【FGO】「復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く」開催中!「第五の扉・月光無情」「第六の扉・復讐するは――」を攻略!(※1月30日更新)

「Fate/Grand Order(FGO)」では、2月8日13時59分まで、期間限定イベント「復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く」開催中です

今回は「第五の扉・月光無情」「第六の扉・復讐するは――」を攻略します。

1月29日「第五の扉・月光無情」

このクエストは、1月29日0時より、「第一の扉」~「第四の扉」をクリアしていると開放されます。

復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く 第五の扉・月光無情

復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く 第五の扉・月光無情

「第五の扉」の推奨レベルは80です。

「第五の扉」の推奨レベルは80です。

このクエストの推奨レベルは80です。

味方のパーティ編成は?

クエストの敵編成は、ランサー(槍)・アサシン(殺)・バーサーカー(狂)です。

敵の相性に合わせて、セイバー(剣)・キャスター(術)のパーティ編成にしましょう!

クラス相性が良いと、推奨レベルより下でも余裕で戦えます

BATTLE1

第五の扉・月光無情 BATTLE1

第五の扉・月光無情 BATTLE1

ここではホムンクルス系(槍)が2体登場します。

HPは高くないので、うまくいけば1ターンで倒せます!

BATTLE2

第五の扉・月光無情 BATTLE2

第五の扉・月光無情 BATTLE2

ホムンクルス(槍)1体キリングドール(殺)2体が登場します。

キリングドールは3ターンでチャージが溜まり、強力な単体攻撃を仕掛けます。まずはキリングドールから倒すことをオススメします。

BATTLE3

第五の扉・月光無情 BATTLE3

第五の扉・月光無情 BATTLE3

最後はプロトホムンクルス(槍)2体、「暴食の具現」ことカリギュラ(狂)が登場します。

プロトホムンクルスは4ターンでチャージが溜まると、HP回復スキルで敵全体のHPを回復させる
ので注意です。

カリギュラは自身の攻撃力をアップ&防御力をダウンさせるスキルを使います

また、カリギュラの宝具は味方全体のスキルを封印状態&宝具封印状態にするものです。宝具やスキルは封印される前に使いましょう!

ドロップアイテム

第五の扉・月光無情 ドロップアイテム

第五の扉・月光無情 ドロップアイテム

ここでは「ホムンクルスベビー」が大量にドロップします!

1月30日「第六の扉・復讐するは――」

このクエストは、1月30日0時より、「第一の扉」~「第五の扉」をクリアしていると開放されます。

復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く 第六の扉・復讐するは――

復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く 第六の扉・復讐するは――

「第六の扉」の推奨レベルは85です。

「第六の扉」の推奨レベルは85です。


このクエストの推奨レベルは85です

味方のパーティ編成は?

このクエストの敵は、術・ライダー(騎)・ルーラー(裁)の3クラスが登場します。

裁の2騎対策のため、アヴェンジャー(エドモン・ダンテス)は後に配置しておくと便利です。

味方のパーティは、騎・殺・アヴェンジャー(讐)・狂が良いでしょう。

裁対策の讐が手持ちにいなければ、狂で代用できます

裁も厄介ですが、今回のボスキャラはBATTLE2に出てくる「ワイバーンオリジン」(騎)といっても過言ではありません。

無敵スキルを持っており、毎ターン使うこともあるので、無敵貫通スキルや無敵貫通できる宝具を持つサーヴァント、概念礼装があると便利です!

「両儀式(殺)」はクラス相性が良く、無敵貫通スキルもあり、ワイバーンオリジンに対し即死効果がある(確率)のでオススメです。

無敵貫通できるスキル・宝具・概念礼装

  • 無敵貫通スキル・・・「エドモン・ダンテス」(アヴェンジャー)「両儀式」(剣)「両儀式」(殺)「スカサハ」(殺)「フランシス・ドレイク」(騎)、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」(術)、「宮本武蔵」(剣)、「エミヤ〔アサシン〕」(殺)、「イシュタル」(弓)」※80%の確率で発動、「神槍 李書文」(槍)
  • 無敵貫通宝具・・・「ヴラド三世〔EXTRA〕」(槍)
  • 概念礼装・・・「起源弾」「首切りバニー2016」(イベント限定礼装)

BATTLE1

第六の扉・復讐するは―― BATTLE1

第六の扉・復讐するは―― BATTLE1


ここではワイバーンエビル(術)が3体登場します。

特に変わったスキルも使わないので、NPを溜めながら倒しましょう。

BATTLE2

第六の扉・復讐するは―― BATTLE2

第六の扉・復讐するは―― BATTLE2

BATTLE2では「ワイバーンオリジン」(騎)が登場します。

ワイバーンオリジンの無敵スキルに気をつけよう!

「第六の扉」ワイバーンオリジンの使う無敵スキル対策をしよう!

「第六の扉」ワイバーンオリジンの使う無敵スキル対策をしよう!

前述の通り、ワイバーンオリジンは無敵スキルを毎ターン使うことがあり、この対策ができないと、とても苦戦します

「必中」は回避対策のものなので、無敵状態の相手には無効です。

開幕と同時に攻撃力をアップさせた殺や狂で宝具を撃つ開幕と同時に相手をスタン状態にさせるスキルがあれば使って、早めに倒しましょう。長引けばその分不利になります。

また、こちらのArtsカードの攻撃力をダウンさせる(単体対象)スキルも使います

BATTLE3

第六の扉・復讐するは―― BATTLE3

第六の扉・復讐するは―― BATTLE3

BATTLE3では、天草四郎(裁)とジャンヌ・ダルク(裁)が登場します。

裁は、狂・裁・シールダー(盾)以外のクラスからの攻撃が軽減し、讐・狂クラスからの攻撃が増加します。

天草四郎は宝具使用時に味方にかかっていた強化状態(攻撃・防御力アップ、回避、無敵、ガッツ、クリティカル威力アップなど)を解除して、攻撃します(概念礼装の効果は除く)

その上、チャージを1増やすスキルも使用するので、宝具を撃たれる前に讐・狂クラスで集中攻撃しておきましょう。

ジャンヌ・ダルクは1ターンスタン状態にするスキルを使用しますが、攻撃力が高くなく、宝具は回復・無敵効果のみなので、倒すのは後回しにしてよいです。

ドロップアイテム

第六の扉・復讐するは―― ドロップアイテム

第六の扉・復讐するは―― ドロップアイテム

ここでは「叡智の猛火」と「竜の牙」が大量にドロップします。

宝具は惜しみなく使おう!

上級者なら「宝具を使わずプレイ」「★3以下でプレイ」なども可能ですが、とにかくクリアしたい! という方は、宝具は惜しみなく使うようにしましょう。

どのクエストも、BATTLE2以降に難易度が急激に上がる傾向となっています。

BATTLE2以降は、特にHPが残りわずかなサーヴァントから優先的にスキル・宝具を使っていきましょう! スキル・宝具を使わずに倒されるのはもったいないです!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます