iOS版リズムアクションアドベンチャー『Beatbuddy : Tale of the Guardians』の配信開始

10月2日、国内外の良質なUnity製コンテンツをパブリッシングするユニティ・ゲームズ・ジャパンブランドは、THREAKS GmbH社とのコラボレーションのもと、iOS向けリズムアクションアドベンチャー『Beatbuddy : Tale of the Guardians』の配信を開始したことを発表した。

音と一緒に世界を救う進化系リズムアドベンチャー登場!

音と一緒に世界を救う進化系リズムアドベンチャー登場!

本作は日本を含む世界中で同時リリースされ、リリース後毎月、新楽曲が無料で追加配信される。

また業界初の試みとして、ゲーム内から直接iTunes Storeの楽曲を購入するApple 社の新システムも導入されている意欲作となっている。

Beatbuddy : Tale of the Guardians について

欧米で発売後、数多くの賞を受賞した人気リズムゲームの日本語版がついに登場だ。

『Beatbuddy : Tale of the Guardians』は移動、ダッシュ、パンチ、持ち上げるといったオーソドックスな操作で仕掛けを操作し、ステージを進んでいく2Dアクションゲーム。

リズムに合わせてプレイすると、効果音とBGMがマッチするのがポイント

ステージを進めるごとに『ビートバギー』と呼ばれる乗り物を獲得・強化したり、ダッシュアタックや隠れた音を検出する特殊能力を習得したりとゲームプレイは最後まで進化を続ける

■ストーリー
冒険の舞台となるのは、音楽がすべてを司る世界「シンフォニア」。

神殿の中で眠り続けることで世界に音楽を届けていた精霊三姉弟の末っ子「ビート」は、ある日姉のメロディに呼び起こされる。

神殿を我が物にする為、邪悪な王子「マエストロ」が暗躍していることを知らされたビートは、野望を食い止めるべく、音楽の、そしてシンフォニアの存亡をかけた冒険の旅に出る。


本作の主役はプレイヤーが操る精霊三姉弟の末っ子「ビート」だけではない。

音楽そのものが影の主役となっている。

ゲームの開発思想は「ステージを設計し終わった後に BGM を決めるのではなく、BGM に合わせてステージを設計する」というもので、なにげなく配置された敵キャラクターが実は BGM のハイハットを鳴らしていたり、音楽に合わせて操作すれば敵を華麗に避けられたりと、「根っこまで音楽が中心のゲーム」に仕上がっている。

書き下ろしの BGM と精緻に描き込まれた 2D アート、そして音楽愛全開のゲームデザインが一体となった本作。

ヘッドフォンをつけて楽しみたい作品となっている。

Beatbuddy Tale of the Guardians

画面イメージ※画面は開発中のもの。


Beatbuddy : Tale of the Guardians日本語版動画

タイトルスペック

タイトル表記: Beatbuddy : Tale of the Guardians

日本語カナ読み: ビートバディ:テイル・オブ・ザ・ガーディアンズ

発売元: THREAKS GmbH

開発会社: THREAKS GmbH

プラットフォーム: iOS(Steam版は近日日本語アップデート配信予定)

配信価格: 500円

配信日: 10月2日 (iOS)

ジャンル: リズミカルアクションアドベンチャー

Web サイトはこちら

© 2013 THREAKS GmbH

ゲームをはじめる

ライター: 編集部