日本と欧米のゲームデザインを融合させた新型ストラテジーゲーム『Rise to the Throne』が世界161ヶ国のApp Storeにて配信開始

KLab株式会社は、子会社であるKLab Global Pte. Ltd.を通じて、『Rise to the Throne(ライズ・トゥ・ザ・スローン)』を日本と中国を除く161ヶ国・地域のApp Storeにて配信を開始した。

日本語を含む各国語版を順次配信していく予定。

新型ストラテジーゲーム『Rise to the Throne』

新型ストラテジーゲーム『Rise to the Throne』

▼Rise to the Throneとは…?
日本(ギルドバトル、カード育成)と欧米(ミニスケープ(箱庭)、タクティカルバトル)それぞれのゲームでポピュラーな要素を融合させたストラテジーゲーム。

特徴1:Battle:タクティカルバトル

特徴1:Battle:タクティカルバトル

バトルでは、キャラクターをタップ&スワイプで 移動させ、自軍ユニットのアクションをリアルタイムに指示が可能。「自軍を相手にぶつける」・「タイミングよくスキルを発動させる」・「敵の城壁を壊す」など、プレーヤーの戦略とスキルが勝敗を左右する。

特徴2:奪う&箱庭

特徴2:奪う&箱庭

バトルに勝利した際には、倒した相手の街を壊しコインの強奪が可能。一方、負けた場合は自分で育ててきた街が破壊され、コインを奪われる。努力して育ててきた街を守りたいという気持ちが、より一層バトルへの没入感を高くしていく。

また、街は自由に建設・発展させることができる。街を発展することで、資金の獲得や自軍の強化が可能。

特徴3:ギルドバトル

特徴3:ギルドバトル

プレーヤー同士が同盟を組み、他の同盟と戦うギルドバトル機能も搭載。

世界中のプレーヤーとの交流が図れ、一丸となって戦うことでゲームのソーシャル性を高める。

公式サイトはコチラ
http://risethrone.com/

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。