【オセロニア】毒を1.36倍にしてくれるリーダースキル持ちの闘化がおすすめ!「諸葛亮」の進化と闘化の性能を解説&評価!

2017年5月に新しく登場した期間限定イベント「絶望!諸葛亮」。

毒ダメージ量を上げてくれるスキル持ちである進化とカウンタースキルを持っている闘化があります!

全く違った性能を持った進化と闘化どっちがいいのか悩みますよね。

今回はそんな「諸葛亮」の性能ステータスやスキル・コンボスキルの性能について見て行きたいと思います!

諸葛亮

諸葛亮
諸葛亮

属性
レア度 S
三国印
コスト 30
使用制限 1
声優 三宅貴大
HP 1588
ATK 1227

【スキル】 天下三分之計
「オーラ:この駒がリーダーで手駒にある間発動し、自分の毒スキルのダメージが24%上昇する。」(スキルLv.MAX)

【コンボスキル】 水魚の交わり
「[リンク]マス変換:自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていると発動できる。盤面の通常マスをランダムで2個敵用のダメージBマスに変換する。」(スキルLv.MAX)

[時勢を識る伏龍]諸葛亮

[時勢を識る伏龍]諸葛亮
進化諸葛亮

属性
レア度 S+
三国印
コスト 30
使用制限 1
声優 三宅貴大
HP 2194
ATK 1562

魔属性のS+駒のキャラとして「2194」という高いHPを持っています!

そしてATKが「1562」こちらも高い値となっています!

どちらもステータスは高いですが、カルディア同様にコストが「30」となっています。

編成する際にはコストに注意する必要があります。

ステータス自体はかなり優秀と言えますね!

スキル性能・効果:天下三分之計

スキル性能:スキルLv.MAX
オーラ:この駒がリーダーで手駒にある間発動し、自分の毒スキルのダメージが36%上昇する。

進化時のスキルである「天下三分之計」。

効果としては「自分の毒スキルのダメージが36%上昇」というものになっています。

さらに優秀なのが「この駒がリーダーで手駒にある間発動」という発動条件ですね!

毒デッキを扱っているプレイヤーとしては見逃せないキャラでしょう!

このキャラをリーダーにしていると「アズリエル」の場合総ダメージ量が、

1400 × 3 × 1.36 = 5712

とかなりダメージ量が上がります!

これは相手側からするとかなりの脅威となるスキルでしょう!

コンボスキル性能・効果:水魚の交わり

スキル性能:スキルLv.MAX
[リンク]マス変換:自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていると発動できる。盤面の通常マスをランダムで4個敵用のダメージBマスに変換する。

進化時のコンボスキルである「水魚の交わり」。

効果としては「通常マスをランダムで4個敵用のダメージBマスに変換」という変換スキルとなっています。

このスキルは敵用なので高HPになりがちな神属性相手の時に大きな役割と果たしてくれますね。

また、発動条件が「デッキに魔駒が10枚以上」となっていますが、スキル敵に魔属性中心の毒デッキになると思うので特に問題はありません。

さらに、このキャラはリーダースキル持ちなので基本的には盤面に出すことはないので、コンボスキルを使う機会も少ないでしょう!

『[時勢を識る伏龍]諸葛亮』の進化素材

素材名 個数
マナストーン 1
トパーズ 3
ムーンストーン 3
天界のくさび 3

[天下の大軍師]諸葛亮

[天下の大軍師]諸葛亮
闘化諸葛亮

属性
レア度 S+
三国印
コスト 30
使用制限 1
声優 三宅貴大
HP 2194
ATK 1562

ステータスは進化時のものと同じ値になっています。

スキル性能・効果:軍勝・八卦之陣

スキル性能:スキルLv.MAX
カウンター:この駒がひっくり返された時に発動する。受けた通常攻撃ダメージの200%のダメージを相手に与える。

闘化時のスキルである「軍勝・八卦之陣」。

効果としては「通常攻撃ダメージの200%のダメージを相手に与える」というカウンタースキルとなっています。

通常攻撃ダメージのみのカウンターですが通常攻撃を2倍にして返すという強力な性能となっています。

竜属性キャラの攻撃を返せればかなり強力なダメージを返すことができますね。

このキャラは罠ではなくカウンターなのでひっくり返された時に発動するので、相手のバフ系コンボスキル持ちキャラの横に配置するなどして確実にダメージ量が上がるマスに配置しておきたいキャラです。

コンボスキル性能・効果:出師の表

スキル性能:スキルLv.MAX
[リンク]吸収:自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていると発動できる。相手HPを1500吸収し、自分のHPを回復する。

闘化時のコンボスキルである「出師の表」。

効果としては「相手HPを1500吸収し、自分のHPを回復」という吸収スキルとなっています。

吸収スキルとしての回復量も大きく、耐久デッキにも編成するのもいいでしょう!

発動条件として「デッキに魔駒が10枚以上」となっているので、魔デッキへの編成が基本となりますね。

魔デッキであればコンボさえしてしまえば攻撃回復をできる吸収スキルは使いやすいので優秀ですね。

『[天下の大軍師]諸葛亮』の闘化素材

素材名 個数
張遼 2
曹丕 2
許褚 2

進化と闘化どっちがいい?

毒ダメージの火力を上げてくれる毒バフスキルを持っている進化の「[時勢を識る伏龍]諸葛亮」と高倍率のカウンターを持っている闘化の「[天下の大軍師]諸葛亮」!

どっちがオススメかと言われれば、進化の「[時勢を識る伏龍]諸葛亮」でしょう!

もちろん使い道が違うのでどちらとも言えませんが、毒デッキの性能を底上げしてくれるリーダースキルを持っている進化は優先してスキル上げをしておきたいキャラですね。

進化の方はスキル上げが4必要なのでそれなりの周回数が必要になりますが、苦労するだけの性能ではあるので是非スキルレベルMAXにして使っていきたいですね!

ライター: yurarilen

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。