Oculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ『colopad』iOS版を提供開始!

株式会社コロプラは2月2日(月)、Oculus Rift(※1)タイトル専用コントローラーアプリ『colopad』iOS版を同日よりApp Store上で提供開始したと発表した。

main

Oculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ『colopad』iOS版を提供開始。

(※1)アメリカのOculus VR社が開発した、バーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイ(HMD、頭部搭載型ディスプレイ)

『colopad』とは

『colopad』は、コロプラが独自開発したスマートデバイス向けのOculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ。

『colopad』を使用することで、手持ちのスマートフォンやタブレットがゲームパッドとなり、Oculus Riftアプリの操作が可能になるという。

sub2

アプリイメージ1。

コロプラが2015年1月9日(金)より提供開始した、スマートフォン向け王道RPG『白猫プロジェクト』のOculus Rift対応VR版『白猫VRプロジェクト』も『colopad』を利用することで、移動や攻撃、必殺技等のアクションを指一本で快適に操作できるということだ。

sub3

アプリイメージ2。

『colopad』概要

アプリ名:colopad

価格:無料

対応OS:iOSの5.1以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。

※colopad対応のOculus Riftアプリとcolopadを同じアクセスポイント(Wi-Fi)で接続することで操作が可能。

ゲームをはじめる

ライター: 編集部

関連するキーワード