【シャドウバース(シャドバ)】RAGE優勝デッキ!「連なる咆哮」「ウロボロス」のしつこい攻めと「サハクィエル」コンボが噛み合う!『RAGE優勝最強ドラゴン』【ドラゴンデッキ】

RAGE優勝デッキ!流行りの「連なる咆哮」ドラゴンですが、そのデッキ構成には個性あり!

公開:2017年6月11日 『RAGE優勝最強ドラゴン』

youtuber・ぺいん氏による、新環境の「RAGE優勝最強ドラゴン」!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

中盤は「サハクィエル」派生コンボ。後半は「連なる咆哮」と「ウロボロス」「サハクィエル」。

ブレイジングブレス(銅)×3
伊達政宗(金)×3
竜の託宣(銅)×3
サラマンダーブレス(金)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
ドラゴンナイト・アイラ(銅)×3
大鎌の竜騎(銅)×1
ラハブ(金)×2
水竜神の巫女(虹)×3
竜の闘気(銀)×3
サハクィエル(虹)×3
ウロボロス(虹)×2
イスラーフィール(虹)×2
連なる咆哮(金)×2
バハムート(虹)×3
ゼウス(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「連なる咆哮」と「ウロボロス」のしつこさ

全環境で猛威をふるった「サハクィエル」を活用したランプドラゴンに、「連なる咆哮」を組み込んだような構成のデッキになります。
PPブーストをしながらのムーブはランプドラゴンのテンプレ通り。
「伊達政宗」や「大鎌の竜騎」などの必殺を持ったカードを紛れ込ませているのが特徴的。

相変わらず「サハクィエル」からの「イスラーフィール」で守りも硬く、「ゼウス」での決定力も持ち合わせています。
そして「連なる咆哮」を入れることで後半の攻めが苛烈になっています。その前のターンに「ウロボロス」を出して「連なる咆哮」の隙を無くしたいですね。ここからはエンドレスでフォロワーが場に残ることになります。

「連なる咆哮」は強力ではあるのですが、コストが高いため、出したターンは無防備になります。事前に「ウロボロス」を出しておきましょう。
この2枚を展開されると、かなりしつこいムーブができます。除去しても除去しても場に出てくるフォロワーは「デュエリスト・モルディカイ」だけで十分だと思わせられれば勝ち。

注目カード:「サハクィエル」からの「イスラフィール」で盤面処理。そして「連なる咆哮」でドラゴン量産

【連なる咆哮】

コスト:9
クラス:ドラゴン
効果:自分のターン開始時、突風のドラゴンを1体出す。

疾風をコンセプトにしているので、後半出すことができれば機能します。問題はそのコストの高さ。
1ターンで1体中型フォロワーを場に出せるという動きは強力。「ウロボロス」とコンビで活躍させましょう。

【イスラーフィール】

コスト:9
スタッツ:8/8
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ 自分のリーダーを4回復。
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
進化後
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

コストは重いものの、スタッツも高く、何よりもその能力!出てしまえば、進化すれば場に出したターンで相手リーダーと6点分のアドバンテージを取れるという…。
単純に強い。アグロネクロマンサーなどにかなり強気にでれます。「サハクィエル」から使えればアグロを消しとばしてくれるでしょう。

【サハクィエル】
シャドウバース ヴァンパイア
コスト:7
スタック:4/4
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ:手札のニュートラル・フォロワー1枚を場に出す。それは突進 と「自分のターン終了時、手札に戻る」を持つ。

「イスラーフィール」「ウロボロス」「ゼウス」と、ドラゴンのデッキに柔軟性を持たせる重要カードです。
あらゆる戦況で使えるムーブ。デッキの中核です。

【伊達政宗】
シャドウバース
コスト:2
スタッツ:2/2
クラス:ドラゴン
効果:
ファンファーレ
エンハンス 7;+3/+3して、突進と必殺を持つ。

2コストあたりスタック2/2と基準点としてはあり。そしてエンハンス7と重いものの、中型フォロワーとしての顔もある、見事に二面性を持ったフォロワーになります。
状況によって使い分けるといいでしょう。突進と必殺も付与されるので、「バハムート」など大型フォロワーを狩るといいでしょう。
エンハンスで使えれば、コストには見合わないまでも攻撃力もバカにならない。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsビショップ

マリガンは「サハクィエル」「ドラゴンナイト・アイラ」「竜の闘気」。

相手は「詠唱:白翼への祈り」、「マイニュ」と続いて出してきましたね。これは疾走か…。
こちらは重いカードばかりきてしまいました。「竜の託宣」がきてくれない…。
「ドラゴンナイト・アイラ」も「鉄槌の僧侶」で消滅させられてしまいましたね。怒涛の攻めでこちらの体力はもう10点…。

7ターン目、「水竜神の巫女」から反撃開始したいところだったのに、またハg…「鉄槌の僧侶」…。

なんとか「イスラーフィール」をドローできたので「サハクィエル」から出していきます。なんとか盤面を整理できた!
厳しい展開でしたが、相手の手札が枯れるまで耐えられましたね。
続けて「イスラーフィール」を出したところで相手はリタイア。体力には余裕を持っていましたが、疾走ビショップのようなタイプのデッキには「イスラーフィール」は天敵ですからね。

なんとか相手をメンタルブレイクできましたね。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。