【アプゲ死にゲー部】死にゲーなのにまるで短編映画。ドット絵のレトロっぽさ、映画的な演出、そして死にゲーらしいスパルタンな難易度が絶妙のインディーズスマホゲーム「Don’t Look Back」

02
スマホ部活動と題して、いろいろな切り口でゲームをご紹介している部活動シリーズ。(と、今勝手に命名)

本記事では死にゲーをご紹介してまいりますよ!

死にゲーってなんだ?

死にゲーとは、「すぐにプレイヤーが死に至る」ゲームのことだ。
死にやすいゲームが死にゲー。

昔のゲームでいえば「スぺランカー」なんかが代表的。
※スぺランカーの主人公は坂でジャンプしただけで高低差で死ぬ。。


というわけで、第一回は名作インディーズゲーム「Don’t Look Back」をご紹介!

死んで攻略法を見いだせ!陰鬱な色合いの死にまくりアクションゲーム「Don’t Look Back」

02

03

この「Don’t Look Back」はいわゆる死にゲーで、とにかく死んで敵やトラップの位置を覚え進んでいくゲーム。

リスタートはストレスフリー。死んでもすぐに始まるからサクサク遊ぶことができるし、残基や残り時間などの概念がないために、じっくりとやり込むことができる。

なんといっても、このゲームの特筆すべき点は世界観だ!

赤系のドロドロとした色合いで作られるレトロなグラフィックに、必要最低限のBGMとSEが鳴るこの感じ。ストーリーも相まって、雰囲気のある映画のようだ。

「Don’t Look Back」のプレイ動画をご紹介!


オールドゲームのいい雰囲気と死にゲーのスパルタンさの絶妙なバランスに注目。

「Don’t Look Back」は無料で遊べる。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。