水口哲也氏と共同開発 スマホ・タブレット版「ルミネス2016(仮)」 今夏より全世界配信開始

株式会社モブキャストは、今夏よりスマートフォン及びタブレット版アプリ「ルミネス2016(仮)」の全世界配信を開始することを発表した。

lumines_keyvisual_s

水口哲也氏プロデュースの「ルミネス」がスマホゲームに。

【モブキャスト公式サイトはコチラ

<以下、株式会社モブキャストの発表より抜粋>

スマートフォン及びタブレット版「ルミネス2016(仮)」は、原作のプロデューサーである水口哲也氏率いるエンハンス・ゲームズと共同開発をしております。

本作は、ファースト「ルミネス」の世界観を継承しつつ、スマートフォン及びタブレットの特性に合わせたプレイフィール(プレイ感)とゲーム性に一新いたします。

世界中のルミネス・ファンのみならず、スマートフォン・タブレットでゲームを楽しむ幅広いユーザー層に楽しんでいただけるよう、グローバル市場へ配信をしていきます。

lumines_ingame

<プレイ画面>

※上記画像内のキャラクターや文言は変更となる可能性がございます。

本作「ルミネス2016(仮)」は、有料ダウンロードアプリとして、世界中のApp StoreおよびGoogle Playを通じて配信いたします。

尚、アイテム課金版(無料ダウンロード版)の「ルミネスVS(仮)」を、今冬の配信を目指し、開発着手しております。詳細に関しては後日発表予定です。

ルミネスについて

『ルミネス~音と光の電飾パズル』は、2004年に株式会社バンダイナムコゲームス(当時:株式会社バンダイ)より発売されたプレイステーション・ポータブル用のパズルゲームです。

透明感あふれるビジュアルと高品質なサウンドが、かつてないほどの没入感あふれるプレイ感覚を実現し、全く新しい”音と光のアクションパズルゲーム”として注目されました。

「ルミネス」は、2005年USA TODAY誌で”The best game for PSP”に、Newsweek誌ではPSP®(Sony PlayStation Portable)のNo.1 Gameに選ばれ、Spike TV Video Game Awards 2005では”BEST HANDHELD GAME”(携帯ゲーム機のベストゲーム)を受賞するなど海外の各メディアで絶賛されました。

欧米ではフランス大手Ubisoft Entertainment社等より発売され、ワールドワイドでの累計販売本数は、家庭用ゲーム機でシリーズ総計250万本以上、モバイルではGameloft社等より全世界76カ国で配信され、1000万台以上のモバイル端末にインストールされました。

水口哲也氏について

ゲームクリエイター/プロデューサー。

これまで数々の作品をグローバルに送り出してきた。

代表作として、『セガラリー』(1994)、『スペースチャンネル5』(1999)、『Rez』(2001)、『ルミネス』(2004)、『Child of Eden』(2011) など、作品多数。

2006年には全米プロデューサー協会(PGA)によって「Digital 50」(世界で注目すべきデジタル系クリエイター50人)の1人に選出される。

<以上、株式会社モブキャストの発表より抜粋>

【モブキャスト公式サイトはコチラ

ライター: 編集部

スポンサーリンク