【パズドラ】超究極ラードラの評価を徹底解説!リーダースキルやパーティー編成など細かく紹介!

パズドラの超究極ラードラの評価や使い道を徹底解説。パーティー編成の注意点やおすすめのサブ、アシストモンスターなど最新の情報を詰め込んだ情報をまとめ評価しています。

超究極ラードラの評価

超究極ラードラの強さ、パーティー編成、潜在覚醒やアシストモンスターなどを細かく説明していきます。

使用率も高く、ほとんどのユーザーで人気の高いモンスターです。

文句なしのリーダースキル

フレンドが同じ超究極ラードラならば最大倍率144倍の火力を叩き出せます。

4色でも9倍、5色で56.25倍、リーダースキルの神タイプの全パラメータ1.5倍と耐久面も高いのが強いです。

超究極ラードラ自体のステータスも高く、神タイプは基本的にバランスよく高いステータスを持っているので安定した攻略が可能に。

耐久面やHPが高くなったことで、大ダメージの先制攻撃や最近増えつつあるダメージ吸収も痛くありません。

火力調整のしやすさ

超究極ラードラは多色を使うにあたって非常に便利な火力調整ができます。これによってダメージ吸収のギミックに引っかかるリスクを軽減できます。

しかし落ちコンボにより火力が上がってしまい調整ミスなんてことも多々あります(笑)例で言うとパールやソティスなどの低火力で調整して倒すはずが、思わぬ落ちコンボによって攻撃倍率が上がってしまいダメージ吸収に引っかかってしまったという経験をされている人も多いと思います。

おすすめ潜在覚醒、アシストは遅延、風神!

超究極ラードラにおすすめの潜在覚醒は遅延耐性、アシストモンスターは風神をおすすめします!

闘技場など高難易度ダンジョンではほぼ必須といってもいい遅延耐性と風神のスキルでダメージ吸収を無効にできるためクリアが楽になります!

潜在覚醒とアシストをつけているか、いないかによってダンジョンの難易度も変化します。

遅延耐性の安心感

スキル遅延耐性の潜在を付けている事のメリットは非常に大きいです。

次のターンに使いたいスキルが貯まっている状態で先制攻撃によるスキル遅延を食らってしまった時に、遅延耐性を付けていなかったら使いたかったスキルが使えずパーティー全体のリズムを崩されてしまいます。

耐久をしてスキルを貯められないモンスターなどもいるため、1撃で倒せるように遅延耐性を付けていつでもスキルを使って倒せる状態を作れると安心ですね。

風神はダメージ吸収を無効にできる

超究極ラードラにアシストとして風神を設定する事をおすすめします。

ダメージ吸収無効にヘイストのスキルを持つ風神は闘技場などの高難易度ダンジョンで必須級のアシストモンスターです。ヘラドラゴンなどの強敵も風神のスキルで無効化する事で簡単に突破することができます。

風神を直入れしてもいいですがイシスの方がスキルの軽さ、アシストスキルがすぐ貯まる事、完全バインド耐性など利点が多いのであまりおすすめはしません。

サブにおすすめのモンスターは陣持ち!

超究極ラードラに限らず多色では絶対欲しい陣スキルを持つモンスターです。

超究極ラードラと相性のいい闇カーリーは2体サブにいると強力です!

季節限定ガチャで色違いの闇カーリーが入手できるので代用ができます。

6色陣は必須

超究極ラードラは5色と回復を消すことで最大倍率がでます。6色生成できる陣持ちのモンスターがいると最大火力を出したいときに、陣のスキルを使って最大火力で敵を攻撃することができます。

HPが少ないかつ回復が欠損してしまい、次の先制攻撃が受けきれない時などに6色陣を使い回復しながら突破する事が可能になり攻略が安定します。

陣持ちモンスターの中で6色生成プラス追加効果を持ったライトニングや一護なども強力です!

完全バインド耐性持ちだとさらに安定感が増す

6色陣を持っているだけでは少し安心はできません。バインドされてしまってはスキルを使うことが出来なくなってしまう為、完全バインド耐性持ちだとスキル封印を除くどんな状況でもいつでも使うことが可能です。

また完全バインド耐性モンスターに6色陣持ちののモンスターをアシスト設定することで擬似的に闇カーリーなどのモンスターと同じスキルを使えたりできるのも1つの工夫であり、6色陣に6色陣のアシストもおすすめです。

超究極ラードラの使い道

以上を踏まえた上で超究極ラードラはどういった運用ができるのか、それについてまとめていこうと思います。

ほぼ全てのダンジョンが攻略可能

耐久面と火力面どちらも文句なしの完璧な強さを誇っているため、攻略するダンジョンをしっかり把握した上でパーティーを構築してあげればほぼ全てのダンジョンを攻略できます。

火力調整もできるため様々なギミックに対応が可能。超究極進化をした事でスキル封印耐性が付いたのでサブの自由度も広がった事も大きい。

MPに余裕がある方は是非ゲットしてほしい。パズルの難易度は高いが、無限回廊などでパズルの練習がおすすめです!

パーティー編成が難しい

超究極ラードラのサブは非常に敷居が高いです。テンプレと呼ばれているパーティーは闇カーリー2、覚醒イシス、究極光カンナとフェス限定モンスターが多いことです。

闘技場など挑戦する場合はアシストモンスターとして風神やコラボのライトニングや一護、入手機会が非常に少ないウルカなど全てをそろえるのは非常に難しいです。

高難易度ダンジョンに挑戦する時はある程度手持ちにモンスターが揃ってきたら挑戦するといいでしょう

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます