【先行プレイ】「艦これ」の制作スタジオが手掛ける刀×JKラインディフェンス『しんけん!!』を事前プレイ

4月23日(木)に『艦隊これくしょん~艦これ~』を制作したDMM.comのPOWERCHORD STUDIOからリリースされる予定のラインディフェンスゲーム『しんけん!!』を先行プレイしてきました!

事前登録者数17万人を突破した『しんけん!!』を先行プレイしてきました!

事前登録者数17万人を突破した『しんけん!!』を先行プレイしてきました!

ストーリー

刀に見初められた女子高生たちと妖怪・ツクモを討伐!

刀に見初められた女子高生たちと妖怪・ツクモを討伐!

隕石と共に突如として襲来した「憑喪(ツクモ)」と呼ばれる妖怪たち。

プレイヤーは刀に見初められた女子高生「真剣少女」たちを集め、鍛え、そして共に戦っていく。

メインはガチなラインディフェンスバトル!

刀に見初められた女子高生たちと妖怪・ツクモを討伐!

左側に真剣少女たちを配置させ右手から迫りくるツクモとバトル!

メインのバトルは、画面右から迫りくるツクモたちを、真剣少女たちを呼び出し戦っていくラインディフェンス。

時間によってたまる熱量で少女たちを召喚!

召喚した少女たちをどこに配置するかもプレイヤー自身が随時決めながら戦っていきます。

刀の種類(短刀・打刀・太刀など)によって配置できる「間合い」が異なる!

刀の種類(短刀・打刀・太刀など)によって配置できる「間合い」が異なる!

また、真剣少女がそれぞれ持つ刀の種類によって配置できるマス目(間合い)が異なるため、

どのキャラでパーティを編成するか、戦況が変わるごとにどう配置を変えながら戦わせるかなど、常にプレイヤーの采配が求められるバトルになっていました。

真剣少女たちはHPが0になるとプレイヤーの元からいなくなってしまうので、時には休憩させることも重要!

真剣少女たちはHPが0になると戦闘不能になってしまうので、時には休憩させることも重要!

さらに、もう一つのバトルの特徴として、

ゲームを進めていくと、バトルエリアが広がっていくんです!

少女たちを様々なエリアに移動させながら、効率的に戦っていきます。

バトル画面右下の「全体」ボタンを押すと…

バトル画面右下の「全体」ボタンを押すと…

バトルエリア全体が見渡せる!自分が見たい範囲をクリックすると拡大、そのエリアの具体的な操作ができます。

バトルエリア全体が見渡せる!自分が見たい範囲をクリックすると拡大、そのエリアの具体的な操作ができます。

ツクモに推し切られる~~!この時点までくるとかなり焦りますが、最後の最後で倒せると達成感ハンパないです!

ツクモに押し切られる~~!この時点までくるとかなり焦りますが、最後の最後で倒せると達成感ハンパないです!

そしてバトルエリアの最左部にまで敵が到達してしまうと「人口」が減少。

最終的に人口が0になってしまうと敗北

敵を全滅させればこちらの勝利となります。

見ているだけのオートバトルではなく、

ゴリゴリプレイヤーが操作して戦えるので非常にやりがいがありました!

バトルエリアが広がれば広がるほど、統制範囲も大きくなるので

よりプレイヤーの戦術とスピーディな判断が勝敗のカギとなり面白そうです!

屋敷を開発する街づくり要素でよりバトルを有利にできる!

屋敷を開発することで討伐を有利にできる!

屋敷を開発することで討伐を有利にできる!

様々な施設の開発を行おう!

様々な施設の開発を行おう!

バトル以外の要素も豊富。

「屋敷」「町内」では田畑や採掘場などの開発することで、

真剣少女の所持数が増えたり、アイテムを獲得できるなど、バトルを有利にさせることができます。

ただし、開発には手持ちの真剣少女が駆り出され討伐に参加できなくなるので、ここでも戦略的に開発を行うのが重要!

クリックしまくろう!鍛刀で真剣少女を強化!

クリックして鍛刀!鍛刀できるポイントを探すコツがいります!

クリックして鍛刀!鍛刀できるポイントを探すコツがいります!

クリックが手間な場合は鍛冶師に依頼することも可能!

クリックが手間な場合は鍛冶師に依頼することも可能!

真剣少女たちは「鍛冶」を行うことで能力をUPさせることが可能。

この「鍛刀」、刀のある部分をクリックしまくることで素早く完成させることができます。

最近流行りのクリッカーゲームに近い感じで、

無心でクリックを続けるのもなかなかハマるかも!?

何よりキャラが個性的でかわいい!

ゲーム開始時に3人の少女の中から一人を選択可能!

ゲーム開始時に3人の少女の中から一人を選択可能!

ちょっと内気な赤木柄はこちゃん!

ちょっと内気な赤木柄はこちゃん!

そして何より刀を持つ真剣少女たちが非常に可愛らしく、個性的!

バトル中も二頭身ほどにデフォルメされた真剣少女たちが

すっごく滑らかに動くんです!(しかもボイスがたっぷり!)

刀の史実にも合わせて、キャラ同士の相性なども決まってくるほど作り込まれているそうです。

ichigo

一振いちご。

kitsune

狐ヶ崎きっか。

kiriko

石田正宗きりこ。

kagemitsu

影光りゅうこ。

monoyo

貞宗ものよ。

shizu

分部しづ。

一文字なずみ。

一文字なずみ。

プロデューサー・吉原氏にインタビュー!

『しんけん!!』プロデューサー・吉原 正訓氏。

『しんけん!!』プロデューサー・吉原 正訓氏。

『しんけん!!』を制作したPOWERCHORD STUDIOプロデューサー・吉原 正訓氏にもお話を伺いました!

-早速ですが、DMMからリリースされている同じ刀擬人化がコンセプトの育成シミュレーション『刀剣乱舞 – ONLINE-(以下刀剣乱舞)』との差別化などはありますでしょうか?

経緯から言いますと、本当に偶然リリースされたんですよ。(笑)

実際に制作をスタートしたのが2014年の1月なのですが、その際にゲームのコンセプトなどを説明したときに「もうやってるよ!」と言われ…(笑)

ゲームの企画自体は、「刀剣乱舞」の方は、いわゆる王道の「艦これ」システムを踏襲する形なのですが、

逆に「しんけん!!」の方は、金太郎飴みたいな同じシステムのものというよりは、何か別の方法で作っていきたいというのが第一にあったんですね。

なので、女の子一体に対し複数枚のキャラのパターンがあるだけでカサを稼ぐというよりは、

今回キャラクターのアニメーションパターンを製作しているアニメーション制作会社「ピコグラフ」のアニメ技術と、たくさんの女の子が複数の画面でぬるぬる動いている技術をみてほしい!というところから制作をしました。

-「刀×擬人化」というコンセプトについては?

もともと「刀剣乱舞」は女性向けで、さらに刀モチーフというところの立ち位置が違っていて

「刀剣乱舞」は刀そのものの擬人化で、「しんけん!!」は刀に見初められた女の子ということで。

そもそも刀は怖くて残酷で最後はみんな悲惨なものなので、そこを何か取り入れられないかなと考えていて。

POWERCHORD STUDIO自体が「悪い大人のエンタテイメントを作ろう」というのが最初にあったので

大人の苦さというものを設定に散りばめています。

ゲームを進めていくと、怖いとか、気持ち悪いな、と感じられる部分が見えてくるはずです。

-敵のキャラクターも妖怪であったり、少し怖いイメージのものでしたね。

今回は最初に世界観を構築することから始めたので、「なぜ刀なのか?」という根本の部分にもしっかり理由付けをしています。

そもそも真剣少女は本名ではないし、刀に見初められる前は何をしていたのか、という背景もだんだん明らかになってきます。

-それはゲームの中で語られるのでしょうか?

二次展開のお話も幸いいただいているので、

ゲームの中だけで語られるのか、別の形で語られるのかは楽しみにしておいてください。

new_shikiri

長谷部しきり

あとは今回実在刀をモチーフにしているのでそこのエピソードの作り込みにも気を使っています。

また、登場キャラの長谷部しきりをはじめ、どうするとインパクトがあるのか、ということも考えてキャラを作っています。

長谷部しきりはコミケでぽっちゃりの子が夏にコスプレしてくれるように作りました。(笑)

なので冬のコミケ用にも、しきりの妹分の新しいキャラのデザインを鋭意制作中です。(笑)

-キャラクターは現在何人くらい用意されているのでしょうか?

現在は100体近く用意しています。

登場時期についてはできるだけ毎週だったり二週に1回だったりとどんどん増やしていく予定です。

来月には伝説の剣「天下五剣」という超レアなキャラクターもアフレコ予定なので楽しみにしておいてください!

そんな刀×JKラインディフェンスゲーム『しんけん!!』は、【4月23日(木)12:00よりサービス開始予定】ということ。

事前登録は【4月22日(水)17:00】までなので早めに行っておこう!

事前登録はこちら
(※『しんけん!!』はスマホ向けゲームではなくPC用ブラウザゲームなのでご注意ください。)
©DMM.com POWERCHORD STUDIO / Development by studio PROSPECT / PICOGRAPH

無料ゲームを探せるアプリゲットTOPへ

シェアする