Googleがクラウドゲームプラットフォーム「Stadia」を正式発表。あらゆるデバイスでクリックから5秒でプレイ可能に

STADIA

Googleは3月19日、クラウドベースのゲームプラットフォーム「Stadia」を正式発表しました。

2019年内に北米、カナダ、イギリス、欧州でローンチ予定。
日本でのサービス開始時期は未定です。

この記事では今現在わかっていることをまとめています。

「STADIA」とは?

Stadiaは、Googleが提供するPCでもスマホでもタブレットでも遊べるクロスプラットフォーム。

YouTubeでゲーム探し、リンクを踏むと5秒でゲーム起動。既存のコントローラやマウス+キーボードに対応。

枚挙にいとまがない革命的なサービス「STADIA」。その詳細について今わかっていることをまとめてみました。

PC、TV、タブレット、スマホに対応したクロスプラットフォーム

STADIA

Stadia Official Reveal: The Future of Gaming from Google

なんとゲーム機不要、あらゆるデバイスで4K HDR 60FPSのハイスペックゲームが遊べるのが特徴です。

パソコン(Windows、macOS、Linux, Chrome OS)ブラウザのGoogle Chromeを通じて遊べ、Chromecast Ultraを挿せばテレビでもプレイ可能。

もちろんタブレットやスマホにも対応。ゲームの遊び方が変革されていく可能性、大アリです。

ハードウェアの性能にはとらわれない!?

STADIA

Stadia GDC 2019 Gaming Announcementより。

Googleの19リージョン、58ゾーン、200以上の国・地域に設置したデータセンター上でゲームが動作し、映像や音声、入力信号はインターネット上を通じてデバイスとやり取りされます。

ゲーム自体はGoogleデータセンターのマシン上でレンダリング、処理され、クライアント側には強力なGPUは不要になります。

カンファレンスでは「アサシンクリード オデッセイ」が動作しているのが確認されました。

今後どのようなタイトルが増えるか注目が集まっています。

PS4やXbox Oneを合わせたよりもパワフルな性能!?

STADIA

Stadia GDC 2019 Gaming Announcementより。

Stadiaは当初は4K/60fps HDRかつサラウンドサウンドで提供されます。そして将来的には、8K/120fpsでも動作する予定とのこと。

GPUは10.7tfops。数字上では、PS4とXbox Oneを合わせたよりもスペックは上とされております。

チートもできないクロスプラットフォーム

STADIA

Stadia GDC 2019 Gaming Announcementより。

デベロッパーはサーバーを用意する必要なく、ユーザーはアップデートの必要がなくプレイできます。

何時でも何処でも、どんなデバイスでも自分のゲームのセーブデータでプレイが出来て、どのデバイスのユーザーともオンラインゲームが楽しめます。

また、ダウンロードやインストールの必要がなく、チートも出来ないとのこと。次世代の高速通信と(これが懸念材料でもあります)、Googleの持つインフラの強さを活かしたサービスになると思われます。

Youtube上からゲーム対戦に参加することができるCrowd Play

STADIA

Stadia GDC 2019 Gaming Announcementより。

YouTube Liveの右下の「JOIN THIS GAME」ボタンを押すとその場でゲームに参加できる「Crowd Play」も発表されました。

これにより、有名配信者などとチャット気分で気軽に一緒にゲームできるようになります。未来の到来を感じずにはいられません。

他プレイヤーとゲームの状況を共有できる「State Share」

STADIA

Stadia GDC 2019 Gaming Announcementより。

State Share機能も特徴的です。

Stadiaではアイテムやライフ、ステージなど、プレイヤーがプレイしている時点のすべての情報を任意の場所で保存し、共有できます。

State Shareを使うと、その情報へのリンクが短縮URLに記され、プレイヤーがプレイしてたのと完全に同じ状況を他のプレイヤーも共有できるとのこと。

ゲーム攻略は「OK、Google」

STADIA

Stadia GDC 2019 Gaming Announcementより。

ゲームに行き詰まったときは、Google Assistantを呼び出し、次へ進むためのヒントを教えてもらうこともできるとのこと。

攻略サイトもいらない時代が来てしまうのでしょうか…!

オンラインでもハイスペックなゲームが遊べる

STADIA

Stadia Official Reveal: The Future of Gaming from Google

ゲーム自体はGoogleデータセンターのマシン上でレンダリング、処理されるため、クライアント側には強力なGPUは不要となります。

端末のスペックに囚われないで遊べる、にわかには信じられないことですが、スマートフォンでもコンシューマレベルの映像表現が楽しめるということでしょうか。

コントローラー「STADIA Controller」

STADIA

Stadia専用コントローラ「Stadia Controller」も発表されました。

最大の特徴はWi-Fi接続でGoogleのサーバーに繋がること。これによりラグ(遅延)を削れるとされています

すでに持っているコントローラーや、タッチデバイスにも対応。キーボードやマウスも使えます。

YouTubeとの強力な連動

STADIA

Stadia GDC 2019 Gaming Announcementより。

Stadiaコントローラには、独自のキャプチャボタンと、Google Assistantボタンが搭載されます。

これにより、キャプチャボタンを押すと、即座にYouTube上で配信ができるようになります。

配信者はゲームを配信しながら、チャット欄を通じて視聴者をゲームに招待可能。その配信は4K映像で配信されるとのこと。

開発者にも優しい設計

STADIA

Stadia GDC 2019 Gaming Announcementより。

Unreal EngineやUnityなどにも対応し、開発用デスクトップマシンも用意され、ゲーム開発者をサポートします。

またAIが機械学習によってゲームステージを自動生成できる「Style Transfer ML」も発表されました。恐ろしい!

Google Stadiaのリリース日、価格

Stadiaは2019年内に英米加欧でサービス開始されるとのこと。残念ながら日本を含むアジア圏でのサービスは未定となっています。

また、Stadiaの料金体系やコントローラーの価格は発表されておりません。分かり次第追記してきます。

関連動画

執筆者: 高野京介

ライター兼、ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリスト。

ファミコン〜PS4までゲームの進化と共に半生を過ごす。スマホゲームレビューは5年目の中堅。豪華さよりもプレイスキルを要求されるアクションやゲームバランス、突き抜けた個性を愛好する傾向あり。

好きなゲームは「地球防衛軍シリーズ」「MOON」「さよならを教えて」「洞窟物語」「ロマンシング・サガ2」などなど。最近では「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」に感涙。書ききれないがクソゲーやバカゲー愛好家でもある。

スマホゲームでは「Downwell」「Plague Inc.‐伝染病株式会社」「ヒュプノノーツ」などが好きです。私生活ではカレー、ラーメン、もつ焼き、パクチー等を愛好。酒は弱い。

使用端末 Apple iPhone 7
ひどいことしかつぶやかかないTwitter

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。