【グラブル】SSRキャラのアビリティ変更やバランス調整点を公式サイトで発表!

2月3日15時頃、公式サイトにて福原Dによるバランス調整予定の詳細を発表!システムの仕様の変更や一部SSRキャラクターのアビリティが調整され、強化が図られる予定です!

今回は2月20日に実施予定のバランス調整について、具体的な内容の解説を挟みつつ紹介していきます!

SSR「レ・フィーエ」

今回の調整でレ・フィーエの評価が変わる!

実用性に欠けるSSRキャラを上方修正!

2月に「アビリティ」の性能、内容修正を予定されているSSRキャラは以下の通り。

  • アルベール(SSレア)
  • アニラ(SSレア)
  • ラカム(SSレア リミテッドバージョン)
  • ソシエ(SSレア 水属性バージョン)
  • カルメリーナ
  • ケルベロス
  • シルヴァ
  • レディ・グレイ
  • レ・フィーエ

どのキャラクターも現状のゲーム仕様上SSRではアビリティ性能が控えめでパーティ編成での採用率が低くなっている傾向がありました。その他のキャラクターにも若干の調整が入る模様です。

調整予定SSRキャラで注目は?

具体的な調整内容は公開されていませんが、筆者が調整を期待、注目しているキャラをピックアップし、欠点にについて解説していきます。

レジェフェス排出キャラ:「アニラ」「ラカム(リミテッド)

「レジェンドフェス」限定排出キャラクター「アニラ」「ラカム(リミテッド)」は特に注目。

グラブルSSR「アニラ」「ラカム」

火属性SSR復権なるか!?

これら二体は希少性が高く、入手にそれなりの苦労が不可欠なキャラクター。そしてキャラ自体や担当声優の人気も高く。需要が増える可能性を秘めています。

アニラ1アビの属性ダメージが6属性攻撃にもかかわらず、火属性攻撃のみ威力が乗算されるのがネックなキャラクター。他の十二神将と比べると難点が足を引っ張っています。

ラカムはアビリティによる蓄積バフで攻撃力や奥義ダメージをUPさせるキャラですが、奥義ゲージ消費量が大きく、バフを狙うと奥義が打てずサポアビを生かせない点が難点。

恒常ガチャ排出キャラ:「レ・フィーエ」「アルベール」「レディグレイ

恒常ガチャ排出キャラで注目は「レ・フィーエ」「アルベール」「レディグレイ」の光/闇キャラ。

レ・フィーエはサマーバージョンのダメージカットの強さが光るキャラでしたが、ノーマルでは再生能力の出の遅さがネックに。

アルベールは攻撃タイプにも関わらず基礎攻撃力の低さが目立ち、TA/DA確定にも関わらず通常攻撃のダメージ量が地味なキャラになってしまっています。

レディ・グレイ最終上限解放をしている割りに1アビ3アビの性能の低さが評価を下げており、2アビの魅力を生かし切れいないのが難点でした。

SRキャラ「ノイシュ」「アビー」の能力も上方修正へ。

今月の古戦場よりガチャ報酬として入手可能になった「ノイシュ」「アビー」の能力が上方修正されます。以前は「モバゲー招待キャンペーン」などで配布されていたキャラでもあります。

記事によると、配布キャラクターとして入手難易度が低かった故に控えめのパラメーター設定になっていたため、これを他SRキャラクターの水準へ引き上げる意図があるようです。

特に「ノイシュ」は全体ダメージカットや「かばう」を持つキャラクターなので上方修正が入ることで更に使い勝手のよいキャラクターになります。始めたばかりのプレイヤーにとっては朗報になりそうです!

システム面ではバフアイコンの追加、「回避」「反射」効果の変更を予定。

システム面の調整内容の一部が発表になりました。大きな調整内容としてはバフアイコンの細分化、そして「回避」「反射」効果の仕様変更が注目内容になります。

バフアイコンが細分化され、どの効果が掛かっているかわかりやすく。

ストレングス」「逆境」は攻撃力UPに代表される「赤い剣」マークから専用アイコンに変更。

ダメージカット」は防御力UPの「赤い盾」から「白い盾」に変更になり、アイコン内の数字でカット率がわかるようになります。たとえばファランクスは「70」と表示され70%カットがわかるように。

グラブルストレングス、逆境、ダメージカットのアイコンが変更に

引用元:http://granbluefantasy.jp/pages/?p=11513

属性耐性UP」は「赤い盾」アイコンから「属性色の盾」アイコンに変更になります。被ダメージカット効果と同様に効果量が数字で表示されわかりやすくなります。

グラブル、属性耐性UPアイコンが変更に

引用元:http://granbluefantasy.jp/pages/?p=11513

「回避」処理の順番が変わり、回避条件を持つキャラが有利に!

キャラ各自による敵の攻撃の「回避」処理は「暗闇」などによる命中DOWNによるミス判定より前に行うように。

これにより「回避」行動が発生しやすくなり、結果的に「アンスリア」など回避をトリガー条件とするアビリティの成功率が大幅に上がることになります。

「反射」効果は100%カット時も回数が消費され実質弱体化?

反射」効果には被ダメージカットの効果が乗っておりダメージが0の場合は反射回数を消費しない仕様でした。ファランクスと組み合わせる事ができるため100%カットを永続させるテクニックも存在していました。

調整後は0ダメージでも反射回数を消費する仕様に。多段攻撃をしてくる攻撃は反射が先に消失するため使うことができなくなります。

サマーバージョンのレ・フィーエは3アビの反射に40%の被ダメージカットが付いていたため、このアビリティが実質弱体化になる模様です

まとめ:サマー・ノーマル「レ・フィーエ」の評価が逆転?

要点をまとめてアップデート内容をご紹介してきました。

今回のノーマルバージョンの「レ・フィーエ」は強化。サマーバージョンの「レ・フィーエ」は反射仕様変更で下方修正を受ける形に。HLバハの需要があった「レ・フィーエ」が仕様変更でどういう扱いになるのか注目されます。

またバフアイコン変更はマルチバトルで「今バフを上書きできるのか」や「NOEFFECTを回避して温存させるか」など、戦略性を上げる良調整。

SSRキャラ、ノイシュ、アビーのアビリティ調整ないようの続報にも期待ですね!

ライター: 大栄 ぼびん

PCやファミコン~PS4までだいたいやってるおじさんゲーマー。スマホ歴は8年、ゲームライター1年生。愛用スマホはiphone5s。最近はグラブル、FGOを中心にプレイ中。Twitterアカウントは@die_bobin

シェアする

関連するキーワード