【オセロニア】新キャラ情報&評価!1.4倍バフに貫通付与の時限スキル持ちの竜属性Sキャラ「レヴメナス」の性能!!

逆転オセロニアにまた新たなキャラが追加されます!

2017年5月19日から開催される【強駒パレード】に新たに竜属性Sキャラである「レヴメナス」が追加されます!

景光同様に1枚返しのスキルを持っていて発動条件が緩いスキルを持っている進化とノクタニアのような1ターン後発動の時限スキル持ちの闘化!

今回はそんな「レヴメナス」のステータスやスキル・コンボスキルについて見ていきたいと思います。

[星辰の双玉]レヴメナス

[星辰の双玉]レヴメナス
進化レヴメナス

属性
レア度 S+
闘士印
コスト 20
使用制限 1
声優 吉田麻実
HP 1532
ATK 1670

進化のステータスは竜属性のS+キャラとしてHPは「1532」という平均的な値となっています。

また、ATKは「1670」で高い値となっています。

ステータスだけを見てみると攻撃的なキャラとして優秀なステータスを持っていると言えます。

スキル性能・効果:深遠なる双玉

スキル性能:スキルLv.MAX
[貫通]攻撃力アップ:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.9倍になる。このターン与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。

進化時のスキルである「深遠なる双玉」!

効果としては①「通常攻撃が1.9倍になる」+②「相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない」という2つの効果を得られます。

①の効果によってバフなし状態の単体火力が、

1670 × 1.9 = 3173

となります。

そして②の効果によって貫通スキルとなるので、上の火力を確実に与えることができます。

しかし、発動条件として「1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動」となっているのがネックになりますね。

竜属性として短期決戦向けのスキルではありますが、同条件を持った「[竜将]景光」と比べると火力も落ちてしまいます。

ただ、初手に出したい場合には、相手が罠を張ってきた時に貫通のメリットが大きく効いてくるでしょう。

コンボスキル性能・効果:歪み正す星辰

スキル性能:スキルLv.MAX
攻撃力アップ:2枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が2倍になる。

進化時のコンボスキルである「歪み正す星辰」。

効果としては「通常攻撃が2倍になる」というコンボスキルで発動条件として「2枚ちょうどひっくり返せるマスで発動」となっています。

これも「[竜将]景光」と同様のコンボスキルとなっています。

発動条件も同じなので、X打ちを駆使して使っていきたいコンボスキルとなっていますね。

『[星辰の双玉]レヴメナス』の進化素材

素材名 個数
マナリング 1
ダマスカスリング 3
エレクトラムリング 3
マナの書 1

[闘諍の調停者]レヴメナス

[闘諍の調停者]レヴメナス
闘化レヴメナス

属性
レア度 S+
導師印
コスト 20
使用制限 1
声優 吉田麻実
HP 1630
ATK 1748

ステータスは進化時に比べてHPが「1630」と高くなっています!

さらにATKも上がり1700オーバーの高い値となっています。

竜属性S+キャラの中でも高いステータスを持っていて優秀と言えます!

スキル性能・効果:対なる無尽の力

スキル性能:スキルLv.MAX
[時限]発動した1ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。[貫通]攻撃力アップ:このターンの間、自分の竜駒のATKが1.4倍になる。さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。

闘化時のスキルである「対なる無尽の力」。

効果としては①「自分の竜駒のATKが1.4倍」+②「相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない」というバフ+貫通を付与する時限スキルとなっています。

同様のスキルを持ったキャラに「ノクタニア」がいます。

ノクタニアの場合は、1ターン後1.6倍という貫通なしの時限スキルとなっています。

ノクタニアの場合は、ノクタニア自身のコンボスキルを発動されない限り「防御」や「罠」で多少の対策を打つが可能でした。

そのことから考えると、倍率は少し下がってしまうものの、デバフ以外で対策が打てなくなっているスキルになっているのが「[闘諍の調停者]レヴメナス」のスキルです!

ほぼ対策不可能な無条件貫通はかなり強力ですね!

コンボスキル性能・効果:調停の波動

スキル性能:スキルLv.MAX
攻撃力アップ:自分のHPが減少するほど通常攻撃が上昇し、最大で2倍になる。

闘化時のコンボスキルである「調停の波動」。

効果としてはHPの減少度合いに応じて倍率が上がり「最大で2倍になる」という高倍率のバフ系コンボスキルです。

スキル使用後のターンにコンボすることができれば、最大倍率「2.8倍」とかなり強力な倍率となってくれます!

『[闘諍の調停者]レヴメナス』の闘化素材

素材名 個数
太母竜・テレジア 2
アルフェッカ 2
ウルガルド 3
プルプレウス 4

進化と闘化どっちがいい?

超駒パレードより新しく追加された「レヴメナス」!

進化は景光と同様に初手などに相手のHP削りにもってこいのスキルとなっている「[闘諍の調停者]レヴメナス」とノクタニアに似たスキル性能を持っている闘化の「[闘諍の調停者]レヴメナス」!

どちらが優秀かと言われれば間違いなく闘化の「[闘諍の調停者]レヴメナス」でしょう!

ノクタニア以上に対策が難しくなっている上、倍率1.4倍に確定貫通スキル付与はかなり強力ですね。

「ノクタニア」と「レヴメナス」どちらの方が使い勝手がいいかは手持ちキャラにもよるかと思います。

最近では貫通スキル持ちキャラも多く「ダウスタラニス」や「ベルーガ」、「レグス」など竜属性フィニッシャーとして使える貫通スキル持ちSキャラがいる場合には「ノクタニア」で十分かと思います。

ただ、貫通スキル持ちのフィニッシャーなどがいない場合には今回の「レヴメナス」を編成して使うと竜デッキの幅が広がると思います!

ライター: yurarilen

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。