コロプラ、ケイブ提供による箱庭育成型ソーシャルゲーム『くにつく』を配信開始

株式会社コロプラは、株式会社ケイブが提供する箱庭育成型ソーシャルゲーム『くにつく』を、位置情報サービスプラットフォーム「コロプラ」上で2015年7月16日(木)より配信を開始した。(※)

kunitsuku_01

箱庭育成型ソーシャルゲーム『くにつく』が配信開始。

『くにつく』は、世界の偉人たちとともに自分だけの「国」を作ることができる箱庭育成型ソーシャルゲームだ。

「全世界」、「全時代」を舞台として、文明を発展させながらバリエーション豊かな2000を超える建物が登場。

さらに1250種類以上の歴史上の偉人たちが「冒険」や「合戦」など、様々な場面で活躍する。

kunitsuku_03

ゲームイメージ。

今回のコロプラ上での配信に際し、GPSによる位置登録機能を強化し、移動した距離に応じて金貨や特産物ポイントなどの報酬がもらえるなど、毎日のおでかけが楽しくなるゲーム性となっている。

また、7月16日(木)より、位置情報登録キャンペーンが開始されている。

(※)β版は2015年7月14日(火)より配信している。

『くにつく』配信記念キャンペーンの概要

期間: 2015年7月16日(木)~7月30日(木)

内容:位置登録で迷い猫が出現する。

猫を保護して限定偉人&猫建物をGETしよう。

kunitsuku_02

イベント内容。

『くにつく』の概要

◆名称:くにつく

◆価格:アイテム課金制

◆対応端末:iPhone、Android™、フィーチャーフォン(一部端末を除く)

◆公式サイトはこちら

※『くにつく』をプレイする際は、位置情報サービスプラットフォーム「コロプラ」への登録が必要。

※位置情報は、登録時の電波・GPSの状況によって正確な位置を反映しない場合がある。

©CAVE Interactive CO.,LTD.

ライター: 編集部

シェアする

スポンサーリンク