【ディシディア ファイナルファンタジー】ゼルの性能を解説!使い勝手はいまいちかも!デュエルの仕様に調整が入れば強キャラの可能性も!?

「DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA(DFFOO)」では、

各シリーズに登場したキャラクターたちが次々と仲間になり、

好きなパーティー編成で戦うことができる。

なので、自分の好きなナンバリングだけでパーティーを編成したり、

逆に今まで知らなかったキャラを使ってみて興味を持つ、

なんてことも。

そこで今回は、7章開幕ということもあり、

7章で仲間になるキャラクター、ゼルについての紹介、

そしてDFFOOでのゼルの使い勝手などをレポートしてみることに。

スマホゲーム ディシディア ゼル

ゼルについて

まず、ゼルというキャラクターについて。

ゼルは、FF8に登場したキャラクター。

見た目はちょっと恐そうにも思えるけど、明るく元気なキャラとしてパーティーに必要な存在だ。

頭より体で会話する肉体派……と思いきや、

「物知りゼル」としての一面も持っていて、そのギャップにやられる人もいるとかいないとか。

FF8では、度々サイファーと衝突し、見ている側はハラハラさせられたものだ。

DFFOOでのゼル

さて、そんなゼルだけど、DFFOOではcvを杉山紀彰さんが務めている。

武器種は拳で、クリスタルの色は赤。

仲間になるのは、7章の「インベル洋館」道中だ。

この7章は先日開放されたばかりなので、まだゼルを仲間にしていない人、

あるいは仲間にはしたけどまだまだ育成途中の人、というのも多いはず。

公式Twitterにて、アビリティやモーションは確認できる。

が、実際使ってみないことには、どんな性能なのかわからないというのもあるだろう。

そこで、ゼルのアビリティなどを詳しく見ていきたい。

ラッシュパンチ

まずゼルのひとつめのアビリティは、「ラッシュパンチ」

スマホゲーム ディシディア ゼル

4ヒットの近距離物理BRV攻撃で、

自身に3アクションの間「デュエル」を付与する。

このデュエルが付与されると、攻撃力がアップする他、アビリティが変化するように。

「ラッシュパンチ」であればデュエル後は「バーニングレイヴ」というアビリティに変わる。

バーニングレイブは2ヒットの全体遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃となっていて、

対象以外にも10%分のHPダメージを当たることができる。

つまり、敵の数が多い時に役立つアビリティということだ。

ヘッドショック

ふたつめのアビリティは、「ヘッドショック」

スマホゲーム ディシディア ゼル

雷属性の近距離物理BRV攻撃で、

こちらも3アクション、デュエルが付与される。

デュエル後は「メテオバレット」にアビリティが変化し、

近距離物理BRV攻撃+HP攻撃となる。

ふたつめのアビリティは、クリスタル覚醒を20まで進めることで習得可能。

ゼルの使い勝手は?

以上がゼルの性能だけど、

こうしてアビリティだけを見ると、

・全体攻撃ができる

・雷属性持ちで、弱点が雷の敵に強い

・BRV+HP攻撃持ちで使い勝手が良い

と、魅力だらけな気がする。

がしかし!

これはあくまで「デュエル」付与の状態も加味した場合の話。

デュエルじゃない状態の時は、

全体攻撃もないし、BRV+HP攻撃もない。

そしてここが一番肝心なのだけれど、

デュエル状態でアビリティを使用すると、デュエル状態は解除されてしまう。

ゆえに、バーニングレイヴやメテオバレットを連続して出すことはできないのだ。

あらかじめデュエル状態にしておき、

ここぞという時にデュエル後のアビリティを使う……という形になると思うけど、

それなら最初からBRV+HP攻撃できるキャラや、

全体攻撃のアビリティを持っているキャラを入れた方が戦いやすい。

なので、現状使い勝手はそこまで良くないキャラ……という位置付けになってしまうのではないだろうか?

ただキャラクター調整は随時入る予定ということなので、

もしかしたらゼルにもいずれ調整が入り、かなり強いキャラになる可能性も……?

FF8、とりわけゼルファンは期待して待ちたいところだ。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます