【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】『HISTORY OF MASTER DRAGON 天を翔ける黄金竜』イベントボス攻略ドラクエ5編まとめ!

『HISTORY OF MASTER DRAGON 天を翔ける黄金竜』という大型のイベントが開始して数日たちますね。

5/21に第2弾が解放されました。

次に進むためには初級から伝説級までドラクエ5のミルドラースを倒さない限りは先に進めません。

この記事ではそこを突破するために役に立つ情報をお届けします。

【天を翔ける黄金竜イベント】ミルドラース

【天を翔ける黄金竜イベント】ミルドラース

ミルドラース第一形態の弱点や行動パターン

まずは敵の弱点や行動パターンから知っておく必要があります。

こいつもまた新たに使ってくるスキルを持っているのでしょうか?

※行動パターンは難易度が高い伝説級をもとにしています。

ミルドラース第一形態の弱点と耐性表

属性効果
メラ△いまいち
ギラ〇等倍
ヒャド〇等倍
バギ◎抜群
ジバリア◎抜群
ドルマ△いまいち
イオ△いまいち
ディン〇等倍
炎ブレス△いまいち

前のドラクエ5イベント同様、バギ属性が弱点です。

魔王を自称する割には、強風とかに弱いのかな?

とにかく稲妻烈風斬などのバギ属性スキルを基軸に攻めていきましょう。

なお、火力が高ければ彗星斬りなどの無属性攻撃で攻めても問題はありません。

ミルドラース第一形態の行動パターン

攻撃名効果攻撃方法
通常攻撃味方1人に物理ダメージ通常行動
自動回復毎ターンHP300ずつ回復通常行動(冒頭のみ)
仲間を呼ぶお供を2体呼び出す通常行動(2体とも死んだ場合にのみ発動)
こごえるふぶき味方全体に氷ブレスダメージスキル攻撃
メラゾーマ味方1人にメラ属性呪文ダメージスキル攻撃
絶え間なき業火味方全体に炎ブレスダメージスキル攻撃(HP赤ゲージのみ使用)
魔界の洗礼味方全体の守備力、息耐性、呪文耐性を2段階ダウンさせるゲージ変化攻撃(HP黄色ゲージで使用)
かがやくいき味方全体に氷ブレスダメージゲージ変化攻撃(HP赤ゲージで使用)

見た目上、前と行動パターンは変わりませんが現時点で判明していることは、最初のスキル攻撃に必ずしもこごえるふぶきを選択しないということです。

以前なら必ずそうなっていましたが、今回は最初にメラゾーマをスキル攻撃として選択する場合があります。

仮にメラゾーマを喰らっても4人のうちの誰かなのでパーティー全体では被ダメージが前より低くなるということになります。

ミルドラース第二形態の弱点や行動パターン

こちらも同じく弱点や行動パターンから知っておく必要があるのでご覧ください。

※行動パターンは難易度が高い伝説級をもとにしています。

ミルドラース第二形態の弱点と耐性表

属性効果
メラ△いまいち
ギラ△いまいち
ヒャド〇等倍
バギ◎抜群
ジバリア◎抜群
ドルマ△いまいち
イオ△いまいち
ディン〇等倍
炎ブレス△いまいち

はっきり言って第一形態とあまり変わりません。

故に弱点も変わらずバギ属性のままです。

よくルビスの光を持っていっている人を見かけますが、イオ属性はあまり効かないのでコンボの手助けするための発動スキルとしてアシストしましょう。

ミルドラース第二形態の通常行動一覧

行動名効果
通常攻撃×2味方いずれかに物理ダメージ×2
デステイル味方全体に物理ダメージ

通常行動自体は大したことはありませんが、特に守備力が低い人は要注意です。

ミルドラース第二形態それ以外の行動パターン

攻撃名効果攻撃方法
イオナズン味方全体にイオ属性呪文ダメージスキル攻撃
しゃくねつ味方全体に炎ブレスダメージスキル攻撃
マホカンタ自身を呪文反射状態にするスキル攻撃
通常攻撃×2味方いずれかに約50物理ダメージ×2割り込み行動
いてつくはどう味方全体の良い効果を打ち消す割り込み行動
デステイル味方全体に物理ダメージ割り込み行動
ルカナン味方全体の守備力を1段階下げる割り込み行動
めいそう自身のHPを999回復割り込み行動
イオグランデ味方全体にイオ属性呪文ダメージゲージ変化攻撃(HPゲージが黄色になった時)
激怒&終焉へのいざない攻撃力と守備力が2段階上昇、その後に味方全体にダメージ+幻惑状態+封印状態ゲージ変化攻撃(HPゲージが赤になった時)

新しく登場した技、終焉へのいざないを使用してきます。

これは魔王たる威厳を見せつけるために奴が編み出したのでしょうね。

実際に喰らうとダメージはもちろん、幻惑状態と封印状態にもしてきます。

ここで態勢を立て直せないと、全滅してしまうことがあるので、これを使用される前に奴のHPをできるだけ削っておく必要があります。

ミルドラースそれぞれの形態の効果的な倒し方

まず、第一形態はキラーマシンを無視してひたすらミルドラースだけを狙いましょう。

最低限のバフをかけてから戦いに臨みましょう。

戦うにあたってゲージ変化攻撃である魔界の洗礼は避けられません。

それでもバイキルトをかけて、コンボをつないで弱点属性スキルで攻めれば、ゲージ変化攻撃のかがやくいきを喰らわずに済みます。

問題は第二形態です。

こいつと戦うにあたって、まず必要なのは呪文無効盾ですね。

そしてパーティーに海賊が必須です。

なぜかというと、第一形態の時に魔界の洗礼を浴びて守備力やブレス耐性が下がっていた場合、それを元に戻すために荒波の舟歌が必要だからです。

第二形態でいてつくはどうを使ってはくるものの、パーティーがデバフの状態で奴と戦うこと自体危険なのです。

つまりデバフを解消することが必須ということです。

呪文無効盾で奴のゲージ変化攻撃のイオグランデを防いだとしても、その後の奴が使ってくるゲージ変化攻撃の新技がとても厄介です。

それは終焉へのいざないです。

上記で紹介しましたが、これを喰らうと固定ダメージ+幻惑状態+封印状態にされてしまいます。

幻惑の状態になってもロトの兜☆を装備して攻撃呪文なら…、いや考えが甘いです。

だった奴はマホカンタの状態ですよ。

天空の波動を使ってもいいですが、その補助特技Aのスロット自体もったいなく感じますから。

なら対策はこれしかありません。

そう、竜巻しょうかんです。

しかもこれがあれば弱点であるバギ属性をうまく突いているわけで、味方全体の幻惑状態を解除してくれるので、一気に態勢を立て直すことができるのです。

竜巻しょうかん後は他の弱点属性スキルや無属性物理攻撃スキルで攻めまくりましょう。

そうすれば倒せます。

つまり、第二形態は海賊がいて呪文無効盾があったうえで、できれば竜巻しょうかんをもっているプレイヤーがいれば勝率が高くなるのです。

おすすめのたべもの

対ミルドラース戦に欠かせないのはやはりスライムポテトセットでしょう。

その中で特に有効な氷ブレスダメージ10%減炎ブレスダメージ10%減守備力ダウン耐性60%アップが含まれているからです。

うんのよさ+60もつくのでイベント装備を手に入れて、早く完凸させたい思惑もある人はこれが一番理にかなっています。

また守備力をどうしても下げられたくなければ、守備力ダウン耐性90%アップの効果があるスライムアイスセットという手もありますよ。

ライター: sc

星ドラ歴1年以上になるscと申します。 星ドラ以外にもFFRKをプレイしておりました。 余談ですが、マリオの横スクロールゲームも好きです。 今後お見知りおきを!

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。