ニンジャバトルRPG『ニンジャスレイヤー』アプリ化決定!総勢200人を超えるニンジャが登場予定【配信前情報のみ】

株式会社オルトプラス(以下オルトプラス)は、2015年4月16日(木)より全世界展開するアニメーション作品「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」の製作委員会との間でアプリ化するライセンス契約を締結したことを発表した。

img

『ニンジャスレイヤー』アプリ化決定。

「ニンジャスレイヤー」は、ブラッドレー・ボンド(Bradley Bond)とフィリップ・ニンジャ・モーゼズ(Philip Ninj@ Morzez)のアメリカ人コンビによるSF小説である。

ジャンルは「サイバーパンク・ニンジャ活劇」、日本では権利を取得した「翻訳チーム」が、2010年からTwitter上でのリアルタイム翻訳連載を開始し、徐々にその独特の言語センスとニンジャカラテアクション、サイバーパンクな世界観が話題を呼び、ついに2012年KADOKAWAエンターブレインより書籍化されたのだ。

その後はオーディオドラマ化、コミカライズ化と破竹の勢いでメディアミックスが行われてきた本作が今春にはアニメ化がスタート。

国内動画配信サイト10社をはじめ、海外でも30カ国以上の地域で配信が予定されている。

本アプリは「ニンジャスレイヤー」翻訳チームの徹底した監修の下、作品の世界観を忠実に再現したゲームとなっているのだ。

この度、「ニンジャスレイヤー」をアプリ化する事を目的としてオルトプラスと「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」製作委員会がライセンス契約を結ぶことで、作品の魅力と世界観はそのままに、多彩なキャラクターや大迫力のゲームを楽しめるための様々な展開を予定している。

概要

タイトル :ニンジャスレイヤー(仮)

ジャンル :ニンジャバトルRPG(仮)

配信ストア:App Store、Google Playにて配信予定

料金形態 :ダウンロード無料、一部アイテム課金

※情報は発表日現在のものである。

発表後予告なしに内容を変更することがある。

(c)2015 AltPlus Inc.

(c)Ninj@ Entertainment/Ninj@ Conspiracy

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。