と、作戦の発動の指示といった簡単なもの。

だが、戦車に乗せるキャラクターは自由に設定できるので、自分の好きなキャラでドリームチームを編成可能!

車長「秋山殿」、砲手「アンチョビ」、操縦手「カチューシャ」なんてコトもできてしまう。暴走しそうな気もするけど。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

機動戦車チハたん

10845_screen_1

「機動戦車チハたん」は、戦車の力を持つ『戦車娘』を育成・指揮するディレクションRPG。

戦争により荒廃した未来世界を舞台に、最強戦艦「ベヒーモス」の艦長として戦車娘たちを指揮することになる。

戦車娘たちは、モチーフとなった戦車の上に立った(またはまたがった)ようなスタイルで表現され、戦闘では様々な能力を発揮する。

システム的には、編成を行って出撃させて戦う「艦これ」などのようなスタイル。

可愛く、かっこいい戦車娘たちを育てて最強部隊をつくりだそう!

※このアプリは、DMM gameでのダウンロードです。DMMへの登録が必要になります。

ゲームをはじめる

World of Tanks Blitz

7970_screen_1

「World of Tanks Blitz」は各国の戦車を乗りこなして戦う3Dオンラインシューティングゲームだ。

ドイツ軍、アメリカ軍、イギリス軍、ソ連軍の100種類以上の名車両が登場!

搭乗する車両を選んで「戦闘開始!」ボタンを押すと自動で味方や敵となる他プレイヤーがマッチングされ、バトルがはじまる。

戦場での操作はゲームパッドで行い、スティックを動かして前進や後退しながら草原や砂漠などのステージを進む。

ミニマップや目視できる範囲に敵を見つけたら双眼鏡ボタンを押してズーム表示に切り替え、画面をなぞって照準を合わせて砲撃ボタンを押そう。

敵の戦車をすべて破壊する、あるいはステージにある陣地に一定時間留まりその場を占領すると味方陣営の勝利となる。

バトル終了時には勝敗に関わらず経験値や資金を獲得でき、経験値で戦車の「研究」を行い性能アップや新たな戦車の設計図を入手する。

資金は戦車や性能を大幅に上げるパーツの購入に使い、さらなる研究を重ねながら幾多の戦場へ赴こう。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

アプリゲットが贈る「履修!戦車道!」もご覧ください!

murasaki_weep

記者むらさきが、リアルな戦車から劇中の戦車道を特集!「履修!戦車道!」をご覧ください……。

ライター: 編集部