【シャドウバース(シャドバ)】耐久しながらじわじわと…!『ネプチューンドラゴン』【ドラゴンデッキ紹介】

超耐久を売りにした「ネプチューンドラゴン」を使って相手をじわじわ追い詰める!

公開:2017年3月3日 『ネプチューンドラゴン』

youtuber・ダンジュウロウ氏による、除去をしながら真綿で首を絞めていく「ネプチューンドラゴン」
ランプドラゴンデッキというのは、要するにミッドレンジドラゴンです。各種PPブーストカードで、相手より先にPPを貯めていくもの。
その特徴を顕著にデッキテーマとして反映させたデッキを『ランプドラゴン』と呼びます。

デッキレシピ

とにかく有利交換をしていきましょう。相手は気づいた時には手遅れ!

アイボリードラゴン銅)×3
ブレイジングブレス(銅)×3
竜の託宣(銅)×3
竜の伝令(銀)×2
サラマンダーブレス(金)×3
プリズンドラゴン(銀)×3
ドラゴンウォーリア(銀)×3
ゴブリンマウントデーモン(銀)×3
竜の闘気(銀)×3
オウルガーディアン(銀)×2
ネプチューン(金)×3
灼熱の嵐(銀)×2
ルシフェル(虹)×2
オーディン(虹)×2
バハムート(虹)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「ネプチューン」など対フォロワー交換を効率的に。

ランプドラゴンだけにこれでもかとPPブーストを生かした手札になっております。
全体的に交換有利になるような構成を意識しています。そうすれば自ずと有利になるという定石通りのデッキとも言えます。
「ダークドラグーン・フォルテ」を採用しても良いのですが、「オウルガーディアン」で進化を合わせて確実に1:2交換ができる構成になっています。

とにかく中盤まではPPブーストしながら盤面を取られないように立ち回ります。
そして好きあらばフェイスを殴っていきましょう。気づいた時には相手は息が切れて文字通り虫の息!

注目カード:「オウルガーディアン」で確実に1:2交換

【灼熱の嵐】

コスト:7
クラス:ドラゴン
効果:お互いのフォロワーすべてに4ダメージ。

全体除去としてはこれといって目立つものではありませんが、アグロが多くなってくることを見越して編入して損はないでしょう。
本来ドラゴンの特徴である大型フォロワーを残したまま相手だけ除去。のようなムーブができるのですが、フォロワーメインではないのでこちらの被害は最小で抑えられるはずです。
ドロシーに対しての対策にもなっています。

【オウルガーディアン】

コスト:6
スタッツ:4/6
クラス:ドラゴン
効果:守護
進化時 相手のフォロワー1体に5ダメージ。手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。

盤面を維持することにかけてはかなり優秀です。中型フォロワーの除去をしながら自分は生き残ってもう1体のフォロワーを倒せます。
手札を捨てなくてはいけないのは痛いですが、今回のデッキに関しては、メインの高コストフォロワーが主軸なので、問題なし!と思いたい!

【竜の伝令】

コスト:2
クラス:ドラゴン
効果:コスト5以上のカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。そのコストを-1する。

先日ナーフされることが決定した「ミニゴブリンメイジ」。そのサーチ能力ほどではないですが、絞ったサーチができ、フィニッシャークラスの大型フォロワーを手元に持ってこれるのは大きい!
今回のデッキのように、「竜の伝令」を使いたい時に、どれが来てもいいデッキにはぴったりのカードです。
ドローソースがあれば事故率は減るうえにコストを減らせるのは優秀。PPブーストと合わせれば超速で大型フォロワーに手が届きます。

【ネプチューン】
シャドウバース ドラゴン
コスト:7
スタッツ:5/5
クラス:ドラゴン
【進化前】
守護
ファンファーレ オルカ1体を出す。
【進化後】
守護
進化時 自分のオルカすべてを進化させる。

高コスト帯の代わりに入れてもいいかもしれません。
やはりコストとスタッツのバランスが有能なので、横に広げたい、もっと守りが固いデッキにしたい場合は採用かと。
最近は使っているプレイヤーを見ませんが、フォロワーとしては十二分に優秀です。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsネクロマンサー

マリガンは、試合が長引くことを考えて「オーディン」「竜の伝令」「竜の闘気」。
相手はお約束の「ネフティスネクロ」の挙動もみえる場合は「オーディン」を入れておいてもいいでしょう。
「ドラゴンナイト・アイラ」を編成すると少し足が速くなるので1,2枚ほど差しておいてもいいかもしれません。

序盤「プリズンドラゴン」で時間稼ぎ。手札が重くなってしまっていますが、この後プーストできればなんとかなります。こういう時こそドラゴンのメリットを生かさないといけませんね。

「サラマンダーブレス」や、「ネプチューン」などで有利交換をしていきます。じわじわと話を縮めるように攻めていきましょう。
「ルシフェル」で回復したところで相手のドロー運が悪かったのか、投了。消化不良のようですが、このデッキの戦い方がわかりやすい試合でした。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます