【FGO】「アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)」の取り扱い説明書! 魔境星5騎界に汎用性を武器に殴り込み!?

いろいろごたごたしましたが、無事(?)水着イベ第2部『デスジェイル・サマーエスケイプ ~罪と絶望のメイヴ大監獄2017~』が開催されました。

同時に、新たな水着サーヴァントもピックアップ。

目玉は当然、星5ライダー「アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)」です。

星5ライダーと言えば、どいつもこいつも強者揃いと知られていますが、彼女はその中に割って入れるのでしょうか?

今回は、そんな「アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)」の性能と、キャラクター性と共にご紹介いたします。

水着イベント第2部ピックアップ召喚バナー

「アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)」ってなにもの?

言わずと知れた『Fate』の顔「アルトリア・ペンドラゴン」のオルタ。本家は冷遇されている感もありますが、オルタは好待遇です。そんな彼女について、伝承とFGOでの活躍をざっくりまとめました。

伝承における「アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)」

イングランドに古くから伝わる『アーサー王伝説』の主人公「アーサー」その人。

選定の剣を引き抜いたことで王としての資質を示した「アーサー」は、魔術師「マーリーン」の後見をうけ、ブリテンの王座につきます。

湖の妖精から聖剣「エクスカリバー」を賜ったり、ローマへ遠征したりと多くの冒険をのりこえながら、名君へと成長していきました。

かの有名な円卓の騎士は、このとき結成されたとされています。

しかし、自身の王妃と円卓の騎士の1人「ランスロット」との不倫を契機に円卓の騎士は崩壊。

息子「モードレッド」までも叛逆し、「アーサー」は窮地に立たされます。

カムランの戦いで「モードレッド」を退けることには成功したものの自身も深手を負うはめに。

最期を覚悟した「アーサー」は湖の精霊に聖剣を返却し、自身は「アヴァロン」へと旅立っていきました。

FGOにおける「アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)」

「アルトリア・ペンドラゴン」が、「この世全ての悪」に囚われた姿。

品行方正な元の容姿から、新宿の路地裏が似合う悪そうな容姿に変化しています。

名君から暴君へと性質も反転し、食の好みも高級嗜好からジャンクフードへと変わりました。

FGOでは、本家の「アルトリア・ペンドラゴン」が冷遇されているのを尻目に、ストーリーやイベントで大暴れ。

序章ではラスボスに、新宿ではパートナーを務めました。

イベントでも何かとコスプレを披露してくれます。

冬はサンタ衣装でしたが、夏はメイド衣装でした。

「アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)」の性能

肝心の性能を見ていきましょう。

アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)

ステータス

クラス ライダー
レアリティ SSR(★5)
最大レベル 90
最大HP 14256
最大ATK 10776
コマンドカード Quick:2枚
Arts :2枚
Buster:1枚
クラススキル 騎乗[B] 自身のQuickカードの性能をアップ
陣地作成[A+] 自身のArtsカードの性能をアップ
道具作成(奇)[EX] 自身のHP回復量をアップ

※HP、ATKは最大値です

スキル

次にスキルの紹介です。

サマー・スイーパー!

効果 自身の攻撃力をアップ(3ターン)
&味方全体のQuickカード性能をアップ(3ターン)
チャージタイム 8ターン

コーチング

効果 味方単体のスキルチャージを1進め
&味方単体のスター発生率をアップ(3ターン)
チャージタイム 8ターン

リローデッド

効果 自身のQuickカード性能をアップ(1回)
チャージタイム 5ターン

宝具:不撓燃えたつ勝利の剣(セクエンス・モルガン)

カード種別 Quick
効果 敵単体に超強力な攻撃【Lv.1~】
&敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)
<オーバーチャージで効果アップ>
+自身のNPを少しリチャージ

雑感

魔境とも呼ばれる星5ライダー界に殴りこんできた超新星。

ステータスはHP特化型で、その最大値はなんと14000を越えてきます。

反面、ATKはライダーワースト2位。

カード性能もパッとせず、NP効率自体も平凡です。

そんな彼女の真骨頂は、スキルにこそあります。

とくに「コーチング」は、スキルのCTを減らす彼女のユニークスキル。

強力なスキルほどCTの長い傾向にあるこのゲーム内で、その恩恵は絶大です。

「サマー・スイーパー!」は、自身の攻撃と全体Qカードバフ。上記に比べると汎用性は劣りますが、Qカード主体のパーティーでは非常に有用です。

残る「リローデッド」は、唯一の自身のみ強化スキル。

1回しか効果が無いためかなり癖が強く、強化倍率も低めですが、最短3Tで再発動可能な回転の速さが魅力です。

宝具は、単体Q攻撃。

自身のバフスキルのおかげで宝具1でもかなり火力が高く、宝具のNPリチャージ効果で凡庸なNP効率を多少なりとも補うことができます。

「アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)」の運用案

「アルトリア・ペンドラゴン(騎オルタ)」のおすすめの運用案をご紹介します。

運用案その① パーティーのメインアタッカー

優秀なスキルを自身のために使用し、パーティーのメインアタッカーとして君臨させる案。

ただし、NP効率と素殴り性能に若干不安が残るため、彼女の性能をフル活用するならライダーの高いスター集中率を活かしたクリティカルパーティーで運用するのがおすすめです。

概念礼装は宝具の初速を高められる「NP50チャージ+α」礼装が鉄板。

該当するのは攻撃全般を底上げできる「ゴールデン相撲」や、宝具とクリティカル威力をピンポイントで補強できる「聖夜の晩餐」など。

スター集中に不安が残るなら「熱砂の語らい」も候補でしょう。

運用案その② パーティーのサポーター

サポート力の高いスキルに目をつけた運用案。

その特性から、特にQカード主体のアタッカーとは大抵好相性です。

ただし、本人の素のスター集中が高すぎるため、アタッカーからスターを奪ってしまう危険が高いのは要注意です。

むしろ完全にサポート特化させるより、アタッカーとサポーターの両天秤の方がうまくいくかもしれません。

最後に特筆点として、宝具にCT減効果のある「玉藻の前」との相性の良さを上げておきます。

2人を組ませることで、スキルの回転が一段高まり、恐るべき速度でスキルを回していけるようになります。

まとめ:ユニークなスキルが魅力のライダー。その癖を使いこなせれば強力です。

単純にアタッカーとして使用すると、直近のイベント報酬の「坂田金時(騎)」と役割が被ってしまいます。

あちらは宝具レベル5の優位性があるため、宝具レベルが低いままだと彼の劣化版になってしまう恐れも。

幸いにして、スキルがどれもユニークかつ強力なので差別化は可能です。

スキルを使いこなせれば星5ライダー界でも十分に通用するポテンシャルを秘めているので、運よくお迎えできた人は大切に育て、試行錯誤してみましょう。

ライター: すらっツ

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新着コメント

  1. 2017年8月19日 12:12 PM

    道具作成EXじゃなくて、単独行動EXの間違いじゃない?

  2. ぷーさん
    2017年8月19日 8:51 AM

    PTが難しいから、初心者や無課金の方は運良く引き当てても、弱くね?現象が起きてしまう……
    Qの新しい可能性を秘めてるけど、もう少し使いやすくても良かった気もする