箱庭育成バトルRPG『ファンタジーラボ』10月配信予定を決定&秘密兵器情報公開

フリュー株式会社は、2015年秋配信予定のiOS/AndroidTM端末向け箱庭育成バトルRPG『ファンタジーラボ』について、2015年10月配信予定と決定したことを発表した。

main

序盤に入手可能なラボと秘密兵器情報公開。

jizen_android

jizen_ios

<以下、フリュー株式会社の発表より抜粋>

各OSの正式な配信日につきましては、決定次第改めてお知らせ致します。

お待ちいただいている皆様のご期待に応えるべく、最終の調整を重ねて参りますので、今しばらくお待ちいただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

ゲーム情報:序盤に入手可能なラボについてご紹介

配信が近づいてまいりましたので、本作の根幹となりますプレイヤーの「ラボ」について改めてのご説明と、ゲーム序盤に入手可能な「拠点」を、それぞれが所持する「秘密兵器」とともにご紹介いたします。

ラボについて

ラボ内の開発施設には「拠点」「城門」「射撃塔」「見張り台」の4種類があります。

それらを最大LVまで強化し、必要な開発素材を集めることで、さらに強い各施設を新たに開発することが可能となります。

以下は、開発施設の中で一番低いランクにあたる「手作り」の施設4種となります。

拠点:手作りラボ

拠点:手作りラボ


城門:手作り城門

城門:手作り城門


射撃塔:手作り弓塔

射撃塔:手作り弓塔


見張り台:手作り見張り木

見張り台:手作り見張り木


05_img

手作りラボ揃えた状態

またこれとは別に、ラボの様々な活動に必要となる資源を生産・保管する生産施設として、「エーテルポンプ」「エーテルタンク」「金庫」があります。

ゲーム序盤に入手可能な拠点について

それぞれの施設には、特定のモンスターの設置コストを軽減したり、ステータスを強化する効果が付与されているものがあります。

以下は、ゲーム序盤で入手可能な4種類の拠点の紹介です。

■堅木のラボ
06_img
07_img
手作りラボを最大Lv.まで強化し、必要な開発素材を入手することで開発可能。

秘密兵器は、手作りラボと同じくオーソドックスな大砲の「手作り大砲改」。

この堅木のラボから、以下3つの拠点の開発に派生していく。

■風車のラボ
08_img
09_img
堅木のラボを最大Lv.まで強化し、必要な開発素材を入手することで開発可能。

秘密兵器は、敵をまとめてノックバック&風属性ダメージを与える「風車サイクロン」。

■ガイコツラボ
10_img
11_img
この中では唯一、バトルで「設計図」を入手しないと開発できない施設。

かつ、堅木のラボを最大Lv.まで強化し、必要な開発素材を入手することで開発可能。

秘密兵器は、スケルトンを1度に3体召喚できる「スケルトン召喚」。

■キノコのラボ
12_img
13_img

堅木のラボを最大Lv.まで強化し、必要な開発素材を入手することで開発可能。

秘密兵器は、効果範囲内のすべての敵を眠らせる「ファンキードリーム」。

スポンサーリンク

アプリ概要

[コンテンツ名] 『ファンタジーラボ』 [ジャンル] 箱庭育成バトルRPG [配信開始日] 2015年10月配信開始予定 [対応OS] iOS、Android※フィーチャーフォンではご利用いただけません [プレイ料金] 基本プレイ無料(アイテム課金型) [公式サイト] http://fanlab.jp/ [公式Twitter] https://twitter.com/fantasylabo [公式Facebook] http://www.facebook.com/fantasylabo [著作権表記] (C)FURYU

<以上、フリュー株式会社の発表より抜粋>

jizen_android

jizen_ios

ライター: 編集部