【グラブル】初心者、低戦力でもクリアできる「竜の試練」攻略法を解説!撃破して「バハムートウェポン」を手に入れよう!

3月6日17時「グランブルーファンタジー(グラブル)」のアップデートで、「バハムートウェポン」が入手できる新クエスト「竜の試練」が追加された記念イベント「どうして空は蒼いのか」。今回は初心者が低戦力でもクリアできる「ヨダルラーハ」を使用した攻略法や報酬のおすすめ武器を紹介します。

グラブルの限定クエスト「竜の試練」を制して「バハムートウェポン」をゲットしよう!

膨大なHPを持つボスを倒せ!

「竜の試練」の鍵は「850万ダメージ」をどう稼ぐか!

龍の試練で登場するボス「試練を齎す者」は1000万という膨大なHPを持っています。外見や攻撃方法が「プロトバハムート」と似て手強そうな雰囲気を出しています。

しかし実際には特殊ルールの多いイベントバトル形式になっています。

「竜の試練」で付与される特殊効果(一部抜粋)

[table id=686 /]
グラブル「竜の試練」で最初に付与されるバフは2種類。

バトル開始時に「竜の試練」、アビリティ封印2Tが付与される。

イベントバトル的な要素が高い。

バトル開始時に主人公側にバフが付与され、被ダメも軽いものに変更されており、全滅の可能性はとても低くなっています。

ただしボスに対しては弱体効果がほぼすべて無効化。基本は自分のパーティを強化ししつつひたすら殴る作業になります。

勝利条件も、「残HPが24%以下になったあと、敵の特殊行動が発動すると勝利」という特殊なもの。よって850万ダメージを6人のキャラクターでどう与えるかがポイント。

「ヨダルラーハ」の奥義を使った編成を解説!

通常攻撃によってコツコツダメージを蓄積させるのも良いですが、武器が育っていないと膨大なターン数を消費することになります。

時間を短縮させるなら「ヨダルラーハ」の奥義をつかって100万ダメージを繰り返し与えるのが楽で早い攻略法に。今回はこの方法を使用して解説します。

グラブル「竜の試練」クリアパーティ一例

筆者のクリアパーティ(一例)

ヨダルラーハの基本的な使い方はこちら!

パーティ編成するときは他の仲間の奥義発動による奥義ゲージUPを無駄にしないために4番目に配置しておきましょう。

主人公は「ホーリーセイバー」がおすすめ。

弱体をかけて通常攻撃ダメージを増やしたいところですが、ボスは大半の状態異常を付与することができなくなっています。さらに三幕がきれたヨダルラーハに敵の特殊行動が向けられるとバフで強化されていても落ちる可能性があります。

グラブル、主人公はホーリーセイバーがおすすめ!

アビリティでヨダルラーハを徹底的に介護。

これを避けるためにも「ファランクス」「かばう」をつかえるホーリーセイバーに主人公を設定しておくと良いでしょう。

EXスキルは「リザレクション」にし、ヨダルラーハが落ちたときに蘇生できるようにしておくとリカバリーが効きます。

かばう持ちがいるなら回復や支援系でもOK

SSR「サラ」やSR「ノイシュ」「ベス」「シロウ」など「かばう」効果をもった仲間がいるのであれば「ヒール」や支援系のアビリティを持つジョブに変えても良いでしょう。

SR「カタリナ」「イオ」を支援役に。

ヨダルラーハメインで編成するのであれば残りの仲間枠2枠は火力よりもアビリティによる支援能力を重視して編成しましょう。
メインシナリオで加入するキャラではSR「カタリナ」SR「イオ」がおすすめです。

ヒールが強化され使い勝手があがったSR「カタリナ」

ヒールが強化され使いやすくなったSR「カタリナ」

SR「カタリナ」はダメージカットとマウントによるアビリティ封印回避、イオは回復とクリアによる状態異常解除が使いやすいキャラ。どちらも2月のアップデートで回復量が上がっており、上限まで育ていればHPを1000回復できます。

他に有力な支援型のSSRキャラがいるのであれば「イオ」を外して空いた枠に編成しましょう。

その他おすすめ支援型SSR

支援型SSRは「奥義ゲージUP」や「アビリティの使用間隔短縮」などを持つキャラがおすすめです。

  • 水属性「アルタイル」
  • 水属性「リルル」
  • 水属性「シャノワール」
  • 風属性「コルワ」
  • 風属性「アンリエット」
  • など

バトル中の立ち回りを解説!

基本的なパターンは他のボスでの「ヨダルラーハを使ったダメージの与え方」と同じですが、一部注意したいポイントがあるので解説していきます。

味方はあくまでもヨダルラーハの奥義加速、支援役に徹する。

この攻略法では、ヨダルラーハが落ちた時点で撤退がほぼ確定してしまう戦闘です。よって、「3幕が切れた状態のヨダルラーハ」が多段攻撃を受けて落ちないように3幕切れ状態の時にかばうようにしましょう。

土属性ダメージをカットすれば良いので、そのときに限ってアビリティを使用すればOKです。

OD時の特殊行動に注意。

OD時の特殊行動は「6属性ランダム多段攻撃」です。三幕切れの敵視アップ、防御ダウンの効果がもろに影響し、ヨダルラーハが落ちる可能性があるのはこの攻撃だけなのですが、CTが2Tしかなくうっかり土属性クリティカルで落ちてしまうことが多いです。

OD時の特殊行動を意識する。

「竜の試練」で気をつけるのはOD時の特殊行動だけ!

基本的にはここに注目し「かばう」や「ダメージカット系」アビリティを発動して備えておきたいです。

25%を切ったらターンを進めよう。

グラブル「竜の試練」は25%を切ったら勝利が確定。

CTを埋めて特殊行動を打たせよう。

25%以下になるとCTが7Tになり、8T目で自滅、勝利が確定します。ここまで来たら1人でも生存すれば勝てるので、回復をしてターンを進めましょう。

報酬「バハムートの鉤爪」を交換しよう!

クリアすると「バハムートウェポン」と交換できる「バハムートの鉤爪」が入手できます。この「竜の試練」イベント専用の報酬アイテムになっています。

グラブル「竜の試練」のクリア報酬「バハムートの鉤爪」

バハ武器と交換できる貴重なアイテム。

バハムートウェポンとは?

バハムートウェポンはランク80以上で自発、50以上で参加することのできるマルチバトル「プロトバハムート」戦のドロップアイテムを使って作成する武器です。

稀少なバハムートウェポンが交換できる。

武器は「闇属性」固定だが属性問わず強化できる。

スキルに「特定種族の攻撃力をUPさせる」という効果があり、その上昇量が高いことが特徴。

通常はSRから段階的に強化するのですが、このイベントの交換武器は2段階目「ノヴムの覚醒」がおわりSSR化したものになっています。

バハムートウェポン・ノヴムのスキル

[table id=687 /]

悩んだら「剣」か「短剣」がおすすめ。

基本的に自分がメインで組んでいる種族のものを選ぶのが良いのですが、SSRが揃っていない低戦力の間はガチャでSSRを入手するたびに編成が変化することがしばしば。

グラブル「バハムートウェポン」に迷ったら「剣」か「短剣」を交換しよう。

ヒューマン向けの「剣」か「短剣」を入手しておくと楽。

グラブルは属性問わず「ヒューマン族」が多い傾向があるので、HPと攻撃力が両方上がる「剣」、攻撃力が大幅UPする「短剣」を最初に作成するプレイヤーが多いです。

交換の時もこれを優先させるとあとから作成するときの素材を浮かせることができるのでおすすめです。

まとめ:火力が低くても勝てる!絶対クリアしたいクエスト。

プロトバハムート戦がまだ挑戦できない、自発できないプレイヤーでも工夫すればクリア可能な「竜の試練」。

今回のチャンスを逃さないためにも、是非この攻略記事を参考にしてクリアできる事を願っています。

戦力がととのっているプレイヤーは3T以内に撃破できれば限定称号がもらえるので、そちらに挑戦してみてください!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

下に続きます