【アナザーエデン】ヒーラーって誰を育てるべき?メインストーリー攻略前後で誰が使いやすいか考察してみた

アナザーエデンを攻略するうえでとても大切になってくる回復!

ヒーラーは複数人いますが、誰を優先して育てるべきか迷うこともあるかと思います。

今回はヒーラーの性能を、メインストーリー攻略前後の有用性で比較してみました。どのヒーラーを優先的に育てるか考える際の参考にしてくださいね。

アナザーエデン・ヒーラー一覧

アナザーエデンのヒーラーは

マリエル
マリエル
リィカ アイコン
リィカ
プライ
プライ

ポム
クレルヴォ
クレルヴォ
ネロ
ネロ
フィーネ
フィーネ

主にヒーラーとして使われているのは、以上の7人です。

今回は治癒持ちのキャラは外しています。

メインストーリー攻略前に育てるべきヒーラー

メインストーリー攻略前ということで、こちらはストーリーのボス戦攻略を中心に検討していきます。

マリエルがいれば考えるまでも無く最優先なので、今回は外しています。

また、フィーネはクリア後のキャラなのでこちらも省いています。

ボスを攻略するうえでヒーラーに求められるのは、

・回復量の多さ

・耐性付与(スキル)

・バフorデバフ(スキル)

以上が主なものです。

状態異常回復は省いていますが、ストーリー攻略上で状態異常回復が要となるボスは合成鬼竜くらいなので必要性は低いと判断しました。

以上の条件で各星4ヒーラーと照らし合わせてみると、

回復量 バフ・デバフ 耐性付与
リィカ 知性デバフ
打耐性デバフ
プライ 中+治癒 知性バフ
知性デバフ
全属性耐性デバフ
ポム 腕力バフ
クレルヴォ 知性バフ
全属性耐性デバフ
ネロ 水属性耐性デバフ 物理耐性付与

ポムの「堕落の薬」はメイン攻略に使うにはかなり危険なので、省いています。「至上のりんご」もメインで有用性はないので同様に省いています。

以上を見ると、当てはまる項目が多いのはプライ、クレルヴォですね。

マリエルを除き唯一耐性をスキルで付与できるネロにも注目したいです。

ヒーラーとして非常に優秀なプライ

プライは回復やサポートが優れています。マリエル同様に回復には治癒もついている点も強いところです。

プライ

ヒーラーに必要なスキルを多く備えたプライを編成することによって安定感が非常に高くなります。

メインストーリーのボスを安全に攻略するのであれば、プライが最適です。

クレルヴォも優秀

一方でクレルヴォは、回復と同時に知性バフを使えることが優秀。自分の回復力を上げつつ、魔法攻撃を使う味方の火力を上げることができます。

クレルヴォ

ボス戦では毎ターン回復を行わなければならない場面も多いと思うので、バフをかけるためにわざわざターンを割く必要がないのが嬉しいですね。

ただ、プライも同じなのですがバフが知性、デバフは全属性耐性DOWNなので、味方が魔法キャラ、あるいは属性攻撃を持つキャラでなければ火力上げはできません。

ストーリーをクリアしていく中で序盤に加入するキャラはほぼ物理のキャラです。

これらのキャラは属性攻撃は使えるものの、弱点攻撃でなければMP効率の問題でガンガン使うことはありません。

そのため、ガチャで加入したキャラによってはクレルヴォやプライの知性バフは活かしにくい場合もあります

プライの知性バフはスキルから外せばいいだけですが、クレルヴォは固有スキルなのでそうも行きません。

もし手持ちが完全に物理に寄っている場合は知性デバフで活躍を見せてくれるリィカや、物理の火力を上げられるポムを育てたいところです。

耐性を付与できるネロ

ネロは物理耐性を付与できる貴重なヒーラーです。杖ではないので回復量はやや心もとないですが、それでもスキルで耐性を付与できるのは魅力。

ネロ

デバフは少し使いにくさがあるものの、物理耐性付与持ちのキャラを持っていなければクレルヴォより先に育ててもいいかもしれません。

記載はしていませんが、ネロも状態異常回復が可能なのでヒーラーとして最低限の役割はこなせます。

メインストーリー攻略後

メインストーリー攻略後も強いボスが現れるので耐性などが必要になってきます。

ですが上記でボス戦に使えるキャラについては考察したので、こちらではやり込みのための課題となるダンジョンの周回効率の視点でキャラを比較したいと思います。

ダンジョンの周回効率の向上に必要なのは、主に火力を上げるスキルなので、

・腕力or知性バフ(スキル)

・耐性デバフ(スキル)

・攻撃スキル

以上について見ていきます。

今回はマリエルとフィーネも含んで検討していきます。

火力バフ 耐性デバフ 攻撃スキル
リィカ 打耐性25% 魔法攻撃大
プライ 知性バフ15% 全属性20% 打攻撃大
ポム 腕力バフ20%
知性バフ20%
全属性20% 魔法攻撃小
クレルヴォ 知性バフ20% 全属性15% 魔法攻撃小
ネロ 水属性25% 打攻撃大
フィーネ (速度バフ20%) 魔法攻撃小
マリエル (速度バフ15%) 魔法攻撃小

以上です。

速度バフに関しては直接的に火力に関係するわけではありませんが、クリア後に高レベルの敵に挑む際に必要になので一応記載しています。

火力上げなら間違い無くポム

以上の項目を見ると、もっとも当てはまるものが多いのはポムという結果になりました。

ポム

ポムは腕力バフと知性バフ、そして全属性耐性デバフを備えた強力なサポートキャラです。

しかし、腕力バフは回復と一緒に使えるのでとても使い勝手がいいのですが、一方で「堕落の薬」の知性バフと全属性耐性に関しては敵味方両方に効果があります。

たった一回で味方の火力が大きく上がますが、同時に敵の火力も大幅に上がるためとても使い方が難しいスキルです。

高速周回を狙うなら様々な火力アップスキルを備えたポムが最適ですが、リスクもあるので高難易度のダンジョン周回では使いにくさを感じるかもしれません。

他のキャラは手持ちと相談

他のキャラに関しては完全に一長一短です。

リィカやネロはは火力バフ、デバフなどについては有用性の高いスキルを持っていませんが、大攻撃を持っているキャラなのでサブアタッカーとして活躍できます。

プライはボス戦に使える強力なサポートスキルに含め、全属性耐性デバフや知性バフを持っているのでサポートとしてはうってつけ。

こちらも打攻撃(大)で攻撃に参加できます。

クレルヴォは回復と同時に使える知性バフが強いです。全属性耐性デバフも持っています。

一方で魔法キャラや属性攻撃持ちにしか効果がないので火力サポートができるパーティは限られます。

フィーネとマリエルはどちらかというとサポート特化で、高レベルのfearや隠しボスの討伐に使うのであれば比類ない活躍を見せてくれます。

ですがダンジョンの高速周回用としては少し心もとないかもしれません。

マリエルは星5であれば全体攻撃を覚えるので高速周回用のキャラとしても使えますが、星4だと他のキャラを編成すべき場面が出てきます。

汎用性が高いのはプライ

マリエルを除けば、ボス戦攻略・高速周回の両方で使えるのはやはりプライです。知性バフと全属性耐性デバフが使えるのは火力を上げるためにとても効果的です。

腕力バフは持っていないものの、スキル構成次第で物理パーティでも回復やデバフで活躍を見せてくれるので、様々なパーティに対応できます。

プライを持っていれば、ぜひ優先的に育てたいですね。

全員を育てるのはとても時間がかかってしまうので、それぞれの性能を理解して自分のパーティに必要なキャラを厳選して育てましょう!

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク