初心者向け攻略ガイド 3章オケアノスの難敵ヘクトール戦を攻略

現在開催されている復刻:鬼哭酔夢魔京羅生門ショート版はメインシナリオ5章、北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナムをクリアしていることが参加条件になっています。

メインシナリオを進めていることが条件のイベントはこれまでに何度開催されており、今後も増えていくことが予想されます。

そのため、初心者プレイヤーにとってメインシナリオをクリアしていくことは、FGOをフルに楽しみたいのであれば重要なことです。

メインシナリオを進める上で壁となるエネミーは数多く存在しますが、3章で何度も戦うことになるヘクトールはつまづくプレイヤーが多い難敵と言えるでしょう。

今回はそんなヘクトール戦を攻略する方法の例を紹介します。

3章オケアノス ヘクトール戦

ヘクトールの能力

ヘクトールはチャージ数4のランサーとして登場するサーヴァントです。

ランサークラスに有利なセイバークラスのサーヴァントは全て星3以上であり、3章の時点で手持ちに1人もいないことも十分にありえます。

そのため、ガチャ運によってはクラス相性で優位をとりにくく、高いHPを削りきれないというケースも出てくるでしょう。

また、以下のようなスキル・宝具を使ってくる点にも注意が必要です。

友誼の証明

スタン状態の付与とNP減少の効果を持つスキルです。

確定で発動するわけではありませんが使用頻度が高く、味方のサーヴァントを何度も行動不能にされてしまいます。

サポートとしてフレンドの強力なセイバーを連れて行ったとしても、運が悪いと攻撃できずに立ち往生することもあるでしょう。

また、NP減少も宝具を使いにくくなるため、厄介な効果と言えます。

スタン状態によってArtsカードによるNP獲得ができないターンがあることも考えると、宝具を使えないまま長いターンが経過するということもありえます。

不毀の極槍

防御無視と防御力ダウンの効果がある全体宝具です。

回避・無敵スキルは有効ですが、友誼の証明で長期戦に持ち込まれることが多いため、何度も使われる可能性があります。

高HPのセイバークラスであれば耐え切る可能性がありますが、パーティーメンバーがどんどん撃破されて2人以下になってしまうと友誼の証明で行動不能になるターンが増えるため、ジリ貧になりがちです。

ターゲット集中スキルでメインアタッカーを守る

サポート枠でフレンドのセイバーをメインアタッカーとして起用し、ターゲット集中状態を付与するスキルを持ったサーヴァントで友誼の証明から守るという攻略法です。

ターゲット集中状態が切れた後に友誼の証明を受けても宝具を発動しやすくするために、宝具レベル2以上のセイバーを選んでおくとより安定感が増すでしょう。

フレンドポイント召喚で入手できる護衛用のサーヴァントとしては以下のような選択肢があります。

ゲオルギウス

ゲオルギウスは初期段階からターゲット集中スキルを習得しており、メインアタッカーを守ることに適したサーヴァントです。

ターゲット集中スキルには防御力アップ効果も付いているので、友誼の証明だけでなく通常攻撃によるダメージも防げます。

ライダーというクラスの特性上、クリティカルスターを吸ってしまうというデメリットはありますが、メインアタッカーの宝具でダメージを与える戦略ならそれほど気にはなりません。

霊基再臨すればHP回復スキルも習得するので、効果時間3ターンのターゲット集中状態をフルに活かすこともできるでしょう。

ヘクトール戦以外でも使いやすい壁役なので、ある程度育てておいて損はないという点も評価の高いポイントです。

レオニダス一世

レオニダス一世もゲオルギウスと同じく初期段階からターゲット集中スキルを習得しているサーヴァントです。

しかし、効果時間は1ターンと短く、防御力アップ効果もありません。

宝具を使えば3ターンのターゲット集中状態を付与できますが、友誼の証明でNPが減少する可能性があるため、ゲオルギウスと比べるとやや使いづらい印象です。

起用する際はNPチャージを補助する概念礼装を装備させたり、雑魚戦でしっかりとNPをチャージさせたりといった点を意識しましょう。

また、攻撃役をメインアタッカーに限るのであれば、ゲオルギウスと併用するという運用法もあります。

武蔵坊弁慶

武蔵坊弁慶は霊基再臨を1回することでターゲット集中スキルを習得するサーヴァントです。

防御力アップ大の効果が付いているものの、効果時間は1ターンだけで他にターゲット集中状態を付与するスキル・宝具も持ちません。

ただし、怨霊調伏でスキル封印状態を付与して友誼の証明を止められる可能性があります。

レコードホルダーのようなデバフ成功率を上げる概念礼装を所持しているなら、装備させておきましょう。

まとめ:友誼の証明を防げば、無理なく倒せる相手

ヘクトールは強力なエネミーですが、友誼の証明のスタン状態・NP減少からメインアタッカーを守れば無理なく倒せる相手です。

メインアタッカーを守る壁役のサーヴァントさえいれば、フレンドの力を借りて攻略することができるでしょう。

ライター: 編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク