桜降る代に決闘を

2018年配信予定

センキ

カードゲーム

コメント (0)

人気アナログ決闘カードゲーム『ふるよに』がスマホで遊べる!今度はオンラインで決闘を始めよう!

公式サイトを見る

【4/13】配信時期が2018年春→2018年内へと変更!

桜降る代に決闘を

引用:http://www.nijiyome.com/app/reserve/458

センキがおくる新作決闘カードゲーム「桜降る代に決闘を」の事前登録方法と特典について紹介しています。

桜降る代に決闘をの事前情報

配信時期

配信予定日は2018年を予定。春から延期になりました。

http://bakafire.main.jp/furuyoni/digital/info_enki.html

事前登録情報

現在、にじよめ版(PC用)にて事前登録が開始されております。

事前登録することでゲーム内で使用できる様々なアイテムがプレゼントされる。

詳しくは事前登録サイトをご確認ください。

アプリ版に関しましては現状は事前登録は実施されておりません。

PC版の事前登録サイトはこちら:http://www.nijiyome.com/app/reserve/458

事前情報まとめ

配信日 2018年配信予定
配信会社 センキ
ジャンル 決闘カードゲーム
対応OS Android、iPhone
事前登録 あり(にじよめ版)
ベータテスト 未定
公式サイト 桜降る代に決闘を 公式サイト
公式Twitter 桜降る代に決闘を 公式Twitter

人気アナログ決闘カードゲーム『ふるよに』がスマホで遊べる!今度はオンラインで決闘を始めよう!

「桜降る代に決闘を」は、センキから2018年春配信予定の決闘カードゲーム。

元は2人用の決闘ボードゲームで、独特の墨絵風イラストと、二人のキャラクターを選んでデッキを編成する戦略性で人気となっている。

本タイトルはそのデジタル版で、App Store/Google play/にじよめ で配信予定のオンラインゲームとして制作されている。

「桜降る代に決闘を」とは?

キャラクターを二人選んで組み合わせ、それらのカードからデッキを構築し、相手と決闘していく2人用の決闘ボードゲーム。

特徴はこれらすべてが相手の目の前で行われることです。

相手のキャラを見て2キャラ22枚のカードから10枚のデッキを編成し、そのまま戦うというシステムなので、相手への対処などさまざまな考えを巡らせた決闘となるでしょう。

熱いデュエルを!対戦カードゲーム特集

ドラゴンクエストライバルズ

ドラゴンクエストライバルズ

DQシリーズ待望のスマートフォン向けデジタルカードゲームだ。

OPから心を掴まれるあのメインテーマが流れ――

バトルシーンでは「テリー」や「ゼシカ」といった人気キャラが躍動し、声を出す!

音楽と効果音の重要さを知らしめられるというか、聞いただけでゲームをやりたくなるのはDQシリーズのパワーだと思う。

画面の向こうにいる”あなた”を含む、かつてドラクエを旅した全ての勇者が残した「冒険の書」がカード化され、バルカドの塔に収められている。

いにしえの勇者たちのきおくより作られた不思議なカードをつかって、ローカルモードや他プレイヤーとの通信対戦モードに挑もう。

バトルでは毎ターン全快し、最大値も上昇していく「MP」を消費して、モンスターや魔法、特技カードをフィールドに出す。

本作では自陣の最奥にいるリーダーも積極的に攻撃参加し、リーダーとカードの特性を活かしたデッキを構築できるようだ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (SHADOWVERSE)

フルボイスのノベルでストーリーが進行する純粋なカードゲーム。

便宜上のカードではなく、遊戯王やマジック・ザ・ギャザリングのようなカードでモンスターを召還するタイプの純粋な戦略型。

リーダーキャラクターによって特性が変わり、戦略性も大きく変わるシステムで、更にゲーム中にカードを進化させるコトが勝利のカギになる。

グラフィックも美麗なだけでなく、カード内のイラストがアニメーションしていたり、ノベルがフルボイスの上にキャラも動いていたり、惹き込まれる演出だ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

遊戯王 デュエルリンクス

遊戯王 デュエルリンクス

世界中で愛されるトレーディングカードゲームのスマホアプリ版だ。

「遊戯王」は1996年から週刊少年ジャンプで連載された「高橋和希」先生原作の人気マンガであり、その作品から派生した遊戯王OCG(オフィシャルカードゲーム)がついにスマホアプリとして登場!

遊戯、海馬、城之内といった人気キャラたちを操作し、多彩なキャラや世界中のプレイヤーとデュエルしよう。

バトルルールは原作をほぼ踏襲しており、毎ターンごとにデッキからカードを一枚引き、手札から様々なカードをフィールドに出していく。

モンスターカードは1ターンにつき1枚召喚でき、魔法・トラップカードは個別に条件が決まっていなければ複数枚を発動またはセットできる。

フィールドに出したモンスターを攻撃表示にしたうえでバトルフェイズに移行すると、敵のモンスターや相手プレイヤーを攻撃することができる。

そうして、自身と相手が交互に行動し、相手のLP(4000)を0すれば勝利だ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

Hearthstone: ハースストーン

HEARTHSTONE: ハースストーン

剣と魔法のハイ・ファンタジー世界でヒーローたちが戦う、対戦型カードゲームだ。

全世界で3000万人以上がプレイしている本作が、ボイスまでフル日本語版として遂に登場!

ルールは、筆者の知っているカードゲームでたとえるなら『マジックザギャザリング』『ガンガンヴァーサス』に近い…かな。

毎ターン溜まるマナをコストとして、仲間(ミニオン)カードを召喚したりスキルカードを使用して、敵ヒーローを倒していこう。

強力なカードであるほどたくさんのマナを消費するが、消費したマナは次のターンで全回復する上最大値が1ずつ上がっていく。

マナの消費とカードの効果を見越して戦略的にターンを進めていこう。

後半になるほど大量に、そして強力なカードが場に出せるようになるので、最後の瞬間まで緊迫した迫力バトルが味わえるぞ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

クリエイター

CV

・ユリナ:加隈亜衣
・サイネ:近藤令奈
・ヒミカ:端沢渓
・トコヨ:内田彩
・オボロ:若林直美

イラストレータ

TOKIAME

代表作

・東方projectシリーズ書籍の挿絵など

事前登録中の新作アプリ配信カレンダー

アプリゲット編集部で期待の新作アプリ情報をリリース予定時期ごとにまとめた配信カレンダーを更新中です!

事前登録中の新作ゲームアプリ配信カレンダー

ライター: むらさき

ファミコン初期からPCを含めてTVゲームを経験し、TRPGやTCG、ボードゲームまであらゆるゲームに手を染めて自分で想像して作るコトまでが趣味と化した変人。 数年前よりライターとしてレビューや特集記事などを手掛けて、その関係から多方面の情報収集も趣味となった。 個人的にアズールレーンや感染×少女、FGOなど育成メインのゲームからTPSやスクロールSTGを好んで遊び、対戦格闘ゲームなどもACでよくプレイしている。 レトロゲーム蒐集も趣味で、メタルスレイダーグローリーや奇々怪界シリーズなど色々な機種のタイトルを所持。 現在の使用端末は、Xperia Z5だが機種変更を考えている。

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード