【セブンナイツ】日番谷冬獅郎の評価と能力紹介:高確率の凍結が強い!冒険・アリーナで活躍できるキャラ!

今回の記事ではBLEACHコラボで登場した日番谷冬獅郎の能力紹介を行います。

今ではもう手に入らないものの、冒険や塔、アリーナなどで使い易いスキルを持つ魔法型のキャラクターです。

スキルの紹介を行いながら主にアリーナでの使い道などを考察していきたいと思います。

セブンナイツ 日番谷冬獅郎 千年氷牢

セブンナイツ 日番谷冬獅郎 千年氷牢

基本情報

まずは日番谷冬獅郎の星4〜星6までの説明文や最大レベル(5凸時)のステータスなどを確認します。

星4 十番隊隊長 日番谷冬獅郎

「神童と称され、類稀な才覚により護廷十三隊史上最年少で隊長の座に着いた天才児。」

星5 氷輪丸 日番谷冬獅郎

「護廷十三隊内部の不穏な気配をいち早く察知し、全ての仲間を騙していた藍染に対して怒りを爆発させる。」

星6 大紅蓮氷輪丸 日番谷冬獅郎

「破面の襲来に際しては、先遣隊の引率としてルキアたちと共に現世に訪れることとなる。」

子供の頃から優秀な才覚をもっていたのですね。スキルには氷を司るものが多いですが、その生い立ちには関係無いのでしょうか。

40レベル時ステータス

  • HP:2470
  • 攻撃:1437
  • 防御:632
  • 敏捷:27

ステータスの数値としては、可もなく不可もなくというところです。攻撃と敏捷が少し高く、HPと防御は低めに設定されていますね。

所持スキル

日番谷冬獅郎の持つスキルはパッシブスキル・攻撃スキル共に扱いやすく、アリーナや冒険など様々な場面で役に立ちます。順番に詳細を見ていきたいと思います。

天相従臨 (パッシブスキル)

  • 全ての敵の被ダメージ量40%増加
  • 自身に物理ダメージ免疫3ターン
  • 全ての味方に凍結効果免疫3ターン

敵の被ダメージ量の上昇が40%となっていて、この効果は他にもアラゴン、風燕が40%、リンが30%のパッシブスキルをもっていますが、現状では最高の数値です。

さらに自身に物理免疫も付いているのでアラゴンや風燕よりは耐久性が優れていて使いやすそうですね。

霜天に坐せ「氷輪丸」 (CT:70秒)

  • 対象は敵3体
  • 魔法力140%の魔法ダメージ
  • 高い確率で2ターンの凍結効果付与
  • 凍結効果が消えると魔法力の140%の追加ダメージ

対象が3人で魔法力140%ダメージという倍率は普通レベルですが、このスキルは高い確率で凍結効果を付与出来るので、追加ダメージと併せて280%ものダメージを与えられる非常に優秀なスキルです。

敵3人を無力化している間に残りの敵を安全に倒し、凍結が剥がれてからある程度HPの減った敵と対峙することになりますので、ずっと主導権を握った状態のバトルを演出出来そうでうね。

千年氷牢 (CT:90秒)

  • 対象は全ての敵
  • 魔法力95%の魔法ダメージ
  • 低い確率で2ターンの凍結効果付与
  • 凍結効果が消えると魔法力の95%の追加ダメージ

こちらは霜天に坐せ「氷輪丸」の全体攻撃バージョンです。倍率が95%と下がり、凍結の付与確率も低い確率になってしまっているので、こちらにはそこまで凍結効果は期待できないでしょう。

アリーナでの評価:凍結にはメリットとデメリットが…

日番谷冬獅郎のスキルの特徴としては下記の3点でしょうか。

  • 全ての敵の被ダメージ量40%増加で殲滅力UP
  • 自身に物理ダメージ免疫3ターン
  • 2種類の攻撃スキル(凍結+追加ダメージ)

先ほどは凍結効果によって安全にバトルが行えると述べましたが、実はデメリットもあるのです。その辺りについて解説したいと思います。

暴走や復活する敵を倒す前に凍結した場合

凍結状態中は全く身動きがとれなくなるものの、敵からの攻撃も受け付けなくなります。したがって、その効果中にはダメージを与えられなくなりますので、一度倒れてから復活する系の敵にかかった場合、後回しにすると非常にやっかいなのです。

アリーナでは最後に暴走化状態のキャラクターが残ることが多いのですが、凍結によって後回しにすることで先にこちらのバフ解除役が倒されたり、暴走化キャラが一度倒されてしまったりして太刀打ち出来無くなるのです。

もちろん凍結中でもスキルクールタイムは減少していきますので、凍結が解けたキャラは直ちにスキルを発動できるという有利な状況にもなります。

この辺りがスパイクや日番谷冬獅郎などの凍結キャラをアリーナで使用されにくい理由の一つだと筆者は考えています。カルマの石化も同様ですが、あのキャラはそれを踏まえても編成しておきたい優秀なパッシブスキルを持っていますしね。

攻城戦の対スパイク戦で役に立つ!

攻城戦でスパイクと戦う時には必ず凍結免疫キャラを編成しなければいけませんが、この効果を持つキャラはラニアやバンなどがいます。ラニアの場合であれば6ターンも免疫を付与してくれるためずっと無効状態で戦えます。

ただ、ラニアには味方の攻撃力を上昇させるようなものが無いので、日番谷冬獅郎の全ての敵の被ダメージ量上昇効果に期待して編成しても良いかもしれません。

まとめ:アリーナでは微妙、他の場所では優秀なサポーター

日番谷冬獅郎のスキル詳細を見ながら、アリーナでの使い易いところと不安要素に重点をおいて考察を行いました。デメリットを重点的に説明しましたが、運次第では一方的にバトルを支配することも可能です。

もちろんスキルの順番の選べる冒険や塔などでは活躍できるので所持している方は育ててみても損は無いと思います。

ライター: レンタム

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。