【シャドウバース】ヘブンリーイージスビショップの特徴とデッキレシピ【デッキ紹介】

今回は環境の一角に現れた主流のビショップデッキシリーズ第一弾、「ヘブンリーイージスビショップ」の紹介と考察をしたいと思います。

イージスビショップのデッキレシピ

まずはデッキレシピを見ていきましょう。

イージスデッキ

聖なる願い 3枚

天界の忠犬 3枚

フロッグクレリック 2枚

詠唱:獣姫の呼び声 3枚

風の軍神・グリームニル 3枚

鉄槌の僧侶 3枚

神魔裁判所 3枚

黄金都市の墓守・ソニア 2枚

ダークジャンヌ 1枚

苦罰の審判者 3枚

テミスの審判 3枚

大修道女 3枚

オーディン 2枚

ヘブンリーイージス 3枚

ダークジャンヌはピン挿し、エンシェントレオスピリットは採用せずに代わりに黄金都市の墓守・ソニアを採用しています。

ヘブンリーイージスビショップの特徴

対策の非常に厳しいヘブンリーイージスを安全に着地させることが目的のコントロールタイプのデッキです。元々ランクマッチでの登場率は高かったのですが、ビショップというクラスがネクロマンサーに強く、一気にバーストを出される為に泣き所だった風読みの少年・ゼルがナーフされたので更に流行しました。

デッキの特徴

基本的にはオーソドックスな感じですが、本来強いネクロマンサーへの対策はほどほどに、ランクマッチでは色々なクラスを見かけるのでそれぞれにリソースを割く形にしました。

豊富な回復手段

ビショップは回復手段がヴァンパイアと並んで多いですが、ヴァンパイアは相手のフォロワーから吸収するのとは違い自己完結しているので使いやすいです。

大修道女

特に大修道女は5点も回復してくれます。ほぼ全てのクラスからエンハンスグリームニルのフィニッシュがあるのでとても優秀、スタッツも高めなのでアグロ寄りの相手ならイージスを置かずともリソース勝ちを狙えます。

消滅を中心とした除去手段

ネクロマンサーに強い消滅、ドラゴンに強い単体除去、そして全てのクラスに有効な全体破壊とバランスが良いです。特にランクマッチに多いネクロマンサーに対して全ての除去手段が効果的に刺さるので流行したのも頷けます。

苦罰の審判者

鉄槌の僧侶の効果をファンファーレで持ち、追加でカードを1枚ドローすることのできる苦罰の審判者の追加もビショップにとっては追い風。除去と展開を同時に行えるカードは全体的に見ても強力です。

ピックアップカード

上記以外のピックアップカードをご紹介します。

オーディン

レアリティ:レジェンド

オーディン

アミュレット、もしくはフォロワー1体を消滅する効果を持っています。フォロワーに対しては除去手段が多く、消滅手段も多いのですがアミュレットが難関なので採用しています。今流行の兆しを見せているドラゴンの連なる咆哮、もしマッチすれば勝つことが非常に困難な熾天使ビショップに対応が可能。

元々有利ではありますが、ネフティスネクロに対しても更に磐石の態勢を得ることができます。一方でアグロネクロや復讐ヴァンパイアには手札で腐ることも・・・。

黄金都市の墓守・ソニア

レアリティ:シルバー

ソニア

守護を持っており、場にフォロワーがいなければ攻撃力を+1して効果ではダメージを受けなくなります。同じ5コスト帯ではエンシェントレオスピリットが優勢で、あまり見かけませんが単体で使ってもそこそこの働きをしてくれて、ファンファーレが発動すれば強力です。

特にランクマッチでは超越ウィッチが見過ごせない程度には増えているのでそこも意識しています。炎の握撃くらいでしか対応できないので上手く刺さればソニア一人でモリモリ削ってくれます。

フロッグクレリック

レアリティ:ブロンズ

フロッグクレリック

軽めのエンハンスで3点回復してくれる使いやすい2コスフォロワーです。序盤に削られてそのまま勝負を決められるパターンが多く、4コストで使えるフォロワーが鉄槌の僧侶しかいないので2コストでありながら4コストにもなる為事故を防いでくれます。

特に復讐ヴァンパイアは手札からのダメージが多いので、効果的です。

有利な相手

①:ネフティスネクロは有利です。モルディカイは上手く立ち回れば消すことは容易にできること、オーディンも備えているので磐石の態勢を引くことが可能。あちら側のパワースパイクよりもこちら側のパワースパイクの方が強力なので、特に苦戦することなく勝利を収めることができるでしょう。

②:ランプドラゴンも有利。ゼルがナーフされたことでバーストダメージが減りました。ヘブンリーイージスはとにかくドラゴンに刺さります。イージスの強みはドラゴン向けの部分が強いので、ここはしっかり勝てるように立ち回りたいですね。

③その他はネフティスネクロほどではないですがネクロ全般は有利、ロイヤルに対してもフェイスタイプ以外はそれほど対処に困ることはないでしょう。

不利な相手

①:コントロール故に、超越ウィッチはかなり厳しい相手。勝ち筋と言えるものは黄金都市の墓守・ソニアによるアタック以外にはほぼ存在しないといって過言ではないでしょう。加えてマイニュまで入れればもう少し勝率が上がるかもしれませんが、なかなか厳しいところ。

②:熾天使ビショップはかなり運任せになります。オーディンは採用していますが、封じられし熾天使はサーチできるのに対してオーディンは自力で引かなければなりません。勝利に繋がる行為が1ターンの差は非常に大きいです。

③:エルフ全般は常に不利です。どちらかといえばダメージは通して後から回復するタイプなので、一気に18点から20点を削るプランを取ってくるエルフは天敵と言えます。イージスを無事に降ろせても次のターンでリノセウス、白銀の矢でフィニッシュされるケースも多いでしょう。

④:有利な場合もあり、不利な場合でもあるのがミラーマッチです。こちらは先行がガン有利です。先にヘブンリーイージスを出した方が圧倒的に優勢になるので、事故っていることを祈ることくらいしかできることはありません。カグヤの採用も考えましたが、自発的にラストワードを発動させることができないので消滅の多いミラーマッチではあまり有利とは言えないかもしれません。

ライター: Lumiel tea

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。