【FGO】☆4バーサーカー「ランスロット」の性能を紹介

初期の頃から登場している☆4バーサーカー「ランスロット」。

バーサーカーらしい攻撃力とクリティカルを活かした爆発力が魅力的な彼につてい紹介したいと思います。

ランスロットバーサーカー

★4バーサーカー『ランスロット』

ステータスとコマンドカード

まずは、基本となるステータスとコマンドカードについて解説します。

ステータス

☆4バーサーカー
最大レベル:80
最大HP:10327/最大ATK:10477

ATKは☆4バーサーカーではヘラクレスに次いで2位。
レベル60時点でHP:9138/ATK:9280と高い数値のため、初心者が手に入れても活躍しやすいでしょう。

クラススキル

対魔力 E
自身の弱体耐性を少しアップ

狂化 C
自身のBusterカード性能を少しアップ

コマンドカード

Quick1枚/Arts1枚/Buster3枚

バーサーカーらしい攻撃的なカード構成になっています。
反面、Artsは1枚のみでNP獲得効率は全サーヴァントでも最悪の部類に入ります。
そのため、自分だけではNPを溜めきれないため、礼装などによるフォローは必須です。

ランスロットのスキル

次にスキルを解説します。

無窮の武練 A+

自身にスター集中状態を付与(3ターン)

バーサーカークラスはスター集中度が極めて低いため、クリティカルを狙うのは通常困難です。
しかし、ランスロットの場合は、このスキルがあれば確実にスターを集めることが出来ます。

クリティカル発生時は、獲得NP量も増加するためアーツクリティカルを発生させることである程度NPを稼ぐことが出来ます。
礼装、アーツのどちらかだけではNPを溜めきれないため、宝具使用を狙う場合は積極的にアーツクリティカルを行いましょう。

スキルレベル1の時点で凄まじい効果を発揮するため、スキルレベルを上げる必要はほぼありません。

精霊の加護 A

自身のスター発生率をアップ(3ターン)

基本的には宝具の使用に合わせて使うことになります。
ランスロットは、Quickが1枚のみでスター発生率・数も悪いため通常攻撃にはほぼ恩恵がありません。

こちらも性能とカード構成から考えると、わざわざスキルレベルを上げる価値は薄め。
「魔力逆流」や他サーヴァントのスキルに回した方がいいでしょう。

魔力逆流 A

自身のNP獲得量をアップ(1ターン)&クリティカル威力をアップ(3ターン)
霊気再臨を4段階行った後に挑める「強化クエスト」をクリアすることで獲得します。

自身の短所であるNP効率をフォローし、長所であるクリティカルを強化できる優良スキル。
ステータス的には70未満でも強いランスロットですが、このスキルのためにも4段階まで進めましょう。

前述の通りアーツクリティカルであれば、ある程度のNPを稼げるため、このスキルと組み合わせて積極的に狙いましょう。
しかし、それでも十分なNPを稼げるとは言い難いため、単なるクリティカル増強スキルと見てもいいでしょう。
「無窮の武練」のお陰で、スターさえあればクリティカル発生は容易です。

アロンダイトは置いてきた『騎士は徒手にて死せず』

次にランスロットの宝具を紹介します。

性能と効果

Quick属性
自身の攻撃力をアップ(3ターン)+敵全体に強力な攻撃

攻撃力アップの効果は、オーバーチャージで増加します。

使用後はクリティカルを狙おう

Quick属性かつ多段ヒット全体攻撃宝具のため、かなりのスターを獲得することが出来ます。
そのスターを「無窮の武練」で集めて「魔力逆流」で強化したクリティカルで攻撃というのが理想的な流れです。

攻撃前に攻撃力アップのバフがかかるため、ブレイブチェインをすると少しお得。
宝具チェインの最後尾に置くのもいいですが、スターを稼ぐ場合は敵が少ないとヒット数が減ることに留意しておきましょう。

相性のいいサーヴァント・礼装

ランスロットを運用する方針として「宝具型」「クリティカル型」の二つが挙げられます。
宝具型の場合は、NPを補助する礼装やサーヴァントを。
クリティカル型の場合は、クリティカル強化やスター供給礼装を装備させましょう。

カレイドスコープ

☆5礼装。
自身のNPを80%チャージした状態で戦闘開始。

定番のNP補助礼装です。80%溜まっている状態であれば、アーツチェイン一回で済みます。
「虚数魔術」や「ハロウィン・プリンセス」ではNPを溜める前に死んでしまうことが多いため、それらで妥協は厳しいところです。
一応、諸葛孔明やエレナのように味方のNPを増やすサーヴァントを編成すれば、カレイドスコープでなくとも実用できます。

2030年の欠片

☆5礼装。
自身に毎ターンスター獲得状態(8個)を付与。

これはランスロットにではなく、他の味方に装備させたい礼装になります。
ジャック・ザ・リッパーのように攻撃でスター供給しようとすると、稼いだスター、配布されるカードなど安定しない要素が増えるため、確実に一定のスター供給する礼装は心強いでしょう。

同様の理由で、スター供給役サーヴァントは「無辜の怪物」「直感」などカード状況に縛られずスターを獲得できるサーヴァントが適していると言えます。

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます