じゃあ、また(Once Again)

じゃあ、また(Once Again)

パブリッシャー Rb Wolf Games

ジャンル 恋愛アドベンチャーゲーム

価格 Android:380円 iOS:370円

時空を越えられるなら、誰に会いたい?手書きアニメ風のグラが涙を誘う感傷アドベンチャー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

じゃあ、また

時空を越え、忘れられない夏がはじまる。

少年の夏は、想像もできない不思議な夏へと変わる。

「じゃあ、また(Once again,再見)」は大切な人との別れを描くインタラクティブ・アドベンチャー

少年は、ある夏、ある人物と出会う。人生で最も会いたいと願っていた、でも会ったことの無い人物に。

手描きアニメーションとスケッチ風のグラフィックで描かれる、時空を越えた感傷的な物語。こういうの好きだなあ。

人生の後悔を取り戻すアドベンチャー

じゃあ、また

時計をスワイプしてストーリーを進めていく。

 画面スワイプ、主人公のコントロール等といった簡単操作で、物語を進めていく。

とはいえ難しい謎解きはなく、パズルより物語に比重がおかれている。簡単操作でストーリーに没入できるというわけ。

「じゃあ、また」の特徴は感傷的なストーリーテリング

じゃあ、また

日本だけじゃなく、過去に戻りたかったり異世界に転生したい人は増えてるのかもなあ。

手書き風のコミック調で綴られるグラフィック、そしてピアノの調べが美しいBGMなどが絶妙だ。ネタバレしないで語るのが難しいので、是非味わってほしい。

ミニゲームの操作感が、プレイヤーと主人公の感情を同調させるようにつくられており、没入感が高い

忘れられない後悔を、時空を遡れば取り戻せるのか

じゃあ、また

過去の世界は色鮮やかに描かれる。

ほろ苦い季節を追体験させる演出や操作方法は「Florence(フローレンス)」にも通ずるものがある。あとヒロイン(と呼んでいいのか?)は、こちらも魅力的だ。

若干どう動かせばいいか最初わかりづらいかもしれないが、謎解きの難易度は低いので、是非最後まで遊んでほしい。

ゲームの流れ

じゃあ、また

いつだって人生は後悔と反省に満ちている。

だから異世界に転生したり過去に戻ったり世界線を移動したくなったりループしたくなるのだろう。

じゃあ、また

iPod風のプレーヤーだ。懐かしいな。Enterを押して今日の天気を調べよう。

そんな機能があったかどうか、僕も、もう思い出せない。

じゃあ、また

いつもの退屈な夏、少年が誕生日ケーキのロウソクを吹き消すと、予期せぬことが起こった。

時空を越え、人生で最も会いたいと願っていた、でも会ったことの無い人物に出会ったのである。

じゃあ、また

女性に写真の撮り方を教わり、失われた時間をフレームの中に収めていく。

ピントを合わせるパズルなどもあり、フィルムカメラに対する愛情が伺える。

じゃあ、また

「じゃあ、また」は、再会の約束なのか、それとももう会うことはないという意味なのだろうか・。

このゲームの終わりにはその意味がわかるかもしれないね…Once Again。

「じゃあ、また」の序盤攻略のコツ

じゃあ、また

スライド操作で写真を現像だ。

まずは自分の部屋でIPod風のプレイヤーで天気を把握し、カレンダーを確認し、日記や財布をチェックしよう。ケーキが登場し、過去へ遡れるようになる。

次の場面に行けるときは画面右下に矢印のアイコンが表示されるのでそこをタップしよう。ちょっと当たり判定が狭いのがストレスだなあ。

BGMにも注目したいところ

じゃあ、また

しかしこのひとティッシュありすぎじゃない。

謎解きはそこまで難しくない。最悪画面を総当り的にタップしてもいいくらいだ。序盤を遊ぶかぎりではゲームオーバーなどもなさそうだった。

攻略のコツではないが、本作はBGMが美しいのでぜひイヤホン、ヘッドホンなどでプレイしてほしいところだ。