【グラブル】土属性SSRキャラクター[天穿の銃槍騎]ラスティナ評価!

このページでは土属性SSRキャラクターの[天穿の銃槍騎]ラスティナの特徴からパーティ編成のオススメまで紹介していきます。

[天穿の銃槍騎]ラスティナのアビリティ解説

ここでは[天穿の銃槍騎]ラスティナのアビリティ解説をしていきます。

[天穿の銃槍騎]ラスティナのアビリティ一覧

アビリティ名 使用間隔 効果
効果時間
アブソルート・ユスティーツ 6 かばう/カウンター効果(被ダメージ3回)
奥義ゲージを30%消費
防御大幅UP
2
アオス・ブルフ 9 敵に6.5倍土属性ダメージ
ラスティナの防御DOWN
チャージLvリセット
チャージLvに応じてダメージUP、ダメージ上限UP
5
ユーベル・ツアシュテールン 8 自分が即座に奥義発動可能
クリティカル確率UP
3

ラスティナのアビリティの解説

ここではラスティナの各アビリティの解説をしていきます。

敵の攻撃を被弾してカウンターをする1アビ『アブソルート・ユスティーツ』

奥義ゲージを30%消費することで味方への単体攻撃ダメージをかばいます。
しかも被弾することで3回までカウンターを行います。防御力が80%上昇させ、サポートアビリティと併せて100%の防御力上昇です。

再使用は長い変わりにロマン砲2アビ『アオス・ブルフ』

ラスティナは被弾で1、奥義使用で3のチャージレベルが上昇します。そのチャージレベルをリセットする代わりに敵に大ダメージを与えるのがアオス・ブルフです。
ただし使用後はラスティナの防御力が30%ダウンします。最大レベルによるダメージはなんと270万付近のダメージまで確認されました。

単なる即奥義使用可能ではない3アビ『ユーベル・ツアシュテールン』

アレーティアの即奥義使用可能に更にクリティカル発生のバフが付与されるアビリティです。
クリティカル発動率50%クリティカル倍率50%と非常に強力です。

サポートアビリティ

ラスティナは敵からターゲットにされやすい代わりに防御力が高いサポートアビリティがあります。これは防御20%と高めの効果で非常に使い勝手がいいです。

オススメ編成

ここでは[天穿の銃槍騎]ラスティナとの相性がいいパーティとどのような敵に[天穿の銃槍騎]ラスティナが使えるか解説していきます。

キャラクター相性

相性がいいのはレ・フィーエ、アイル、ネモネが相性いいです。十天集がいるのであればオクトー、サラーサの相性もいいです。
レ・フィーエはバフによる奥義回転率上昇ができラスティナを強化できます。防御100%上昇するラスティナですが100%ダメージカットではないのでレ・フィーエのダメージカットによる軽減で継続力を増すことができます。
アイルは非常に強力な攻撃バフを所持していますがHPを消費するため壁役が欲しくなります。サラとアイルでは召喚石テスカトリポカとの相性がわるいのでかばうを使えるドラフ属のラスティナとの相性がいいです。
ネモネはサポートアビリティで防御の性能が低く、アビリティをしようすることで敵対心が上昇したり減少します。ネモネの敵対心を下げることで相対的にラスティナの被弾率を上昇させ、ネモネの敵対心が上昇してる場合はラスティナがかばうを使用してネモネを守ることができます。

バトル相性

ここでは代表的なマルチバトルの敵との相性を解説してきます。

リヴァイアサンマグナ

周回必須のマグナ戦においてラスティナの優先度は高めです。火力貢献といざとなれば特殊技が被弾するタイミングの時にかばうによるダメージ被害を抑えます。HPがないとラスティナが戦闘不能になりますが最悪サブから土属性のSSRがでることにより確定までいけるかもしれませんね。

マキュラ・マリウス

1ターン目の特殊行動で必ず全体攻撃をしてくるので開始直後にチャージが1レベル上昇します。ダブルアタック率も高く1アビアブソルート・ユスティーツとの相性はいいです。回復キャラクターがいればラスティナはPTに入る優先度があがります。

注意点

ここではいくつか[天穿の銃槍騎]ラスティナに注意点があるため解説していきます。

防御アップに過信をしない

防御100%アップは実質被ダメージを半分にできます。3万ダメージもの大きいダメージでもHPが1万5千以上あれば耐えることはできます。ただしダメージが10万を超える場合特殊な編成ではない限りダメージカットを意識しましょう。

評価

ここでは[天穿の銃槍騎]ラスティナの評価について評価しました。

長所

アサルトタイムであれば3ターン目にはチャージが7まで溜まっているので2アビを即使用できます。ドラフであり、テスカトリポカ編成であるヒューマン、エルーン、ハーヴィンとの編成が作りやすいです。

短所

火力実感ができるのは少し遅いです。アレーティアと比較すると奥義を使用した後でなければアビリティダメージはでないので注意が必要です。攻守ともに揃っていますがダメージカットに防御ダウンなどのデバフ付与が出来ないため少々運用が難しいです。

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます