水口哲也×モブキャスト『LUMINES パズル&ミュージック』7月19日、日本先行配信決定!【配信前情報のみ】

株式会社モブキャストは、スマートフォン向け新作パズルゲーム『LUMINES パズル&ミュージック』を、今年7月19日より、グローバル配信に先駆け日本国内で配信を開始する。

『LUMINES パズル&ミュージック』を7月19日、日本先行配信決定!!

『LUMINES パズル&ミュージック』を7月19日、日本先行配信決定!!

【ティザーサイトはこちらへ】

<以下、モブキャストの発表より抜粋>

『LUMINES パズル&ミュージック』とは

lumines_img

本作は、水口哲也氏が手掛けたPlayStation® Portable(PSP®)の世界的ヒット作「ルミネス」を継承、進化させたスマートフォン向けパズルゲームです。

原作「ルミネス」のゲーム性や音楽とビジュアルがシンクロする気持ちよさは変えることなく、スマートフォン・タブレット向けにUI/UXを最適化いたしました。

新作ステージ・新作楽曲に加え、PSP版初代「ルミネス」のお馴染みのステージ・楽曲も収録し、世界中の「ルミネス」ファンが初代「ルミネス」の”正当な続編”として納得できるゲームになっていると確信しております。

本作は、App StoreおよびGoogle Playを通じて有料ダウンロードでき、価格は360円(消費税込)を予定しております。

水口哲也氏からのコメント


この度、モブキャストさんとタッグを組んで、世界に向けて新しいルミネスをお届けすることになりました。

しかも今回のルミネスは、スマートフォン版です。

今までルミネスが好きだった人も、初めてルミネスをプレイする人も、音楽とビジュアルがシンクロする気持ち良さと楽しさを存分に実感していただきたいです。

ぜひ音量を上げて、ノリノリでプレイしてみてください!

7月19日より日本およびオーストラリアにて先行配信

本作は、今年7月19日(木)より世界に先駆けて日本で配信いたします。

同時に、オーストラリアおよびニュージーランドにて英語版の先行配信をいたします。

尚、グローバル配信は9月上旬を予定しております。

lumines_img_gamen
※開発中の画面です

ティザーサイトが本日オープン

本日「LUMINES パズル&ミュージック」のティザーサイトがオープンいたしました。

URL: https://lumines.game

サイト内では、ルミネスの歴史を中心に水口哲也氏のプロフィール、本作ゲーム画像を紹介しています。

世界中でヒットしたルミネスについて理解を深めていただき、期待を膨らませて『LUMINES パズル&ミュージック』のリリースをお待ちください。

今後は、キャンペーン情報や最新情報も掲載予定です。

公式SNS開設記念、登録キャンペーン実施

『LUMINES パズル&ミュージック』の公式facebook、twitter、Instagramアカウントを開設いたしました。

各SNSからは最新情報や追加情報などを発信する予定です。

先行配信日決定・公式SNSアカウント開設を記念して、本日よりSNS登録キャンペーンを実施いたします。

各SNSの登録ミッションをクリアした方の中から、抽選で各5名様(合計15名)に1,000円分のデジタルコードをプレゼントいたします。

また、メール登録キャンペーンも同時開催しており、こちらも抽選で5名の方に1,000円分のデジタルコードをプレゼント致します。

是非この機会に公式SNS・メールをご登録ください!

詳細はティザーサイト(https://lumines.game)をご確認ください。

<原作「ルミネス」について>

原作「ルミネス」は、2004年に株式会社バンダイナムコゲームス(当時:株式会社バンダイ)より発売されたプレイステーション・ポータブル用のパズルゲームです。

欧米ではフランス大手Ubisoft Entertainment社等より発売され、ワールドワイドでシリーズ累計250万本以上が販売されました。

透明感あふれるビジュアルと高品質なサウンドが、かつてないほどの没入感あふれるプレイ感覚を実現し、全く新しい”音と光のアクションパズルゲーム”として、国内外のメディアで絶賛され、多数の賞を受賞しました。

<水口哲也氏プロフィール>

ゲームクリエイター/プロデューサー。

これまで数々の作品をグローバルに送り出してきた。

代表作として、『セガラリー』(1994)、『スペースチャンネル5』(1999)、『Rez』(2001)、『ルミネス』(2004)、『Child of Eden』(2011) など、作品多数。

2006年には全米プロデューサー協会(PGA)によって「Digital 50」(世界で注目すべきデジタル系クリエイター50人)の1人に選出される。

<以上、モブキャストの発表より抜粋>

ライター: 編集部