【パズドラ】優秀な根性対策!追加攻撃(追い打ち)の覚醒スキル持ちのキャラクターはこう使おう!

根性持ちのキャラクターへの対策として活躍している「追加攻撃」の覚醒スキルを持つキャラクター達ですが、今回はそんなキャラクター達個々のどのようなパーティーで活躍できるのかを考察していきたいと思います。

ヴェルダンディ

引用元:https://pad.gungho.jp/member/sinka/powerup/170528.html

意外と少ない!追加攻撃の覚醒スキルを持つキャラクター

追加攻撃の覚醒スキル自体が、まだ実装されて時間が経っていないこともありますが、このスキルを持つキャラクターは現在7種類しかおらず、入手方法も限られた方法のみでしか手に入りません。
闇属性が主属性のキャラクターで追い打ちスキル持ちは現在実装すらされていないので、今後に期待と言ったところでしょう。

火属性のキャラクター

火属性のキャラは2体のみです。それでも他の属性よりは多いので、どちらも持っている人は選択肢が増えますね。

刻火の時女神・ウルド

ウルドはゴッドフェス限定のモンスターですが、☆5である為入手は他のキャラクターに比べて低くはないので、追い打ちスキル持ちが欲しい人、火属性をメインで使用している人は1体は持っておきたいキャラクターとなっています。

自身のスキルは火・水・回復の3色陣のスキルの為、追い打ちの覚醒スキルとは非常に相性が良い。

火属性単体の属性パーティーではスキルと共に活躍してくれる。

欠点はバインド耐性がない事と副属性がない点、多色パーティーでの採用は自身の陣スキルが活かせないという事が起こってしまうので、
多色パーティーでの運用を考える場合はスキルをアシストしよう。

7コンボ強化を持ち、陣スキルという事もありコンボ系のリーダーとも相性が良く、陣も光と闇を生成しないため、マキナ系のような光と闇を長時間吸収し、相手の攻撃力も高い場合の敵にも対応できるのは強みと言える。

ディノバルド

ドラゴンと攻撃タイプの攻撃力を2倍にし、右から2番目の縦1列を火ドロップに変換できるキャラクターです。

エンハンスと変換が使え、さらに操作時間延長スキルを3つもつのでエンハンス兼追い打ち役、操作時間延長役としても使えるキャラクターですが、入手用途がモンハンコラボのみで、このモンハンコラボガチャは石が10個消費という点がネック。

また、火ドロップ生成は場合によっては追い打ちスキルを発動させるために必要な回復を消してしまう可能性もあるので、状況に応じてメリットにもデメリットにもなる。

ウルドとは違い盤面の全てを変換できるわけではないが、ネイのように闇と火が必要になる場合、盤面次第ではあるが回復を縦に組みつつ倍率を出すことは可能なので、火のネイを使用している場合は差別化は十分に出来ると考えてよい。

水属性のキャラクター

水属性も2体です。どちらともに入手がしにくいキャラですが、手に入れば非常に優秀な2体となっています。

刻水の時女神・スクルド

スクルドもゴッドフェス限定のモンスターであり、ウルドとヴェルダンディと違いレアリティが☆6為入手は他のキャラクターに比べてどうしても難しくなってしまう。その代わりコンボ強化の覚醒スキルを2つ持つので当たったら非常にラッキーと考えてよい。

彼女自身のスキルは木・水・回復の3色陣のスキルの為、他の時女神同様追い打ちの覚醒スキルとは非常に相性が良い。

水属性主体の属性パーティーではスキルと共に活躍してくれる。また、ジュリのサブとしてはスキルお非常にかみ合っている。

欠点はバインド耐性がない事と副属性がない点、多色パーティーでの採用は自身の陣スキルが活かせないという事。

7コンボ強化を2つ持つので、自身の陣スキルとともにコンボ系のリーダーとも相性は非常に良い。陣も光と闇を生成しないため、光と闇を吸収してくる敵に対して活躍してくれるだろう。

アマツマガツチ

非常に強力な追い打ちスキル持ちのキャラクターで、バインド耐性も持っておりなおかつ7コンボ強化2つ持ち、さらにHPがプラスを振ることで1万も持つため、非常に優秀なキャラクターと言える。
ただし、入手方法がモンハンコラボでありなおかつ最高レアリティである☆7、石10個消費するガチャでのキャラクターである為欲しいのならばモンハンコラボの期間中に相当な覚悟が必要になってくる。
素のスキルがドロップのロック解除と回復を生成できるので、追い打ちスキルとも相性が良い。

ただし、闇と木を変換してしまうのでこの2つの属性主体のパーティーでは相性は良くない。

木属性のキャラクター

現時点では1種類しかこの覚醒スキルを持ったキャラがいません。

刻風の時女神・ヴェルダンディ

ヴェルダンディもゴッドフェス限定のモンスターですが、☆5である為入手は他のキャラクターに比べてしやすいので、追い打ちスキル持ちが欲しい人、木属性をメインで使用している人は1体は持っておきたいキャラクターとなっています。
木属性での追い打ちスキル持ちは今のところヴェルダンディしかいないので、木属性を運用している人は是非とも持っておきたい。

自身のスキルは火・木・回復の3色陣のスキルの為、追い打ちの覚醒スキルとは非常に相性が良い。

木属性単体の属性パーティーではスキルと共に活躍してくれる。また、火も生成するので不動明王との相性は非常に良い。

欠点は他の時女神と同じくバインド耐性がない事と副属性がない点、多色パーティーでの採用は自身の陣スキルが活かせないという事が起こってしまうので、
多色パーティーでの運用を考える場合はスキルをアシストしよう。

7コンボ強化を持つので、自身の陣スキルとともにコンボ系のリーダーとも相性は非常に良い。

光属性のキャラクター

どちらも期間限定のガチャでのみの入手となりますが、手に入れば大きな戦力になってくれます。

聖瓶の花嫁・シェアト

光のシェアトは2体攻撃を5つ持ち、自身で光と回復を生成することが出来る為非常に優秀。しかしジューンブライドガチャ限定で、なおかつレアリティが最高の☆8のキャラクターなので、このキャラクターだけを狙うのは無謀。引けたらラッキー程度に捉えよう。
光属性という事もあり、どちらもロックドロップ以外なら盤面にとらわれることなく生成できるので、ヨグ=ソトースはもちろん光属性のパーティーにはどこでも活躍してくれるだろう。
ただし、封印耐性がない点、バインドはされてしまう点は注意したい。

山守神の龍巫女・モミジ

光属性の陣スキル持ちで、光・木・回復の陣スキルを持つので追い打ちスキルと非常に相性が良い。また、操作時間延長も3つと2体攻撃を2つ持つので、火力役としても活躍してくれます。入手方法がフェス限ヒロインガチャ(石10個)に限られますが、レアリティが最も低い☆5
の為、比較的狙いやすいといえる。

バインド耐性と封印耐性がない点は注意しなくてはならない。

こちらもヨグ=ソトースはもちろん、光属性のパーティーや場合によっては木属性のパーティーと相性が良いが、場合によっては陣が偏る可能性が出てきてしまう事があるので過信しすぎてはいけない点に注意。

入手用途は限られるが、1体いると根性持ちは怖くない!

根性持ちのキャラクターは、大体の敵は発狂攻撃をしてきたり、カグツチのようにスキル遅延99ターンと、とんでもなく厄介な敵が多いです。調整しても落ちコンがきたり、調整自体が難しい高火力なパーティーが増えてきている今、1体は持っておくと攻略がかなり楽になるでしょう。
ほとんどが特定のイベントのみでしか入手できないキャラクターばかりですが、今後闇属性の追い打ちスキル持ちもですが、もっと種類が増えてくれると組み合わせの幅が広がるので、それを願うばかりです。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク