【シャドウバース(シャドバ)デッキコード】複数展開、ドロー、バフと一通り揃ったバランス。「赤ずきん・メイジー」で後攻でも戦える!「エースロイヤル」【ロイヤルデッキ紹介】

手堅いプレイができる「エースロイヤル」。極端なコンボなどはありませんが、安定感があり使いやすい!

公開:2017年7月11日 『エースロイヤル』

youtuber・しいないつき氏によるデッキ『エースロイヤル』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

バフ、ドロー、複数展開、疾走などなど、一通りのことをこなせるバランスのいいロイヤルです。

ゴブリン(銅)×3
ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×2
歌劇姫・フェリア(銀)×3
赤ずきん・メイジー(金)×3
火遁の術(銀)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
ゴブリンリーダー(銅)×3
シンデレラ(虹)×2
猫耳の従者(銅)×2
不思議の探求者・アリス(虹)×3
レヴィオンヴァンガード・ジェノ(銀)×2
レヴィオンセイバー・アルベール(虹)×3
トランプナイト招集(金)×3
アルビダの号令(金)×3
古の英雄(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

デッキコード

デッキコードはこちら!

特徴:「トランプナイト招集」「不思議の探求者・アリス」を合わせて場を蹂躙!

以前にも増して、先攻の有利性が高くなっている環境ですので、イニシアチブを取れた際には何としても勝っておきたい。もちろん後攻も勝ちにいくのですが。
そう考えた時に「トーヴ」や「スノーホワイトプリンセス」など、低コストでありながら除去が面倒なフォロワーをどうにかしなくてはいけません。「火遁の術」はそうした戦況で光ります。潜伏がいなくともフォロワーに3点を飛ばせるのはありがたい。
そして、3コストスタッツ4/4と、即除去がし難い「シンデレラ」を使ってリズムをずらしていきたいですね。

後攻時には「赤ずきん・メイジー」のニュートラル破壊能力で盤面を返していきましょう。

ラストは「トランプナイト招集」「アルビダの号令」で場を埋めながら、裏に「レヴィオンセイバー・アルベール」「古の英雄」を出してリーサルを取れれば理想。

「猫耳の従者」があるので多少のドローソースは持っているのですが、いかんでんロイヤルなので手札切れには十分に注意しましょう。

注目カード:序盤の「シンデレラ」を中心に除去され難い立ち回りを!

『シンデレラ』

コスト:3
スタッツ:4/4
クラス:ロイヤル
タイプ:フォロワー
効果:自分の他のロイヤルフォロワーが場にでたとき、このフォロワーを手札に戻す。

バウンスというデメリットはありますが、それほどデメリットにはならず、コスト以上の高スタッツで居座ってくれます。
ダメージを負ったなら、ロイヤルフォロワーを場に出してわざと手札に戻すことも考えましょう。

【不思議の探求者・アリス】

コスト:4 
スタッツ:3/4
クラス:ニュートラル
タイプ:フォロワー
効果:【ファンファーレ】自分の手札のニュートラルのフォロワーすべてと、自分のほかのニュートラルのフォロワー全ての攻撃力と体力を+1

やはりロイヤルの性格と合うんですよね。「トランプナイト招集」を出した後に強化していきたい。

『赤ずきん・メイジー』

コスト:2
スタッツ:2/2
クラス:ロイヤル
タイプ:フォロワー
効果:進化時 自分の場にニュートラル・フォロワーがいるなら、相手のフォロワー1体を破壊する

後攻の際には、このカードで盤面を返していきたい。

『火遁の術』

コスト:2
クラス:ロイヤル
タイプ:スペル
効果:相手のフォロワー1体に3ダメージ。自分の場に潜伏状態のフォロワーがいるなら、3ダメージではなく6ダメージ。

「渾身の一振り」との使い分けになりますね。しかしロイヤルに2コスト3ダメージは本当に嬉しいところ。
「トーブ」など、序盤に出てくる高スタッツに対して使いやすいのも優秀。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ロイヤルvsネクロマンサー

マリガンは「猫耳の従者」、「ユニコーンの護り手・ユニコ」、「シンデレラ」。

相手は「ゴブリン」「ワイズマーマン」とニュートラルのお約束。
こちらは「ユニコーンの護り手・ユニコ」「シンデレラ」。やられた側からすると、この3ターン目の「シンデレラ」が除去し難く、鬱陶しいんですよね。

「トランプナイト招集」で相手のゴブリンラッシュに対抗していきます。
5ターン目までネクロマンサーらしい動きは少なかったですが、「死の祝福」で守りを固めてきました。現環境でもこのカードは面倒……。

「不思議の探求者・アリス」でバフをかけつつ、「赤ずきん・メイジー」進化で除去。盤面を一掃できました。
これには「ファントムハウル」で返してきましたが、この戦況で、ネクロマンスを消費しての「ファントムハウル」は握手なので、手札にいいカードがないのでしょう。
こちらは「兎耳の従者」でドローしつつ、「ゴブリン」も展開して場を埋めます。

ここで相手はリタイア。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ロイヤルの人気記事ランキング