【FGO】種火周回にオススメのサーヴァント紹介

サーヴァントを召喚できたはいいけれど、育成のための種火が足りない!種火集めも大変!始めたばかりのマスターが直面する、育成の壁です。育っていないパーティでは種火集めの腕も十分に難敵、ということは珍しくありません。そこで、今回は種火集めの周回を楽にしてくれるサーヴァントを3騎ご紹介します。

種火エネミー 種火周回にオススメのサーヴァント紹介

ポイントは「全体宝具」「NPチャージスキル持ち」

素早く的確に周回を終わらせるためのポイントは2つあります。
1つは「全体宝具」。対象が敵全体の宝具を持っていることです。種火はそれほどHPも多くないので、単体に比べて威力が低めの全体宝具でも全員撃破が可能です。
もう1つは「NPチャージスキル持ち」であること。マスター礼装である「魔術協会制服」の「霊子譲渡」を使えば単体に20%のNPチャージが可能ですが、始めて間もないマスターはこの礼装を取りに行くのも一苦労ですよね。なので、できればサーヴァント自身でNPをチャージしてもらいたいところです。

圧倒的な周回力のアーラシュ

周回と言えばアーラシュの宝具「流星一条(ステラ)」を最初に挙げる方も少なくないのではないでしょうか。全体宝具にも関わらず威力は「超強力」(全体宝具で唯一!)であり、スキル「弓矢作成」でレベルに応じてNPを20~30%チャージ可能。申し分ない性能です。
ただし宝具には、撃った直後に戦闘不能になってしまうというデメリットがあります。中には「自己退場が可能なので、マスターによる交代スキルなしで後続を出せる」とメリット視する方もいますが、自爆技に抵抗がある…というマスターは運用しにくいかもしれません。
この戦闘不能デメリットは、ガッツ付与をしておくことで避けることもできます。ただし、聖杯転臨をしていない状態での通常攻撃はあまり火力がないので過信は禁物。
☆1の召喚しやすさも魅力です。

アーラシュ ☆1
クラス:アーチャー
Lv60 HP7122 ATK5816
宝具「流星一条」(ステラ)
敵全体に超強力な攻撃<OCで効果アップ>+自身に即死効果【デメリット】
第1スキル「頑健EX」自身の防御力をアップ(3ターン)&毒耐性をアップ(3ターン)CT7
第2スキル「千里眼A」自身のスター発生率をアップ(3ターン) CT8
第3スキル「弓矢作成」自身のNPを増やす&HPを回復 CT8

耐久にも優れたスパルタクス

全体宝具+自己NPチャージスキル持ちのバーサーカーならば、スパルタクスの名前が挙がります。こちらも☆1でフレンドポイント召喚から召喚可能。宝具レベルも上がりやすいので、ATKはそれほど高くありませんが種火を撃破するに足る火力を出してくれます。
また、スパルタクスはバーサーカーながら宝具と第1スキル「被虐の誉れ」及び第3スキル「剣の凱旋」にHP回復の効果があり、実は耐久性に長けたサーヴァント。特に「被虐の誉れ」は毎ターンHP回復状態付与の効果を持ちますが、強化クエストをこなすとHP回復量が跳ね上がります。最大レベルでは毎ターン1500回復、しかもCTは7と素晴らしい性能。ちなみにNPチャージの第2スキル「不屈の意志」にはガッツ付与効果もあり盤石です。
全体宝具サーヴァントが足りないからどうにか通常攻撃で倒したい、けれども種火に押し負けてしまう…そんなマスターに眩しい笑顔で「叛逆」を教えてくれるのがスパルタクスです。とても頼もしいサーヴァントなので、戦力の不足に悩んだ時には彼の力を借りてみましょう。

スパルタクス ☆1
クラス:バーサーカー
Lv60 HP7722 ATK5073
宝具「疵獣の咆哮」(クライング・ウォーモンガー)
敵全体に強力な防御力無視攻撃+自身のHPを大回復<OCで効果アップ>
第1スキル「被虐の誉れB+」(強化後)自身に毎ターンHP回復状態を付与(5ターン) CT9
第2スキル「不屈の意志A」自身にガッツ状態を付与(5ターン)&NPを増やす CT9
第3スキル「剣の凱旋B」自身のBusterカード性能をアップ(1ターン)&HPを回復 CT8

即死効果で相性不利も覆すニトクリス

入手難易度は高くなりますが、ニトクリスは周回にお役立ちのサーヴァントです。OCなしでも五分の確率で即死を付与できる宝具、そしてNP大チャージのスキル「高速神言」がその所以。
第2スキルである「高速神言B」は、レベル1でもなんと60%のNPチャージが可能です。フレンドポイント召喚で入手できる礼装「龍脈」か「宝石剣ゼルレッチ」を最大まで限界突破すれば、あとはこのスキルだけでチャージ完了という優しさ。礼装の入手もコストも間に合わない、とお嘆きのマスターが召喚できたら是非育成をオススメしたい1騎です。
宝具は元々それなりの確率で全体に即死を付与できますが、第1スキル「エジプト魔術A」で更に「自身の即死成功率をアップ(3ターン)&HPを回復」とダメ押しも可能。例え不利なライダークラスの腕が相手でも、即死を付与できれば関係ありません。

ニトクリス ☆4
クラス:キャスター
Lv80 HP11288 ATK9060
宝具「冥鏡宝典」(アンプゥ・ネブ・タ・ジェセル)
敵全体に確率で即死<OCで効果アップ>&強力な攻撃&クリティカル発生率ダウン(3ターン)(強化後)
第1スキル「エジプト魔術A」自身の即死成功率をアップ(3ターン)&HPを回復 CT7
第2スキル「高速神言B」自身のNPをものすごく増やす CT9
第3スキル「天空神の寵愛B」自身にガッツ状態を付与(3ターン)&弱体状態を解除 CT7

NPチャージ礼装を揃えよう

先にご紹介したサーヴァントのうち、ニトクリスは「高速神言」のレベルを8まで上げればスキルのみで102%のNPチャージが可能です。しかし、自己スキルのみでNPを完全にチャージできるサーヴァントはごくごく稀。宝具使用で種火周回のスピードを上げるには、NPチャージ礼装が欠かせません。
ここでは比較的入手難易度が低い礼装をご紹介します。

鉄板は最大で50%チャージの「龍脈」

フレンドポイント召喚で入手できる☆3の礼装、「龍脈」はそのコストパフォーマンスから多くのマスターを助けてくれるでしょう。限界突破前でも30%チャージと中々の性能。「高速神言」スキルレベルを3まで上げたニトクリスなら、限界突破前の龍脈でも十分です。

「龍脈」☆3 自身のNPを30%[最大解放:50%]チャージした状態でバトルを開始する

「宝石剣ゼルレッチ」はNP獲得量アップがポイント

「宝石剣ゼルレッチ」は、バトル開始時のNPチャージ量こそ龍脈に劣りますが、NP獲得量増加で差別化されています。上記でご紹介した中ならば、長期戦にも耐えうるスパルタクスか、Artsコマンドカードの多いニトクリスがオススメでしょう。

「宝石剣ゼルレッチ」☆3 自身のNP獲得量を5%[最大解放:10%]アップ&NPを25%[最大解放:40%]チャージした状態でバトルを開始する

割と入手もしやすい「虚数魔術」は安定

フレンドポイント召喚では入手できませんが、☆4礼装の「虚数魔術」は定番の礼装です。限界突破前でも「カレイドスコープ」に次ぐ高いNPチャージを誇り、限界突破をすれば痒いところに手が届く75%チャージが可能。これは、アーラシュの「弓矢作成」ならばスキルレベル6で、スパルタクスの「不屈の意志」ならばスキルレベル9で100%までチャージできる数値です。

「虚数魔術」☆4 自身のNPを60%[最大解放:75%]チャージした状態でバトルを開始する

まとめ

今回ご紹介したのは特に召喚難易度が低く、かつ相性に左右されにくいサーヴァントたちでした。このほかにもガウェインやナーサリー・ライム、カルナ、アルジュナなどNPチャージスキルと全体宝具を併せ持つサーヴァントは多くいます。カルデアに来てくれたサーヴァントたちのステータスを吟味し、自分なりの最速周回パーティ編成を目指しましょう!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます