【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】古代文明ラーダの秘宝イベントボス攻略!古代文明の超兵器を破壊せよ!

5/9から新しく古代文明ラーダの秘宝というイベントが始まりました。

早速ボスに苦戦しているかたもいることでしょう。

今回は一番最後に登場する「古代文明の超兵器」というボスについて解説してきます。

皆様の役に立つのであれば幸いです!

【古代文明ラーダの秘宝イベント】古代文明の超兵器

【古代文明ラーダの秘宝イベント】古代文明の超兵器という名前のボス

古代文明の超兵器の弱点や行動パターン

まずは敵の弱点や行動パターンから知っておく必要があります。

※行動パターンは難易度が高い伝説級をもとにしています。

古代文明の超兵器の弱点と耐性表

[table id=1058 /]

やはり機械ゆえにディン属性が弱点ですね。

単体で出現するのでギガソードギガブレイクなどが有効です。

もちろん、レイドイベントで活躍したギガストラッシュ超ギガスラッシュでもかまいません。

呪文であればギガディンは必須ですが、メラ属性が等倍なのでメラゾーマを持っていっても問題はありません。

古代文明の超兵器の行動パターン

[table id=1059 /]

割り込み行動とっても通常攻撃なので、始めのうちはあまり痛くありません。

ただ、コンボが途切れることに変わりはないので、うまくディン属性攻撃を連荘で喰らわせられるかがカギとなります。

古代文明の超兵のHPゲージ変化攻撃一覧

[table id=1060 /]

最後のゲージ以外、追憶の力というものを使ってきます。

これはドラクエ5などで登場する呪文のパルプンテと同じイメージです。

そして、カウントダウンを敵が使って来れば、通常攻撃をしなくなります。

でも、こちらもコンボダメージを与えづらくなるので、弱点属性のスキルを放ちまくって一気に倒すしかありません。

古代文明の超兵器の効果的な倒し方

開幕でピオラをかけたり、たたかいの歌を使ってバフをかけておきましょう。

奴はいてつくはどうを使用してこないので、こういったやり方が有効です。

ひたすら弱点属性のスキルを使って攻めましょう。

あまり時間をかけすぎると、超(スーパー)ラーダ砲を喰らってしまうので、火力が高いパーティーならスキル攻撃でそれを受けずに最後のゲージのカウントダウンまで持ってこれます。

もし喰らってしまったら、ベホマラーなどの全体回復できる何かをしておきましょう。

また、攻撃呪文で攻める人は奴にディバインスペルをかけてやりましょう。

実は有効です。

そして最後のカウントダウンに入れば、上記で少し紹介しましたが、通常攻撃をしなくなるのでひたすらスキルを使いまくって倒しましょう。

これらの対策をすれば奴を鉄くずにしてやれますよ。

オススメする食べ物やどうぐ

これはソロプレイとマルチプレイで挑む時とで対応が分かれてきます。

ソロプレイで挑む時

食べ物を1個しか持っていけないのがつらいところですね。

なので、防具やアクセサリーである程度カバーするしかありません。

ソロプレイの場合でボスに挑めば最低でも1回は超(スーパー)ラーダ砲を喰らうことになるでしょう。

なので、持っている方ははぐメタの兜や黒刃のよろい上などのイオ属性ダメージ軽減の防具を用意しましょう。

混乱対策については防具で何とかするよりも食べ物でカバーしましょう。

おすすめなのが、ショートケーキですね。

道具に関しては、混乱を治すために天使のすず天使のなみだを持っていくといいでしょう。

私ならHP回復の効果もある天使のなみだの方がいいですね。

あとはいつも通りといってはなんですが、万が一死んでしまった時のためにせかいじゅの葉を持っていくといいでしょう。

他の枠としては、道中の敵に対する対抗策としてマヒ対策に便利なきつけそうがうってつけですね。

マルチプレイで挑む時

マルチプレイで挑む場合はスライムケーキセットで挑むといいでしょう。

ボス戦の前に守備力を下げてくる敵が一部いるので守備力ダウン耐性40%アップがあるのは大変いいことです。

あとは回復魔力+10ってところですかね。

この食べ物の持ち合わせで最大の効果がついてくるものといえば、混乱耐性60 %アップです。

なぜかというと、超(スーパー)ラーダ砲で混乱を付与させてくるからですよ。

混乱状態になると、パーティー全体が崩されてしまうので全員混乱状態になってしまったらピンチというほかありませんよ。

もしくは、パンケーキ及びショートケーキだけの混合編成でも構いません。

その組み合わせで行くと、致命傷となる混乱の耐性を72~96%ぐらいまで上げてくれるわけですからね。

記事の続き版はこちら→『古代文明ラーダの秘宝イベントボス攻略!古代文明の超兵器を破壊せよ!追撃編!』をご覧ください。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます