【グラブル】属性耐性が追加された『団イベ』傾向と対策まとめ!

1月27日現在グランブルーファンタジー(グラブル)で本戦第二戦実施中の「決戦!星の古戦場」(団イベ)。予選は12月分と比べるとボーダーが跳ね上がる結果に。前回今回の統計を確認しながら今後の傾向と対策を解説します!

グラブル2017年1月の「団イベ」のボーダーから傾向を読み取る

「決戦!星の古戦場」はどう変わったのかを考えます。

今回予選ボーダーは9541万。前回比3割増!!

予選開始前から団員募集活動が活発化していた影響もあり、今回は予選ボーダー狙いの騎空団のモチベが高いのか、ボーダー水準が高めになる結果になりました。

2017年1月の団イベの予選ボーダー

今回の予選ボーダーは9000万越えに

予選通過ボーダーは3065位の貢献度9541万7540Pに。前回2016年12月回は6594万0281Pだったため3割増。そして前回シード下位120位の騎空団貢献度にほぼ近い数字になっています。

今回の変更点は以下の通りです。

  • 属性による耐性の追加。
  • クラッチジャンク交換レート引き下げ。
  • 参戦APの軽減(HELL以外のマルチ合流時のBP)
  • 発見者貢献度の引き上げ。
  • HELLの出現タイミングの変更。

昨年11月から大幅なルール変更が実施され、現行プレイヤーの火力水準や属性傾向に対応する形となった団イベ。

ボーダーの変化の大きな理由はルール変更の影響…特に「属性」に注目する必要があると考えられます。

 属性毎に火力水準が違う!?

グラブルに存在する属性は6つ。課金、無課金で考えると属性毎に傾向が見えてきます。最初に傾向を考える際に重要なポイントなので覚えておきましょう。

  • :アナト、風鞄など召還石をそろえやすく、優秀なティアマト銃、十天衆のシエテなど無課金でも火力を上げやすい=ライバルが多くなり火力水準が上がる。
  • :最終ダメージが伸びやすいため、万能性が最も高く、先に強化視野を入れるプレイヤーが多い。最終的に背水装備もそろう=火力格差が広がりやすい。
  • :風、闇、光に次いで人気のある属性。ただし武器の最終候補「シュヴァマグ剣」の育成方法に難あり=火力格差がやや広い。
  • :SSRの使い勝手が良く、配布SRも強いがリヴァイアサン短剣は背水が付いていない。また渾身も調整され火力が控えめに。=火力水準が未知数。
  • ,基本的に他属性に比べ「魅力が薄い、弱い」と言われている属性。テコ入れが入る予定ではあるがまだ調整段階=火力水準が低め。

前回の土属性、今回の風属性を比較した差はプレイヤーの火力水準!

もし今回の風有利、そして前回の土有利でのボーダー値の違いを言い表すとすると…

  • 「無課金でも平等に強くなれる」風
  • 「労力の割に魅力が薄い」土

という風に全く真逆だったことにプレイヤーのモチベーションの違いが生まれたのではないかと考えます。

実施回数が少ないのは風、火、光!

過去行われた団イベの属性毎の出題回数は以下の通り。

  • 光有利:6回←前々回(ハロウィン)実施
  • 土有利:5回←前回(クリスマス)実施
  • 風有利:4回←今回実施
  • 水有利:4回←昨年9月実施
  • 闇、火有利:4回←2016年8月以前が最終。

今回が土属性(風有利)実施で4回目となり、光、火、風と並びます。さらに2016年9月は火属性で実施されたので可能性が薄く。残るは風(火有利)か光(闇有利)の傾向が強くなります。

発表については今回の団イベ終了後に公式Twitterで先行発表となる可能性が大です。忘れずにチェックしておきましょう。

次回に備えて「有利属性」への対策は必須!

HELLはレベルに関係なく、有利属性以外に耐性25%が常時付与されています。このためソロ討伐の際の大きな障壁に。有利属性編成を準備していない場合、「水着ゾーイ」が使える闇属性以外はほとんどダメージを通す手立てがなくなります。

よって予選ボーダーを落としてしまった団は、次回以降本戦を狙うためには「有利属性」への対策を行うことが急務となるでしょう。

特に火属性有利がきた場合はプレイ歴が長いプレイヤーにアドバンテージが。アイドルマスターコラボで入手できた火UNK武器の4凸武器がメリットを発揮すると考えられます。

発表をまって対策を考えても遅くはありませんが「属性」に対する意識を高めた方が良さそうです。

いまから集められる火属性武器は…?

恒常・限定イベント武器で有力視される火属性武器を簡単にまとめておきます。

  • コロッサス杖:唯一のマグナ攻刃付き武器ですが基本性能が低いのが大きな難点。
  • 朱雀光剣:最終解放しやす基本性能も高め。通常攻刃IIが付いているので有力候補。
  • ブラックアックス:シンデレラファンタジーで入手可能なUNK武器。4凸可能で最終的には2本編成が有力。

2016年末から始めた新規プレイヤーにとって「朱雀光剣」「ブラックアックス」の入手目処が未定であり、火有利で実施された場合、かなり厳しい状況になるかもしれません。

現状は火属性を伸ばす手段が限られているため、もし強化が必要になれば、2月のイベント実施予定も視野に入れてコロッサス杖を強化する流れになりそうです。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます