Minecraft Earth(マインクラフト アース)

2019年配信予定

Microsoft

ARゲーム

コメント (1)

現実世界にMinecraftがやって来る!ARで遊べる「マインクラフト」がスマホで登場!

このゲームを事前登録

事前情報まとめ 公式ツイート コメント
(1)

minecraft-earth
Microsoftがおくる新作ARゲーム「Minecraft Earth」(マインクラフト アース)の配信日や最新情報について紹介しています。

【8/26新着情報】

Googleplayストアにて事前登録開始

「Minecraft Earth」の事前情報

配信時期

配信時期は2019年配信予定となっています。

事前登録情報

Minecraft Earth のクローズドベータ版の事前登録が開始されました。(2019/7/16更新)※マイクロソフトへのID登録(無料)が必要になります。

クローズドベータ版は、今から二週間の間で選ばれる数少ない都市でのみ遊べます。(日本も選出候補)

基本情報

配信日 2019年配信予定
配信会社 Microsoft
ジャンル ARゲーム
価格 未定
公式サイト Minecraft Earth(マインクラフト アース)公式サイト
公式Twitter Minecraft Earth(マインクラフト アース)公式Twitter

最新情報【08/26更新】

【2019/08/26】ストアにて事前登録開始

Googleplayストアにて事前登録が開始されました。

【2019/07/16】クローズドベータ版への事前登録開始&紹介PVが公開

クローズドベータは今夏開始予定。

Twitterアカウントでも最新情報や、クローズドベータ版が遊べる都市を発表されるようです。

【2019/06/11】実機のデモプレイ動画を公開

ゲーム概要

現実世界にMinecraftがやって来る!ARで遊べる「マインクラフト」がスマホで登場!

Minecraft Earth

「Minecraft Earth」(マインクラフト アース)はMicrosoftが手がけるスマートフォン向けのAR(拡張現実)ゲーム。

基本無料で、ルートボックス(有料ガチャ)は存在しないとのこと。

現実世界で「Minecraft」の建築物を組み立て、探索し、アイテムを集めたり、世界を探索したり、他のプレイヤーと協力プレイできるようです。

『Minecraft』と『Pokémon GO』の要素をミックスしたとも言われるゲーム性

「Minecraft Earth」(マインクラフト アース)

「ポケモンGO」のように現実のマップを歩き、資材を集めるゲームモードや、従来のマインクラフトのようなビルドモードとクエストモードも実装しています。

いよいよ「地球」が舞台になったマインクラフト。売上は1億7600万本突破。世界一売れたゲーム。注目が集まります。

Minecraft Earth: Official Reveal Trailer

ゲーム概要

収集!

『Minecraft Earth』にはみなさんがご存知の愛しい数々のモブと、新たに登場するマル秘モブたちが登場します。時間の経過と共にユニークな亜種を育てることができ、ビルドに投入することが出来るようになる予定です。『Minecraft』の豚が近所の公園をパレードするなんてことが、間もなく現実になるんです。

探検!

あなたを取り巻く現実世界に新たな次元が追加されます。素材を収集し、作品作りに没頭し、発見に満ちた新世界を冒険しましょう!

合作!

『Minecraft Earth』は他プレイヤーとチームになることで、より一層楽しくプレイできます。仲間たち共に素晴らしい作品をクラフトしましょう。我々はみなさんの素敵な作品を楽しみにしていますよ!

生存!

みなさんは『Minecraft』で凶暴なモブ達に立ち向かうのが得意ですよね。果たして現実世界ではどうですか?みなさんのサバイバルスキルが試されようとしています。ご武運を!

スマホで遊べる「マインクラフト」を紹介

マインクラフト – ポケットエディション

マインクラフト - ポケットエディション androidアプリスクリーンショット1

MineCraftとは、ブロックで形成された世界で、色々な物をを創造していくゲームだ。

プレイヤーは36種類のブロックを使って、自由に創作活動をする事ができる。

自分好みの家を建てたり、一度は住んでみたい理想のお城や、地下秘密基地を造ったり。超高層ビル、世界遺産、全てはプレイヤーの想像次第だ。

PC版と違ってAndroid版はクリエイトに特化しているので、アイテム収集やアイテム製作の要素は無い。またそれなりのスペックの端末が必要なので、まずはDemo版をプレイする事をお勧めする。

執筆者: 高野京介

ライター兼、ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリスト。 ファミコン〜PS4までゲームの進化と共に半生を過ごす。スマホゲームレビューは5年目の中堅。豪華さよりもプレイスキルを要求されるアクションやゲームバランス、突き抜けた個性を愛好する傾向あり。 好きなゲームは「地球防衛軍シリーズ」「MOON」「さよならを教えて」「洞窟物語」「ロマンシング・サガ2」などなど。最近では「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」に感涙。書ききれないがクソゲーやバカゲー愛好家でもある。 スマホゲームでは「Downwell」「Plague Inc.‐伝染病株式会社」「ヒュプノノーツ」などが好きです。私生活ではカレー、ラーメン、もつ焼き、パクチー等を愛好。酒は弱い。 使用端末 Apple iPhone 7 ひどいことしかつぶやかかないTwitter

コメント

ログインしています » | ログアウト
500
中根慶一朗
中根慶一朗

たのちみですなぁ
やはり、画像は荒くなるのか?

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。