【シャドウバース】初心者向け!最初に引くべきパックはどれ?エルフの場合について考察!

今回は、シャドウバースを初めたばかりでどのパックを引けばいいかわからないという人のために、それぞれのパックの特徴を紹介していき、最後にどのパックがいいのかを考えてみたいと思います。

今回はエルフのデッキを組む場合を考えていきたいと思います。

エルフデッキの特徴:フェアリーを使って、フォロワーやスペルの追加効果を発動していく

まず、簡単にエルフの特徴とデッキを数種類紹介していきたいと思います。

エルフの特徴

エルフのデッキはフォロワーやスペルの効果で手札に加えられるフェアリーという1コスト 1/1のフォロワーを利用していくデッキとなっています。

フェアリーを場に出して、1ターンに使用したカードの枚数を増やして他のフォロワーやスペルの追加効果の発動を行ったり、墓地をフェアリーで増やして利用したりすること多いです。

デッキ紹介

ここではエルフのデッキを何種類か紹介していきたいと思います。

OTKコンボエルフ

OTKとはワンターンキルの略称です。

2コスト 1/1

2コスト 1/1

エルフには、リノセウスという場に出したときファンファーレでそのターンに使用したカードの枚数分ステータスを+1/+0する効果を持っています。これを利用してフェアリーや低コストのカードを使用し、リノセウスを1コストスペル、自然の導きで回収して使い回し、OTKするデッキとなっています。

リノセウスで出せるダメージを計算するのが意外と大変なので、若干玄人向けのデッキとなっていますが、うまく使うことが出来ると、一気に相手にとどめをさせるため、ランクマッチのエルフで一番多く見かけられるデッキとなっています。

冥府エルフ

シャドウバースリリース当初に流行ったデッキですが、今でも戦えるデッキだと思います。

4コスト

4コスト

手札をフェアリーで増やして、手札上限である9枚まで貯め、新たなる運命を使用して、手札を全て墓地に送り、手札のフェアリーをデッキのカードと入れ替えていきます。そして、墓地が30枚以上溜まった所で4コストアミュレット冥府への道を場に出し、相手にとどめを刺していくデッキとなっています。

ただ、現在ランクマッチでドラゴンが流行っており、バハムートを採用しているデッキが多く、冥府への道が破壊されてしまうことも多いので、最近あまり見かけないデッキとなっております。

白狼エルフ

9コスト 古き森の白狼の破壊された次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフカードを回収して、そのカードのコストを0にする効果を利用して、白銀の矢というスペルカードを回収していくデッキです。

8コスト 4/4

8コスト 4/4
突進

白銀の矢は、カードを1枚引き、自分の手札の枚数だけ相手のリーダーかフォロワーにダメージを与えることが出来ます。

白狼で回収した0コストの白銀の矢と手札に元のコストのままの白銀の矢の2枚があれば、手札9枚で最大18ダメージを与えることが出来るため、ほぼ確実に相手を倒すことが出来ます。

ただ、白銀の矢を2回使用できるようになるまでにターン数がかかるため、そこまで凌ぐのがなかなか難しいのが欠点です。

パック紹介

ここからそれぞれのパックについて考察していきます。

スタンダートパック

エルフデッキの基本となる「自然の導き」や「ベビーエルフ・メイ」、「エルフプリンセスメイジ」などの採用されることが多いブロンズ・シルバーカードが多く入っています。

また、「ベルエンジェル」、「ウルズ」、「風神」、「デモンストライク」のような万能ニュートラルカードも入っているため、始めたばかりで所持カードが少ない際にお勧めのパックです。

3コスト 2/3

3コスト 2/3

ゴールド・レジェンドカードにも、エルフデッキにほぼ採用される「エンシェントエルフ」や「リノセウス」、「森の意志」が入っており、白狼エルフに使われる「白銀の矢」もあるので、エルフデッキを組む際には一番優先して引くことをお勧めできるパックだと思います。

ダークネスエボルヴ

「翅の輝き」や「深緑の守護者」といったエルフの手札補充方法として使われるカードや「エルフナイト・シンシア」、「クリスタリアプリンセス・ティア」といったミッドレンジ向きのエルフのカードが入っているパックとなっています。

【クリスタリア・ティア】


5コスト 1/1

また、「ユニコーンの踊り手・ユニコ」や「死の舞踏」、「ダークエンジェル・オリヴィエ」といった現在も様々なデッキで採用されているニュートラルカードも入っています。

しかし、必要となるカードがブロンズ・シルバーがほとんどなので、必要分生成してしまう方がカードを回収するのに効率がいいと思います。

バハムート降臨

エルフのデッキされるカードがあまりないように思えるパックです。「クリスタリア・リリィ」や「セルウィンの号令」、「古き森の白狼」がたまに使われているのを見るくらいだと感じます。

3コスト

3コスト

しかし、ニュートラルにはなかなか優秀なカードが揃っており、エルフ以外も組む際には引いてもいいパックだと思います。ただ、やはりエルフデッキの場合は優先順位は低いです。

神々の騒嵐

こちらもエルフのデッキで採用されるカードが少なく思えます。しかし、バハムート降臨よりは採用するカードが多く、「クリスタリア・エリン」や「ジャングルの守護者」など優秀なカードも入っています。

6コスト 4/6

6コスト 4/6

ニュートラルはバハムート降臨の方が使用することの多いカードが多く感じますが、「イスラーフィール」や「風の軍神・グリームニル 」は現在の環境では採用率の高いニュートラルカードとなっています。

他のリーダーのカードには、採用率の高いカードも多く入っているため、バハムート降臨よりは優先して引きたいパックです。

総評:一番優先したいのはスタンダートパック

エルフデッキを組む際に一番引きたいパックはやはりほぼ必須級のレジェンドカード「エンシェントエルフ」やシルバー・ブロンズカードの多く入っているスタンダートパックだと思います。

次点でダークネスエボルヴ。そのあとに神々の騒嵐、バハムート降臨と続く形だと思います。

もし、始めたばかりでどのパックを引けばいいかわからない方の参考になれば幸いです。

ライター: SAKURA

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

いいねの多いコメント

  1. ありさ
    2017年5月30日 12:05 PM

    リノセウスのファンファーレは+1/+0です

新着コメント

  1. SAKURA
    2017年5月30日 9:26 PM

    ありささん、ご指摘ありがとうございます。
    記事を修正させていただきました。

  2. ありさ
    2017年5月30日 12:05 PM

    リノセウスのファンファーレは+1/+0です