ゲームキャスト・アプリゲットが選ぶ2016年もっと知られていいおすすめゲーム【無料おすすめ】『メルヘンフォーレスト ~メルンちゃんと森の贈り物~』

ゲーム好きの皆さんお元気ですか!

もうすぐ2016年も終わりという今日この頃、皆さんにとって2016年はどういう年だったでしょうか。

アプリゲットはふとしたtwitterでのやりとりをきっかけに、あの「ゲームキャスト」さんと交流を深める機会に恵まれました!

ゲームキャストはゲーム好きで広く深い知識を持つ管理人トシさんが、「ゲームに、情熱を。」を掲げ、たった一人で運営している超硬派なゲームブログです。

ゲームキャストのブログはこちらgamecast

「嘘をつかずにゲームを評価し、面白いと思うゲームを広める」をモットーとしている記事は、アプリゲット編集部やレビュワーにもファンが多く、

今回その記事をアプリゲットユーザーに紹介したいという事で、2016年の面白かったゲームと、もっと知られてもいい良作を掘り起こすというテーマで、お互いの記事を出張掲載することになりました。

アプリゲットではゲームキャストさんの2016年おすすめゲームを12月29日、30日、31日、1月5日(申し訳ありません。1日公開の予定でしたが5日に延期になりました。)の4回にわたって紹介します。

またゲームキャストさんのブログでも、アプリゲットのオススメゲームを掲載しますので、そちらもぜひ見てみてください!

ゲームキャストで掲載のアプリゲット記事「アビスリウム」はこちら

12月29日はおすすめ無料ゲーム、12月30日はおすすめ有料ゲーム、12月31日にバカゲー、そして1月1日に2016年のベストゲームを掲載します。

ゲーム好きなら知っておいて損のないチョイスになると思います!

皆さん要チェックですよ!!!

不思議な森を歩く癒やし系アドベンチャー…を遊ばせた後のどんでん返し。『メルヘンフォーレスト ~メルンちゃんと森の贈り物~』

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

良い点

メルンちゃんがかわいいし、森の住人のセリフは練られているし、見ているだけで楽しいぞ!

悪い点

カメラワークと操作性があと一歩。見やすければさらに面白かったはず!

見ているだけで楽しいし、メルンちゃんはかわいいし。

メルヘンフォーレストのレビュー内容

今回のお題は「埋もれているゲームを紹介する」。うーん、何を紹介しようか。いろいろ悩んだ末、Androidでは知られているのに、iOSでの知名度は低い『メルヘンフォーレスト ~メルンちゃんと森の贈り物~』を紹介することにした。だって、かわいいし。
メルヘンフォーレストは、一人前の薬屋になるため、メルンちゃんが不思議な森を探索するアドベンチャーゲーム。
奇妙で憎めない住人たちが住む森は、見ているだけで楽しい優しい世界。アドベンチャーゲームは単なるお使いゲーになってしまうことが多いが、話を聞いて回るだけで楽しいので、退屈はナッシング。
遊んでいるうちに、ほんわかファンタジーがプレイヤー心を癒やすゲームである……が、それだけで終わらない。まさか、平和な森のお話からあんなことになるなんて。

かわいいは正義

ここは、どこか遠い森にある名もない魔法の薬屋さん。
op01


森の女の子「メルンちゃん」が、一人前の薬屋になるため、おじいちゃんと話している。
一人前になるために、お使いをするいつものアレか。アトリエシリーズとか、そのあたりでおなか一杯なんだよね、その設定。
op02


あ。メルンちゃん、かわええ!
op03

この瞬間、このゲームを続けよう決めたのであった。

ほんわかアドベンチャーを味わえ

このゲームの目的は、森を探索して素材を集め、薬を作ること。たくさんの素材を集めて錬金鍋にぶち込むと、すごい薬ができるのだ。
マップをタッチしてメルンちゃんを動かし、気になる場所を調べよう。
何かある場所にやってくると、「!」マークが表示される。お、この穴は……?
tansaku01


タッチしてみると、「フライドオニオン」が出てきた。森の中になぜ揚げ物があるのか。気にしてはいけない。
tansaku02


メッセージは調べるたびに変わる。例えば、この岩。
tansaku03


なんてことない岩なのに、何回も調べると面白キャラクターが登場する。調べられる場所を見つけたら3回ぐらいは調べよう。
tansaku04

せりふ回しも独特で、調べているだけで楽しいぞ!

奇妙な生物たちも魅力

単なる謎解きで終わらない、魅力的な世界観もこのゲームの魅力。和室やラーメンを出す食堂があったりと、森らしからぬ謎の施設もあり、見て回るだけで楽しい。
seibutu01


森の動物たちのキャラクターも妙に投げやりだったり、意味不明の言葉を放ったりとやたら濃ゆい。特にヤバいのは、道をふさいでいるヘビ。
「どうせ課金すればこのヘビは消える」
seibutu02


「そんな風に思ったアナタ」
seibutu03


「その課金で得た体験は未来のアナタに何を与えてくれますか?」
seibutu04

まさかの課金批判。ヘビだけに、毒があるのだろうか?この森の闇は深そうだ。

ミニゲームも!

森の中は、ただ歩いて回るだけの場所ではない。ミニゲームも楽しめるのだ。
例えば、釣り。釣り竿の様子を見てタイミングよくタッチすると……!
minigame01


バケツが釣れた。うーん、バケツ。悔しいけど、メルンちゃんがかわいいので許す。
minigame02


クイズだって楽しめる……というか本当にこのゲームの世界観が謎だ。でもメルンちゃんが(以下略
minigame03

さあ、調合だ!

素材を集め終えたら、家に帰って材料を鍋にぶち込むのみ!適当にぶち込んでも、何かができるので大丈夫。
end01


そして、でき上った薬に応じて、錬金術師の称号が変わる。よし、なりたて薬師になったぞ!
end02


ここで1回ゲームは終了するが、次回以降のプレイでは作った薬を持ちだし、探索に使える。
end03

森を探索して雰囲気を楽しみ、薬を作って、その薬でまた森を深く探索する。そんな王道アドベンチャーのつくりになっているわけだ。
これだけで十分楽しいのだが、このゲームはそれで終わらない。

第2章……だと!?

上級難易度の薬を作り終えると、メルンちゃんは一人前の錬金術師として認められます。エンディングもあります。
しかし、ゲームはそれでは終わらなかった!突如、シリアスになるおじいちゃんと、明かされる真実。
dungeon_1

ダンジョン!
dungeon_2


バトル!
dungeon_3


システムの根本からガラリと変わり、ストーリーもヘビーな第2章が始まるのだ。驚愕の展開に、脳みそがついていけない。
これは、森のほんわか癒やしゲームじゃなかったのか!?
dungeon_4

おじいちゃん、黙ってダンジョンに行くメルンを許してね……。

後はアナタの目で確かめてくれ!

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

ゲームキャストで掲載のアプリゲット記事「アビスリウム」はこちら

このゲームを紹介してくれたゲームキャストのブログはこちらgamecast

シェアする

特集の人気記事ランキング